このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Welcome!

チャネリング【宇宙Now light】皆様に寄り添います

ご案内
面白い話を織り交ぜながら出して行きます。皆様に寄り添いながら進めて行きます。

【価格設定について】

誰が見ても大丈夫そうな内容とデリケートな内容とでは、金額が異なります。

air_rank.gif

もっとご覧になりたい方へ
電子書籍
Amazon商品
最近の記事
12/11 18:30 宇宙人(光の家族)と会う条件
12/10 15:38 日本人と家族になった宇宙人たち
12/09 15:41 ダウンロード版ブログ 天照大神 第94号
12/08 17:21 宇宙人と周波数を合わせると苦しみが半減する
12/06 17:42 地球を侵略しにきた宇宙人たち 代表的なもの3つ
12/05 15:45 銀河連邦 第5号 偉人とエイリアン 他
12/03 09:55 12螺旋の子供たち  DNAの話です
11/30 12:43 宇宙人だったのか、親が宇宙人なのか、見分けがつかない場合
11/28 20:14 プレアデス星人たちが陰に隠れて日本人に行なっていること
11/26 18:21 ダウンロード版ブログ 天照大神 第93号
CATEGORY
全て (459)
*時事(国内) (15)
*時事(海外) (9)
*宇宙人について知りたかったら (70)
*宇宙について知りたかったら (19)
*未来について知りたかったら (19)
*災害が怖いと思ったら (9)
*潜在的な能力を引き出したいと思ったら (31)
*人間関係で悩んだら (23)
*思考や感情が荒れて辛かったら (28)
*健康・美容について知りたかったら (15)
*お金で悩んだら (6)
*仕事について悩んだら (7)
*未来について知りたかったら (13)
*地震が怖いと思ったら (6)
*動物・虫・魚のことが知りたかったら (3)
*隠されている歴史を知りたかったら (14)
*日本のことについて知りたかったら (37)
*生・死について知りたかったら (6)
*生まれ変わりについて知りたかったら (8)
*魂について知りたかったら (4)
*チャネラー・サイキック・占い師に悩んだら (12)
*迷信や思い込みを無くしたいと思ったら (7)
*宇宙人が伝えている内容を知りたかったら (10)
*ちょっと面白い話 (2)
*天照大神とのチャネリング (42)
*このはなさくや姫とのチャネリング (1)
*統治者とのチャネリング (6)
*アンドロメダ銀河とのチャネリング (5)
*計画者とのチャネリング (1)
*無料記事 (8)
RSS
この記事は、有料記事です。
地球人の母船と宇宙人の母船の違い 2
2019年9月22日 19時11分の記事



地球人の母船と宇宙人の母船の違い 2






SFとしてご覧ください。





コンテンツ




12. 地震の前に出ている宇宙船の目的
Q.わざわざ宇宙船を見せる目的は
-- 反対に受け取る人も
Q.宇宙船自体が地震発生機という噂もあるが

13. 母船の高度
-- 高度を下げているもう一つの理由
-- 高度に秘密

14. 視覚遮断している母船や宇宙船が“見える”人もいる
Q.小型宇宙船は何のために行ったり来たりしているのか

15. 光の家族の宇宙船と鷹の宇宙船の動きの違い

16. 宇宙人がよく使う宇宙船の大きさ
Q.トカゲ(爬虫類)の宇宙船と鷹(鳥人間)の宇宙船は違うのか

17. 宇宙連合の母船と光の家族の母船の高度の違い

18. UFOは地球人が作ったものの方が多いのか
-- 小型宇宙船の搭乗者が、宇宙人か軍人かを調べるには
-- 宇宙人は宇宙人にしか見せられない

(3289文字)




 こちらの記事は『レジまぐ』でもご購読頂けます。





こちらの記事は、分割したものと、されていないものがあります。





地球人の母船と宇宙人の母船の違い 



▶くる天版



▶レジまぐ版(PDF)




地球人の母船と宇宙人の母船の違い 1



▶くる天版



▶レジまぐ版(PDF)





*宇宙人のことを知りたかったら

購入をご検討の皆さまはご一読ください



都度課金記事
[800ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:*宇宙人について知りたかったら]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]




レジまぐ定期商品のご案内
チャネリング
定期購読のご案内
PROFILE
⋆ 宣伝・セミナー・対面相談・勧誘なし

⋆ 専門用語は使用していません。子供でも分かるように書いてあります。
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved