このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
日本男児 さん
日本青年社
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
日本青年社総本部ブログ。今後内容により有料記事もあります。
カテゴリ
全て (17)
アクセス数
総アクセス数: 28921
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 25
RSS
共産党イスラム批判せず 安部批判ばかりで謝罪
 
2015年1月26日 16時36分の記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは
イスラム国のテロリストに殺害されたという日本人人質の画像や情報がデマであることを信じ二人の日本人が無事に日本に帰国されることを強くお祈り申し上げます。                                      日本青年社
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




これが左翼の本性

記事参照j-cast
「イスラム国」非難せず「安倍批判」ばかり 共産党・池内議員ツイッター炎上でおわび
http://www.j-cast.com/2015/01/26226134.html?p=all
>
共産党の衆院議員、池内さおり氏がツイッターでの発言が不適切だったとして謝罪した。

イスラム過激派組織「イスラム国」に日本人2人が人質とされた件で安倍政権の対応を批判したが、イスラム国に対する非難は一切ないのはおかしいと、ツイッターユーザーから指摘を受けた。

「安倍政権の存続こそ、言語道断」
ツイートを削除して謝罪 イスラム国が、日本人2人の人質のうち湯川遥菜さんを殺害したとみられる。インターネット上に配信された動画には、後藤健二さんとされる男性が1枚の写真を持ち、そこには湯川さんが横たわる姿があった。菅義偉官房長官は2015年1月25日深夜に緊急記者会見を開き、「このような行為は言語道断の許し難い暴挙であり、強く非難する」との声明を出した。安倍晋三首相も同様のコメントを残した。

池内議員が、これにかみついた。声明発表後にツイッターで「こんなにも許せないと心の底から思った政権はない」と怒りをあらわにし、こう続けた。

「『ゴンゴドウダン』」などと、壊れたテープレコーダーの様に繰り返し、国の内外で命を軽んじ続ける安倍政権。安倍政権の存続こそ、言語道断。本当に悲しく、やりきれない夜。眠れない」
ところがこのツイートに、今度はツイッターのユーザーが批判を浴びせた。安倍政権に対応に怒りをぶつけるばかりで、本来憎むべきイスラム国にはなんら言及していないというのだ。

「どうしてまず最初にテロリストを非難しないのでしょうか」
「貴殿が今やるべきことは、政権批判ではなく、日本共産党として解決のために何ができるかを考えることではないですか」
「テロリストに対するコメントが前後のツイートを拝見しましたが見当たりません」

志位委員長「今あのような形で発信することは不適切」 1月26日付の産経新聞電子版によると、共産党の志位和夫委員長は同日午前の記者会見で、池内議員のツイッターでの発言について「政府が全力を挙げて取り組んでいる最中だ。今あのような形で発信することは不適切だ」と述べたと報じた。志位委員長は1月25日放送の「日曜討論」(NHK)に出演した際、イスラム国が日本人を人質としたことについて、

「このような残虐非道な蛮行は、絶対に許されるものではない。強く非難する。人質を直ちに解放することを強く要求する。政府は、人命最優先で、解放のために、あらゆる可能性・手段を追求して、全力をあげてほしい」
と話している。

池内議員は1月25日中にツイートを削除したようだが、26日午前になってツイッター上で「今の時期に昨日のようなツイートは不適切だと考え削除しました。 お詫びいたします」と謝罪した。続けて、「『イスラム国』人質事件は志位委員長が『彼らがやっていることは残虐非道な蛮行であり、絶対に許すわけにいかない。強く非難する。人質の解放を強く求める。日本政府に対しては、人命最優先で解放を図るために、あらゆる手段、可能性を追求してほしい』と述べている通りです」と投稿した。
>


>>>>>>「テロリストに対するコメントが前後のツイートを拝見しましたが見当たりません」



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


テロリストに対するコメントが無い?!

この
・・・テロリストに対するコメントが無い???・・・この一文で思い出したのですが。当方らは、いろいろな場所でかれこれ10年以上前からネットを使った活動も行っていました。こういった作業をしていると定期的に批判コメントを書きに現れる輩がいます。

ある問題を主張するとそれに反対する意見が沸きあがる人がいることは理解できるのですが、ところが批判コメントをする奴らの中に「当方の活動方法のような部分だけの批判を目くじら立てて行い、本来問題になっているその事案に対する見解がまったく無い」という人がたまに現れるのです。このもの達と激しくやりとりしていく中で分かってきたことは「こやつらは政治的な興味そのものが弱く自分の意見や立場が中途半端で、あるいは自分の意見等は持ち合わせていなくその問題そのものはどうだって良い」という人がいることが分かってくるのです。自分の立場とは右か左かといったことはもちろんその問題が正しい事か間違った事かということすら興味が無く。あるいは本当にどうでもよいのです。

本当にどうでも良い。
今回共産党の一匹の輩が本来の悪に対するコメントが全く無く政敵である安部首相の批判だけを行っていたということですが。これは今申し上げたそれそのもです。恐らくこやつも同じ穴のムジナ。興味が自分ごとで無く対岸の火事なのです。

左翼らは人間的に"希薄"なのではないか?
日本人同胞が人質になり殺されたと聞くと当方等はテロリストに対して"報復"という二文字しか頭に思い浮かばないのです。そこには右か左か原発賛成か反対か等それこそどうだって良いのです。理由のいかんを問わず殺した相手に対して強い怒りがこみ上げ"許せない"となるのが人間的にしごく当然の感情と思います。しかし左翼らの認識に殺人者に対するコメントが無い等は我々の常識から行ってあり得ないのです。彼らは口では愛とか平和とか耳あたりの良い言葉を用いるのですが。それは政治的にうとい日本人を巧妙に引っかける為のマインドコントロールの呪文でしかないのです。それが今回共産党の中の工作員化した輩によって露呈してしまったのです。

左翼は精神的に卑怯
日本人が殺害された事件を利用して安部政権を批判する。国民の怒りをテロリストに向けずに安部政権批判に向ける。
これはまるで日本のマスコミの戦術と同じです。"卑怯"の二文字しか当てはまらない。敵の工作機関であるマスコミがよく中国韓国北朝鮮の批判を一切行わず自民党批判に結びつけるのと同じです。工作員ミエミエで情報操作、印象操作が酷く卑怯。殺された人の意思とは関係無く殺された人を勝手に左翼のイデオロギーの道具にしている。殺された人や遺族に大変失礼で死人に口無しを利用した行為で人間的にあり得ない。左翼思想を一度持つと精神に欠陥を生じるのか。やはり恐ろしく卑怯な生き物。もはや言葉を失う




今回の日本人人質の件 一刻も早く事件解決を願わずにはおられません。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. えりき 2015年11月9日 19時55分 [返信する]
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/cat/1422235373/12-14

ひょんなことから、常岡浩介という男の裏話を聞いたのでアゲておく

一般人のプライバシーに関わるヘビーな話なので大雑把な話になるが
全て事実であることは間違いない

この男は数年前、ある既婚女性に手を出した
もちろん相手が人妻と承知の上でだ(この男はイスラム教徒で当然不倫は御法度)
そのまま二人の関係は続き、一年経たずして女性の家庭は破綻、そして離婚
その後も二人は付き合いを継続し、長い時間が経った
しかし去年、この男は例の北大生事件で家宅捜索を受ける
それと同時に女性の妊娠が発覚
厳しい状況に女性はシングルで生む事を決断


その途端、この男の態度が豹変した
「結婚しないなら、詐欺罪で刑事告訴する」と女性を脅迫
女性は話し合いを求めたが「何も話す事はない、会うのは法廷で」と言い放ち
そして「子供は自分の物だから、出産後は自分が奪う、正当な権利だ」と再び脅迫
あまりにもメチャクチャな話なうえ、出産準備の全てを一人で背負う事となり
女性は心身共に疲労困憊してしまう(勤務先の会社も退職した)
しかしそれが祟ってか、数ヶ月後、女性は流産してしまった
にもかかわず、この男はその後、何事もなかったように女性との関係継続を望み
さらに再び女性に子供を産ませようと迫った
女性がまだ流産による心と体の痛手から立ち直っていないことを意にも介さず
それ以来、女性はこの男の人格と将来に疑問を持つようになり、深く悩み続けた

そんな矢先、突然この男から「もう会いたくない、どうでもよくなった」と一方的なメッセージが舞い込んできた
女性は訳が分からず事情を説明して欲しいと何度も求めたが、音信不通のまま時は経ち
結局、そのまま泣き寝入りするしか無かった


その後、様々な情報が入るにつれ、真相はすぐに判明する
どうやらこの男、前々から他の女性にも色々とちょっかいを出しており
その一人と上手くいったため、流産した女性の事が邪魔になったらしい
そして責任を負わずに逃げるため音信不通のまま女性を捨てたというわけだ

これがこの男の本性だ
イスラム教徒を宣伝しながら不倫をし、人の家庭を破綻させ、警察の厄介になり、妊娠した女性を脅迫
さらに流産に追い込んだ挙句、水子供養もせぬまま別の女に乗り換える

こんな奴が、真実の追求、正義の味方ともてはやされるのは
どう考えてもおかしい
都合の悪い真実を隠蔽する奴が、エラそうに世間に講釈たれて
ジャーナリストともてはやされるのは間違ってるんじゃないのか?

それぞれ意見は有ると思う
あとはお前らで自由に語ってくれ


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/nihonseinensya/318563

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved