このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
「真名のケーザイ探検」PART1最終回 「日本の経済社会を読んでみよう」
[真名のケーザイ探検]
2009年7月5日 20時18分の記事


真名のケーザイ探検  
最終回 「日本の経済社会を読んでみよう」
by 真名



編集部から〜

 さて、真名さんの「ケーザイ探検」は今回で「PART1」の最終回となります。
 全部で26回の連載となりました。
 真名さん、ご苦労さまでした。
 また、読者の皆様、ご愛顧ありがとうございました。

 後日、この連載をまとめて、PDF書籍とする予定です。
 また、一部の出版社からも、書籍化の申し出があります。
 現在、調整中です。
 どういう形で、まとめるかまだ、決定していません。
 決定しだい、皆様に報告させていただきます。

 なお、最終回ということで、無料公開とさせていただきます。
 長い間のご愛顧ありがとうございました。

オフイス・マツナガ拝

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

真名のケーザイ探検 「PART1」の最終回
無料公開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 


↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓





【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


************************************************************
当サイトからの引用、転載の考え方
・有料情報サイトですが、引用は可能です。
・ただし、全体の文章の3分の1内程度を目安として、引用先として「ニュースソース・NewsSource(有料版)」と必ず明記してください。
・ダウンロードしたPDFファイル、写真等は、透かしが入っている場合があります。これは情報管理上のことです。現物ママの転載を不可とします。ただし、そこから情報を引用しての表記は可とします。その場合も、全体の3分の1内程度を目安として、「ニュースソース・NewsSource(有料版)」と引用先を必ず明記してください。
・商業利用の場合は必ず、連絡下さい。
 メールは、info*officematsunaga.com
(*を@にかえてください)
************************************************************


真名のケーザイ探検  
最終回 「日本の経済社会を読んでみよう」
by 真名



「今回でPART 1の終わりだね。しかし、こんな変わった記事は、よそでは読めないだろうな」
「登場人物の扱いがひどいからね。(詐欺師)でしょ、(奴隷未満)でしょ、ワケわかんない(消費者)でしょ。(守銭奴)でしょ、(守銭奴の奴隷)でしょ」
「人間動物園だな。苦情が来そうだ」
「もちろん脚色はしてるけど、大筋は正しいと思うわ。少なくともユートピア経済学よりはマシでしょうよ」(第十三回 「さらば、経済学のユートピア」)


「しかし、二十六回も連載したのに、まだ経済学の入り口の手前でウロウロしてるな」「うん。いまの世の中で通用している経済学って、(実在)を見ていないような気がしたから」
「(実在)って何だ?」
「例えば電磁気学っていう学問があるでしょう?解析学や線形代数学を利用して電磁気現象を記述していく学問なんだけど、数学とは違うよね」
「数学は、とにかく辻褄さえ合っていれば、現実にはまったく存在しない架空の世界を作っていいんだよな。その意味で自由度が大きい」
「物理はそうはいかないよね。どういう現象が起こっているのかを、まず定性的に理解することが出発点なんだよね」
「電流が流れたり、明かりがついたり、放電したり、電気が流れなくなったりするというのは実在で、ゲームじゃないからな」
「電磁気現象よね。まず現象ありき・・・・・・・経済学の教科書を読んだら、まるでゲームみたいな扱いをしているわ」
「経済は、ゲームじゃなく、生きることね、いとしいひと・・・っていうこと?」
「人々が共同で生きることで社会が時々刻々と作られていくんだから、経済を考える前に、近代社会の成り立ちを見ないといけないはずでしょう。実在しているものは、社会よ」
「人々の共同主観によって、近代社会が成り立っているわけだ」
「すると、近代経済社会という実在を考えるには、相対化してみるしかないでしょう」(第七回「近代社会ってビョーキなんだろうか?」
「そうしたら、こんなことになっちゃいました。どうもすみません」


「それでは、PART 1の終わりに、(ケーザイ探検モデル)で、日本の経済社会について、リクツを考えてみましょうか」
「経済学は使わないんだな」
「だって、経済学は難しくて、よく分からないから」
「まだそこまでいってないもんな・・・・・・しかし、日本経済は、たくさんの人が智恵を絞って考えているんだぜ?こんないいかげんな方法で、何かわかるのかい?」
「知恵者はたくさんいるけど、それぞれ違うことを言ってるわけでしょ?それって、おかしくない?」(第一回「橋が落ちたのに、誰も責任をとらなくていいのかな」
「振り出しに戻ったな。何から始めるんだい?」

「まず、日本経済社会が、(ケーザイ探検モデル)にどれくらい接近しているかを考えてみましょう」
「近代経済社会の理念型にどれくらい近いかということだな」
「まず最初に、(お金を稼がないと生きていけない度)がどれくらい高いかっていうことね」
「・・・・・・これは近代化してるよな」
「ええ。(働かざるもの、食うべからず)のリクツは、かなり貫徹してるわね」第十四回 「アンタたちは、奴隷以下じゃなくて、奴隷未満の存在よ」
「だけど、ブラブラして食ってるヤツもいるよな」
「しかし、普通は、家族の誰かが代わりに働いてたり、貯金があるんだよね」
「貯金は別問題だな。無くなるのは時間の問題だから」

「同じことになるけど、核家族化が進んでいたり、生計を一人で立てている人、つまり単身世帯が多かったり、結婚しない人が多いというのも、一つの目安になるでしょうね」
「それは選択の自由ということじゃないのか?」
「ケーザイ探検の見方からすれば、人間関係がどれくらい通貨の運動、つまり市場によって置き換えられているのか?という問題になるわ」(第二十四回「アノミーは近代経済社会の本質である」
「理屈上は、人間がアトムになるまで解体されて、通貨の運動によって再編成されるはずだということか?」
「ニンゲンのバラバラ度よね。サザエさんみたいな家庭は、ブラウン管の外にはほとんど存在しないんじゃないの?」
「サザエさんは、もはやSFの世界になってるよな・・・・・・バラバラと言えば、中谷巌さんには読んで頂いているかな?まさかね」(第五回「背教した市場原理信仰者に、懺悔の値打ちはあるか?」
「1980年代には、少子化の長期傾向も明らかになっていたわよ。近代経済社会化が明らかに進んでいたもん。いまさら騒いでるのは、なんで?という感じね」
「そう言えば、男女雇用機会均等も、男女共同参画社会も、近代の当然の帰結だな。フェミニズムも当たり前のことだ。みんな仲良く奴隷未満なんだから、その意味において平等であるのは当たり前だ」
「通貨獲得のスタートラインにつくことを、国民全体に強制しているんだもん。スタートラインで差別があったんじゃ、近代の自己否定よ。自爆よ」
「新保守主義を肯定し、フェミニズムの悪口を言う(保守)は、うわ言を言ってるのかもしれないな」

「要するに、日本経済社会は、高度に近代化しているんじゃないの?だから自殺が多いし」
「近代的じゃないから、自殺が多いんじゃないのかい?」
「いえ。自殺とはアノミーの顕現だもん。デュルケームも自殺をいろいろと研究したのよ」
「人間関係が通貨で置き換えられている社会では、不況になると自殺が増え易いわけだな」第二十五回 「轢死体こそは近代人の鏡である」
「自殺の起こり易さこそ、近代経済社会の指標よ。我々の鏡だというのは、そういうこと」
「そう考えると、日本経済社会は、本当に近代的だ」

「労働効率も高いわね」(第六回「キューブリックのサルは労働効率を向上させるか?」
「戦後、社会が豊かになったのは、アメリカさんが提供してくれた枠の中で、ひたすら国内での労働効率を上げたからなんだよな」
「豊かさのカギは、絶対に労働効率よ。生産力よ。通貨は詐欺だけど、同時に生産効率の向上を引き出す媒体だわ」(第十二回「一般通貨という詐欺を救済したのは人々の労働の恵みである )
「しかし、だからこそ、モノをつくり過ぎて、販売先に困るんだよな」(第二十二回 「トヨタウェイとカイゼンと労働需要」
「それに、労働効率の向上によって通貨に価値が与えられるということは、通貨が強くなる、円高になるっていうことだしね」(第三回 「トヨタ・ストラテジーは恐慌の扉を開くか?」
「国内でモノが消化できないのが問題なわけだ」
「日本がアメリカの言うことを何でも聞くのも、大きな理由は、アリメカさんが借金をしてモノを買ってくれるからなのよね」
「お客様には逆らえないわけだ」
「お客様の財布がカラになったら、お金を貸してあげてるんだからね」
「そこまでしてモノを売らないといけないものなのか?」
「だって、お客様がいなくなったら、ただちにモノが溢れて価格が下がるもん」
「それくらいなら、国内のお金のない人たちに貸したほうが良くないか?」
「あはは。そのリクツは正しいけど、政財界の議論は、アサッテの方向に言っちゃってるからねえ。国内ではとにかく労働生産性を上げることを考えているわけ」

「うーん。何かヘンだよな。つまり、国内でのモノやサービスに対する需要が乏しいわけだろ」
「守銭奴が多いからねえ」(第十九回 鋳造された自由を握りしめて枯れよ

「守銭奴のモトって、要するに草食動物かね」(第二十回 草食動物のスタン・ビートが企業をはじき飛ばす
「生き残った草食動物が守銭奴に進化するんだと思うわ。これぞ麗しく、またありふれた変態ね」
「その結果、通貨が偏在しているわけだ」
「だから国債、地方債が何百兆円もあるんでしょ?」
「えっ。守銭奴の増加と関係あるかな?」
「国債、地方債をファイナンスしているのは、おもに銀行預金と郵便貯金と日銀でしょ?それって、守銭奴の産物じゃん」
「同じものを裏と表とから見ているわけか。見方を変えると、守銭奴が溜めたお金を国家が吸い上げて使ってしまって、その代わりに債券を渡しているということになるな」
「そして、国家が使ったお金は、世の中を回り回って守銭奴のところに帰ってくるわ」

「貧乏人のところには留まらないからな。毎年、そうやって国債、地方債を積み上げてきたんだな」
「それでも足りない分は、ゴミ箱日銀さんに押し込んでと」
「ふーん。ずいぶん単純な話じゃないか」

「多額の貯金の源泉は国債、地方債で、貯金は守銭奴のところに偏在しているわけだから、貧乏人からの徴税で返済できるわけはないわね」
「消費税や人頭税みたいな大衆課税では返済できないリクツになるな」
「消費税や人頭税で集めた税金が国債などの金利に回ると考えれば、貧乏人から守銭奴への通貨移転でしょ?」
「うーん。すると、通貨の偏在はますます進行し、需要はますます減少するな」
「そもそも、いまは超多額の国債、地方債の金利を守銭奴に支払っているわけだから、政府は通貨の偏在を助けてしまっているわけね」
「確かにリクツはそうなる。政府支出を増やしても社会全体の需要がそれほど増えない理由だな」

「不動産価格が高いのも、影響が大きいわね。労働の成果じゃないのに、超多額のお金が張りついているからね」
「そうだな。バカ高い不動産価格も、需要の不足と通貨の偏在にずいぶん影響してるな・・・・経営者の奴隷度はどうかね?」
「戦後、かなり長い間、奴隷度は低く抑えられていたけど、1980年代からの改革で一気に奴隷度がアップしたわね」
「これも近代経済社会化だな。奴隷にして頂いて、ありがとうございます、というわけだ。喜んでて、いいのか?」
「だって、それが倫理なんじゃないの?」(第十五回 「利潤の獲得は隣人愛と関係ないだろう」

「今後の見通しは暗そうだなあ。しかし、いまのように(近代経済社会度)が高い状態で大不況や恐慌が続くと,いよいよ社会の分解が始まるというリクツにならないか?」
「もちろん。(本質的アノミーの実現)だからね」
「みんなが通貨でつながっている社会というのは、うまく回っているうちはいいが、実に恐ろしいもんだ」
「いまの日本では、一般的な価値観もかなり徹底して(近代経済社会化)してるでしょう。だから、通貨の絆=鎖を失った(放たれた数珠玉)は、暴力や社会的抗議のような他罰よりも、むしろ自殺に走る傾向があるわ」
「自殺のすそ野は広いわけだな」
「ええ。実際のところは、十倍の予備軍、百倍の生活困窮者がいるわけだからね」
「しかしさ、他罰傾向も広がっていないかな?」
「それは、社会全体に、もっと広く、薄く広がっているようね。それは眼前の政治現象を見ていれば、直ちにわかることよ」
「ちょっと怖いな」
「社会全体に他罰傾向が広がっていると、えてして判断を間違うからね。悪者集団を征伐したらうまくいくようなデマゴギーが通用してしまうわ。命取りになるかもね」

「さて、PART 2があるって、本当かね?」
「いつになるか、分からないけどね。だって、まだ経済学までたどり着いていないもの」

「・・・・ずいぶん長い前フリだったな」





このブログへのチップ   101100pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. miruko 2009年7月6日 8時34分 [返信する]
普通に考えれば
既存の「経済学」にケンカを売っているわけで、
今までそんなことをしようという発想はほとんどなかったですよね。

だから「経済学」に至らずとも遠からじ、で
いいんじゃないのでしょうか。

とにもかくにもこれは労作です。
お疲れ様でした。


 

2. 真名 2009年7月6日 21時57分 [返信する]
Mirukoさん。どうもありがとうございます。
ケンカを売るつもりではないですが、
当たり前の現実を指摘したつもりです(それがケンカだと言われれば・・・・・確かに)

経済哲学のできそこないみたいなもんですね。
しかし、経済学を教えている人たちは、
ケーザイ探検で提起した程度の疑問には、
当然明確な回答があるんだろうと期待しています。

PART IIでは、もう少し経済学らしい題材を扱います。
ただ、こちらも冒頭からひっかかっています( 笑)。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
officematsunaga
速報情報は、オリジナル取材ネタも含めてtwitterで無料公開!
twitter

【オフイス・マツナガのブログ】

【CONTACT/連絡先】

カレンダー
<<2009年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
マーケット情報
by 株価チャート「ストチャ」


FX経済指標


会員制システム
会費は月額1000円で、すべての記事、すべての連載、バックナンバーを見ることができます。また、一般には入手困難な資料等をダウンロードできます。
 購読の規約に関しては、くる天 よくある質問を参考ください。


会費の支払い方・課金の仕方

1:くる天へ会員登録する。
2:ポイントを購入する。
3:記事を購入する 。
 という手順となります。
 初めての課金の申し込み方

返金システムに関して

なお、会費を支払い購読されて「これは課金に値しない」と判断された方には、すみやかに返金に応じます。詳細は、返金システムに関してを参考ください。

入稿後は加筆・修正しません

有料会員制度のサイトという性格と、くる天さんのシステムから、有料記事に関しては入稿後の修正、訂正はきかないようになっています。そのため誤字・脱字・錯誤が含まれる場合があります。誤字・脱字・錯誤等の修正に関しては、別途、指摘させていただく場合があります。誤字・脱字・錯誤  修正情報

皆様へのお願い

 申し込まれたアクセスコード、パスワードを他人に教えたり、譲渡する行為は犯罪行為です。すでに、第三者におしえてしまった!という方は、すみやかにパスワードの変更をお願いします。やむなき場合は、しかるべき対応をさせていただきます。
皆様へのお願い  
当サイト連載コラム
週刊日程表

本日のマーケット

今週の永田町

永田町レポート

本日のオフレコ情報

遠藤顧問の歴史だよ

時代小説発掘(無料公開)

カテゴリ
全て (3356)
2014衆議院選挙当落予想 (12)
無料公開記事 (7)
週間日程表 (154)
選挙 (26)
政治 (86)
経済 (6)
社会 (17)
永田町レポート (67)
今週の永田町 (326)
本日のオフレコ情報 (71)
本日の日経225 (29)
本日のマーケット (1654)
特オチ最前線 (75)
瘋癲老人のレイジーな日々 (25)
扱い注意 (38)
ネットでメシウマ!ウェブマーケティングの虚実 (32)
伊藤博一の事件の眼 (23)
鬼デスクの酔いどれ日記 (44)
アダルトサイト運営奮闘記 (3)
遠藤顧問の歴史だよ (30)
業界記者の覆面レポート (2)
真名のケーザイ探検 (27)
ホッピー・モツ焼・闇市の世界 (4)
ネットでビビるな!ネット音痴の業界人へ (14)
今週のマスコミがびびったネットネタ by 野次馬 (10)
アラカルター久里&占い軍団 (46)
コーヒーブレイク・エクササイズ編 (64)
コーヒーブレイク・ボイスエクササイズ編 (12)
医読同源 (1)
永田町奥の院を新人記者「僕」行く (12)
アンコール (2)
「永田町に棲んだ女たち」2 (13)
「永田町に棲んだ女たち」 (15)
ぼやき三毛猫 (49)
白川司郎訴訟関係 (4)
動画で go !!!! (7)
縄文だよ!!!! (4)
【時代小説発掘】 (204)
2009年 衆議院選挙  最新調査データ (26)
衆議院選挙 選挙区レポート (4)
島田が行く!報道現場の盲点 (2)
誤字・脱字・錯誤  修正情報 (6)
見落とすな!ネット情報・リンク先・保存先 (3)
「永田町に棲んだ女たち・特別番外編」 (8)
雑誌販売動向 (7)
最近の記事
12/06 12:26 江戸浅草物語14「月こそ心よ花こそ心よ」 (無料公開)
11/15 15:30 〈助太刀兵法46〉北斎蛸踊り(8) (無料公開)
10/26 08:49 「本日のマーケット」(FX編)・・・今週は日米の金融政策イベントに注意。
10/26 08:40 「本日のマーケット」(株式編)・・・ 続伸後に日経平均株価が1万9000円台を回復。
10/21 08:39 「本日のマーケット」(FX編)・・・ドル円は120円ちょうどの壁を意識。
10/21 08:25 「本日のマーケット」(株式編)・・・手掛かり材料難のなか、方向感の出づらい展開。
10/19 08:33 「本日のマーケット」(FX編)・・・午前11時に発表される中国の一連の経済指標に注目
10/19 08:23 「本日のマーケット」(株式編)・・・午前11時、中国経済の指標しだい。
10/14 08:48 「本日のマーケット」(FX編)・・・昨日に続き中国の経済指標。米9月小売売上高。
10/14 08:31 「本日のマーケット」(株式編)・・・前日の動きが継続し軟調な展開。
10/13 08:46 「本日のマーケット」(FX編)・・・ドル円は120円大台を中心に方向感に欠ける動きが当面続きそう
10/13 08:36 「本日のマーケット」(株式編)・・・5日線(前週末9日時点で1万8218円)が下値を支え
10/05 08:46 「本日のマーケット」(FX編)・・・東京タイムではドル円やクロス円は押し目買いが優勢
10/05 08:34 「本日のマーケット」(株式編)・・・続伸後、日経平均株価が1万8000円に迫る。
10/04 12:07 江戸浅草物語13「天海僧正の結界が破られる時、魔界の者たちの進撃が始まるのか」 (無料公開)
10/02 08:44 「本日のマーケット」(FX編)・・・米雇用統計を控えた様子見姿勢
10/02 08:35 「本日のマーケット」(株式編)・・・週末要因や米雇用統計を前にポジション調整
10/01 08:47 「本日のマーケット」(FX編)・・・9月日銀短観、9月中国製造業購買担当者景気指数(PMI)などが材料。
10/01 08:35 「本日のマーケット」(株式編)・・・欧米株式の上昇を受けて買いが先行後、もみ合い。
09/30 08:52 「本日のマーケット」(FX編)・・・日中は119円後半のもみあい
09/30 08:44 「本日のマーケット」(株式編)・・・反発後、上値が重い展開。
09/29 08:55 「本日のマーケット」(FX編)・・・株安・円高パターンの継続はドル高圧力を後退
09/29 08:36 「本日のマーケット」(株式編)・・・続落後に落ち着きどころを探る展開。
09/28 08:46 「本日のマーケット」(FX編)・・・東京時間のドル/円は120円半ばを中心にもみあい。
09/28 08:36 「本日のマーケット」(株式編)・・・手掛かり材料難のなか、もみ合い。
09/25 08:53 「本日のマーケット」(FX編)・・・・朝方、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が年内利上げが適切との見方を
09/25 08:44 「本日のマーケット」(株式編)・・・引き続き弱含みで推移。直近の安値1万7415円61銭を意識。
09/24 08:37 「本日のマーケット」(FX編)・・・・連休明けの東京時間のドル/円は120円前半を中心にもみ合う展開。
09/24 08:26 「本日のマーケット」(株式編)・・・続落スタート。連休中にNYダウが軟調に推移。
09/20 10:55 〈助太刀兵法45〉北斎蛸踊り(7)(無料公開)
オフイス・マツナガのサイト
[現役雑誌記者によるブログ日記!by オフイス・マツナガ]

[オフイス・マツナガ書籍部]

[今週のキーワードbyオフイス・マツナガ]

[オフイス・マツナガのブログWordPress版]

[週刊日程表(アクセス規制有)]

[調査分析報道・資料倉庫]

【公にされない公の資料を公開】

【その他 オフイス・マツナガweb管理人】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近のコメント
風雲 念流剣 七 (無料公開)(鮨廾賚此丙郤圈)
宿志の剣 三 (無料公開)(会話スキル★吉野)
週刊・月間誌 販売動向13年3月6-7日(管理人:kitaoka)
週刊・月間誌 販売動向13年3月6-7日(珈琲好き)
■この国の最大の問題点は「スパイ防止法案」がない点。マスコミだけでなく、政党にも外国勢力が跋扈。(珈琲好き)
イチローストレッチが止まらない!(バーバリー 時計)
■あまりにあっけなく、野田民主党惨敗。あまりにあっけなく、安部自民党大勝利(takeshi.komi)
時代小説発掘 !!!!!告知!!!!!()
〈助太刀兵法21〉 尾道かんざし燈籠 (無料公開)(モンクレール ダウン)
薩摩いろは歌 雌伏編(十一)痛撃(無料公開)  (株式の初心者)
ブログ内検索

RSS
携帯からも見られます!
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved