このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
1173 さん
良い波来てるよ!
地域:千葉県
性別:男性
ジャンル:日記 独り言
ブログの説明:
波乗りシャーベット
カテゴリ
全て (8)
アクセス数
総アクセス数: 1962
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 1
RSS
お節介を受けた話
 
2014年2月20日 5時9分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


私はテレビが嫌いです。それに対して友人は、うるさいくらいにテレビを勧めます。今日は2013年の8月25日です。先ほど21前後は、日本テレビの24時間テレビのフィナーレだったそうです。お節介な友人は、「なぜ見ないの?」、観なさいよ!と何度も強く訴えてきました。私に対して、つまらない人だな~という感じで、押し付けを受けたり散々な状況でした。今、21時40分現在でもほとぼりが冷めていません。私は被害者なのです。21時を過ぎても、24時間テレビのランナーがゴールできなかったらしく、友人は隣の部屋で大きな声で騒いでいます。私は黙々とパソコンに向かっているのです。テレビでは21時を過ぎたというのに、特別扱いで24時間テレビの延長放送っぽい流れを流しているようなのです。私は「私には関係ない!」と声を掛けないで欲しい状況です。どっちもどっちのような気はするけれども、私としては関わりたくないのです。いちいち何も知らなくてOKなのです。明日の職場で話についていけなかろうが、どうでもいいと思っています。テレビに振り回されることがイヤなのです。私のペースで日曜の夜ぐらいは過ごしたいのです。明日は月曜ですから、社会人は心理的に憂鬱なのです。マリッジブルーを例えに出すのは微妙に違うかもしれないけれど、私はピリピリしたような状況なのです。耳栓をしっかりして、外の世界と遮断を維持したいくらいに、その友人はうるさいのです。その友人は私の顔色も見ずに、あーだのこーだのテレビの情報をリアルタイムで浴びせてきているのです。先ほどから私は、何度も大きなため息をついていますが、全く友人には伝わってもいないのです。おせっかいをたっぷりと浴びた私なのです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/naminorisb/286043

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved