このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
Welcome!

チャネリング【宇宙Now light】皆様に寄り添います

ご案内
面白い話を織り交ぜながら出して行きます。皆様に寄り添いながら進めて行きます。

【価格設定について】

誰が見ても大丈夫そうな内容とデリケートな内容とでは、金額が異なります。

air_rank.gif

もっとご覧になりたい方へ
電子書籍
Amazon商品
最近の記事
04/04 13:31 コロナ離婚
04/02 18:01 あなたの今、置かれている状況 2020.4.1
03/31 19:36 不況と災害を乗り越えるために必要なこと
03/30 12:34 2020年は弱り目に祟り目に注意しましょう
03/29 15:17 地震を予知する方法の中には人々の想念をキャッチする方法がある
03/28 22:33 意識体の宇宙人は何をしているのか
03/28 10:56 どのようにしたら真実が見抜けるようになるのか
03/26 20:51 新型コロナウイルスにかかる人とかからない人の違いは何か
03/19 18:55 ダウンロード版ブログ 天照大神 第104号
03/09 18:21 守護霊と宇宙人の会話
CATEGORY
全て (510)
*時事(国内) (22)
*時事(海外) (10)
*宇宙人について知りたかったら (83)
*宇宙について知りたかったら (20)
*未来について知りたかったら (20)
*災害が怖いと思ったら (10)
*潜在的な能力を引き出したいと思ったら (33)
*人間関係で悩んだら (23)
*思考や感情が荒れて辛かったら (29)
*健康・美容について知りたかったら (16)
*お金で悩んだら (6)
*仕事について悩んだら (7)
*未来について知りたかったら (13)
*地震が怖いと思ったら (7)
*動物・虫・魚のことが知りたかったら (3)
*隠されている歴史を知りたかったら (16)
*日本のことについて知りたかったら (38)
*生・死について知りたかったら (6)
*生まれ変わりについて知りたかったら (13)
*魂について知りたかったら (4)
*チャネラー・サイキック・占い師に悩んだら (14)
*迷信や思い込みを無くしたいと思ったら (7)
*宇宙人が伝えている内容を知りたかったら (12)
*ちょっと面白い話 (3)
*天照大神とのチャネリング (43)
*このはなさくや姫とのチャネリング (1)
*統治者とのチャネリング (6)
*アンドロメダ銀河とのチャネリング (5)
*計画者とのチャネリング (1)
*無料記事 (9)
RSS
この記事は、有料記事です。
小さい頃に繋がっていた存在と繋がる方法
2020年2月4日 19時4分の記事



小さい頃に繋がっていた存在と繋がる方法





あなたは、小さい頃、繋がっていた存在と繋がるといいでしょう。

私たちが、そのお手伝いをしましょう。





コンテンツ





1. 外にいる宇宙人たちは地球人の苦しみが理解できない

2. 宇宙人だった頃の記憶は奥底にしまわれた

3. あなたの記憶はオリジナル

4. 地球と宇宙のギャップに苦しむ宇宙人だった人たち
Q. そんなに、はっきり覚えている人は少ないのではないか

5. その記憶は困った時に力を与えてくれる
Q. 赤ちゃんの頃にある記憶は前世の記憶ではないのか

6. 宇宙人ではなかった人には、そのような記憶はないのではないか

7. 本人が思い出さないとダメなのか

8. 具体例を
Q. 変な霊と話してしまうことはないのか
Q. 映像がはっきりしていない人も多いのではないか
Q. それがネガ存在ということはないのか
Q. それは過去の記憶ではなく、現在進行形の話ということか
Q. 挿入された記憶、作った記憶(妄想)との違いは

9. 人間は生まれ変わると、なぜ記憶をなくしてしまうのか

(7111文字)





 こちらの記事は『レジまぐ』でもご購読頂けます。





*生死・転生について知りたかったら

*潜在的な能力を引き出したいと思ったら

*DNA 突然変異について知りたかったら

購入をご検討の皆さまはご一読ください




都度課金記事
[1200ptでこの記事を購入する(確認画面へ)]
[カテゴリ:*生まれ変わりについて知りたかったら]
このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★

[このブログの評価を見る]




レジまぐ定期商品のご案内
チャネリング
定期購読のご案内
レジまぐ定期商品のご案内
PROFILE
⋆ 宣伝・セミナー・対面相談・勧誘なし

⋆ 専門用語は使用していません。子供でも分かるように書いてあります。
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved