このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
【プレミアム情報】NY1本勝負、きょうのニュースはコレ!-ブロくる
NY1 児島康孝 さん
【プレミアム情報】NY1本勝負、きょうのニュースはコレ!
地域:秘密
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
FRBの金融政策を中心に、世界経済の最重要情報を、ピックアップしてお伝えします。
アクセス数
総アクセス数: 5862
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 3
RSS
最近のコメント
コメントはありません。
定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
名門ドイツ銀行に試練、歴史的に恨まれる過去が災いか
2019年7月13日 7時19分の記事

本日の「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」

名門ドイツ銀行に試練、歴史的に恨まれる過去が災いか

名門ドイツ銀行が、大規模なリストラ策を発表し、ドイツの「都銀」をめざすという。これまで、華やかな投資銀行部門で、世界中で活躍してきた名門であり、あまりの落差に、大きな衝撃を与えている。

実は、ドイツ銀行は、過去に恨まれる行いをしていて、こうした事が、今回、災いした可能性もある。1つは、過去のナチス・ドイツへの協力の歴史である。ご承知のように、投資銀行の世界では、ユダヤ人脈が強く、また、現在のトランプ政権内でも、その影響力は強い。

ドイツ銀行の過去の行いでは、とてもユダヤ金融資本が、ドイツ銀行を助けるようなものではない。むしろ、敵視されている可能性もあるのだ。

また、ドイツ銀行の米国拠点は、現在、ニューヨーク・ウォール街のど真ん中にある。2001年に、「60 Wall Street」高層ビルを、買収して(その後、所有権は移転)、ここにニューヨークの拠点を置いているのだ。このビルは、ウォール街でひときわ目立ち、警備も厳重で、写真を撮ろうものなら、すぐに警備員が止めにやって来る。

実は、このビルは、JPモルガンが本部として使っていたビルで、ニューヨークの金融関係者には、さながら、外見上では、ドイツ銀行に、ウォール街が乗っ取られたような外見である。ドイツ銀行は、2021年に移転する計画があるものの、かつてのウォール街関係者にすれば、あまり、いい気はしないであろうことは、想像に難くない・・・

☆ここまで記事3割程度、残り約7割です。
(↓定期購読は、申込日から1ヶ月で1000円)
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]





Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved