ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
人間関係 さん
人間関係のブログ
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
人間関係のブログ
カテゴリ
全て (3)
アクセス数
総アクセス数: 406
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 2
RSS
2018年10月20日 8時31分
今年の秋はベイクドカラーに挑戦してみたい
 
秋にどんなファッションをするか迷っているなら、ベイクドカラーに注目してみるといいかもしれません。
毎年いろいろな色が登場して、ベイクドカラーをまだチェックしていない方も多いと思います。
ベイクドとは焼くという意味があるため、まさに秋にはピッタリの色です。
こんがりと焼かれたような色のため、スモーキーなのが魅力だと思います。
とはいってもくすみカラーよりもやや鮮やかな色をしているため、暗くなりがちな秋の色を明るくさせてくれます。
夏には色をポイントで入れる方法が流行っていましたが、秋になってもまだ健在で少しスモーキーに変わった程度です。
色も豊富なようで、ベイクドピンク、ベイクドパープル、ベイクドオレンジなどがあります。
グリーンも鮮やかな色ではなく、少し深みのある色へと変化しています。
夏のファッションから秋に切り替えるときにちょうどよく、取り入れると一気に秋の雰囲気になるため重宝します。
今年の秋は、トップスや小物でベイクドカラーを取り入れてみたいですね。
http://www.autourdublog.com/
 



2018年9月16日 8時11分
祖父母が孫をかわいがることは子どもにとっていいこと?
 
孫はかわいいといいますが、しかし可愛がり過ぎるとデメリットも多いのです。
かといって、おじいちゃんやおばあちゃんが孫を可愛がらず厳しくし過ぎるのも考えものなのかもしれません。
孫を可愛がり過ぎると、わがままな子どもに育つという説があります。
祖父母にとって孫は子育ての責任がなく、可愛がるだけの存在になりやすいでしょう。
すると何でも買い与えてしまい、子どもがわがままになってしまうリスクがあります。
お菓子売り場でごねれば買ってくれると理解した子供は、親に対しても同じような態度を示すかもしれません。
困ったら祖父母に頼ればいいという認識を持ってしまうと、子どもの自立心が育たないのです。
しかし、一方で祖父母のような存在があるからこそ、子どもの逃げ場所が存在し、子どもにとってもいいという説もあるようです。
祖父母が孫を可愛がり過ぎるのは、子どもにとって本当は良いことなのでしょうか、それとも悪いことなのでしょうか。
http://webhutch.net/
 







最近の記事
10/20 08:31 今年の秋はベイクドカラーに挑戦してみたい
09/16 08:11 祖父母が孫をかわいがることは子どもにとっていいこと?
08/19 08:52 シンクが曇ってきたらある道具を使って綺麗にする
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved