ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年4月26日 14時30分
4月26日結果
 
☆β (Λ) システム(寄り引け) -5  (4月累計 145円)
☆β(α供縫轡好謄燹粉鵑螳け) -5 (4月累計 45円)
☆NEWシステム(寄り引け)     見送り (4月累計 -55円)


[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月14日 8時40分
仮想通貨に関して
 
仮想通貨と言えば、「現実的ではない」と言うイメージがある方が多いと思います。
しかし、BTC(ビットコイン)は、既に海外では決済手段として認知されていますし、ブロックチェーン技術により安全性も担保されています。

日本でも昨年5月に法改正の準備がされ、1年後の来月には施行されます。
また7月には、係る消費税が免除されるらしいです。

そうした場合に、決済手段としてPCやスマホから簡単に行う事が出来ますし、税金が掛からないとなれば、それを使わない理由は存在しなくなるのではないでしょうか?


使用できるお店も都内などでは増えてきているとも聞きます。
ネットショップ以外の実店舗での使用がどんどん増えてくれば、
デビットカードと同様の利便性も付加されてくると思われます。

金融機関へ赴く事も必要がなくなります。

いよいよキャッシュレスの時代が来るのでしょうか?
[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年1月22日 19時50分
2017年に入って・・・
 
今月初めから、寄り引けなどのサインを出している方々で、成績が悪化しているように見受けられます。

私流にいうと、テクニカル分析での限界の部分で相場の波の幅が乱れていること=シンクロが悪化していることが原因です。
それは、先日書いたボラティリティの問題が大きいといえます。

ボラが小さいこと=価格変動幅が小さいということなので動いているとしても方向を顕著に現しにくいということだとも言えます。

方向感がないときは、トレンドフォロー戦略は機能しずらいという
根本的なことです。

では、逆張りが良いかというと単純にそうは言えませんが、私のサインの場合その傾向がないとも言いにくいです。


例えば、こちらのサイトさんなどでボラティリティをチェックして
低いとき(15以下)などの場合はサインの逆張りなどお試しいただいても良いかもしれません。

参考:http://www.option-dojo.com/kn/225_latest.html



[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年11月7日 19時48分
アメリカ合衆国大統領選挙 日本時間
 
早いところで日本時間9日(水)の午前8時から開票開始
アメリカ大統領選挙は州ごとに争われます。投票締め切り時間は州によって異なり、またアメリカ国内でも時差があるため、開票速報が出される時間も異なります。
最も開票が早く始まる(早く投票が締め切られる)のはアメリカ東部時間。日本時間で9日(水)の午前8時から開票が始まります。以降、米国ニュース各紙が各州の出口調査の結果を発表し、日本時間の9日昼頃にはおおよその情勢が判明、接戦の場合は9日夕方頃には当確が判明するのではないかと思われます。



9日は、結果により大きくぶれる可能性も高いので、見送りでも寄りと思います。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年10月18日 15時40分
IB証券口座開設中
225先物の自動売買を行う場合には、日本の証券会社では取り扱いがありません。
そこでIB証券で口座開設し、データ受信を行わなければなりません。最近では、日本語対応や日本語でのサポートもありますが、念のため画像にあるDVDも購入しました。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年9月30日 8時18分
9月最終日・・・ブログ開設1年を通して。
 
昨年の9月27日の最初の記事を投稿しました。
翌年の2月から、サイン記事の有料化をして、本日まで何とかやってきました。

専業トレーダーに成るべく取り組みを開始し、相場復帰後1年半で
自動売買プログラムの開発にも着手する事が出来ました。


これも有料記事を購入してくれた、読者の方や叱咤激励を頂いた方々のおかげだと思っています。

改めてお礼を言います。
やはりモチベーションの維持は大切です。

それと、朝早くサインを検証する為に頭が働かず・・・数回サインの表記を間違いてしまいました。
それもヒューマンエラーのこととしてお許し下さい。


1年半で作り上げた、いくつかのロジックのうち、メインロジックに類推するものβと現在作りこみしているより引けのNewロジックの2種を寄り引け用のシグナルとし、メインロジックのαを使い
相場で生き残って生きたいと思います。

今後ナイトサインも何処かで有料化すると思います。それでも安心して取り組めるサインとして利用していただく自信が出来つつあるので、今後ともよろしくお願いします。

10月に入って、トレンド形成が行われる事を祈りつつ自身のこの1年の振り返り記事として投稿します。

明日から、現在のNewロジックの呼び名を既に使わなくなった
σとします。ザラ場を”σ”、ナイトを”σナイト”とします。




[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年8月28日 21時4分
自動売買プログラムの作製
 
現状で、αロジックのプログラムを組むことを行いたいと思うことを2か月前にここでも書きました。

自分で行えるかどうかを判断しましたが、やはり知識のあるかたにお願いすべく、依頼を含め見積もりをお願いしたところ、一昨日に見積もりが出ました。

ロジックは、それなりに複雑です。
なので、簡易なものと比べると時間も費用もかかると思います。

その方はMT4が得意なのですが、国内証券だと東岳証券がCFDで対応しています。
しかし、今月の発表で新しいシステムに移行するのでMT4は使わなくなるらしいお知らせが出ていました。

そうするとやはりマルチチャートでお願いするしかなくなります。

費用はその分割増しになりますが、それでも想定内のことなので
順次お願いしようと思います。

今日は、プログラム作成に関わることでロジックの詳細をスクショを含めて書き出しました。

一応準備OKです。

詳細に詰めていけば、手動と同じタイミングで行うことができると
思います。

開発済みロジックもあるのでそれらも含め2,3のEAが出来上がれば理想です。

基本的に自動売買プログラムが完成したあと、ブログは閉鎖予定ですのでご理解賜りたいと思います。

もちろんその場合も1月以上前に事前告知致します。

[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年8月8日 21時27分
夏休みと値幅
 
夏休みはそろそろ始まる会社も出てきます。

商いが、散漫になり出来高なども低調になります。

そういう時は無理に相場に入る必要もありません。
今月も初日の都知事がらみ以外は、小さな値動きに終始しています。

自分自身で判断してくださいね。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年8月4日 15時25分
ブログを書いている理由
 
コメント欄で質問もあり、自分が思っているよりも結果しか見られていないのかな?と思い少し記載します。

まず実売買は、寄り引けのみです。
他のデイ&ナイトなどは、実売買と同じタイミングでのフォワードテストの結果です。

こちらのロジックは、寄り引けβのもとになっているロジックでもあります。
今のところ、月ベースで負けはありません。

こちらが、自分の本来の目的であり、実践すべき投資手法です。

しかし、現在のように場が開いている時間が長くなり、それを長く乗るから利が乗るわけですし、だからと言って実践するには、1人で寝ないで行えるわけでもありません。


ですから、Project225としてチーム制で行うことともう1つ自動売買プログラム化をすることを考えています。

寄り引けは、それができるまでの実売買を行う上で考えた手法です。

でも直近1年間でも、機能するルールだと実証できましたし、この先も使い続けます。


そして、表題にもありますが、ブログは基本ロジックの売買を行う仲間を集めたり、私のロジックに興味を持ち、自動売買化をおこなってくれる人などが現れるかもしれないと思って書いています。

もう一つの理由として、仲間の経済的窮地を救うことが出来る可能性があるので、誤魔化しのない結果表記をしていきことでの信頼を勝ち得る為です。


仲間の募集は、他の媒体でも募集しています。
良かったらコメント欄などでお知らせください。


[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2016年7月28日 23時16分
推奨書籍
2週間前位に新聞で見かけてから…探してきましたが…今日見つけました。

まだ読んでいませんが…かなり私の考えに近い考え方の本だと思います。
良かったら一読お勧めします。
[続きを読む]
[カテゴリ:投資] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved