このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
初穂 さん
ニャンニャン神学…?聖書、萬葉集を読みながら、農業と環境問題を考えているのかなぁ?
ジャンル:暮らし 占い
ブログの説明:
農と人を結ぶ野菜栽培のレッスンプロの仕事をしながら、趣味的に聖書、萬葉集を読んで、農や環境問題について考える投稿をしていたのですが、段々、脱線し…(笑)。何か好評みたいなので、有料ブログにしてしまいました。
カテゴリ
全て (670)
もろもろ、特集コーナー (4)
創世記 (51)
出エジプト記 (39)
レビ記 (26)
民数記 (54)
申命記 (124)
萬葉集巻一・雑歌 (80)
萬葉集巻二・相聞歌 (57)
萬葉集巻二・挽歌 (60)
寄り道編・ヤマトタケルノミコト物語 (88)
お誕生日メッセージとか (7)
2013/14年越スペシャル 日本の「菜」の由来 (6)
2014/15 年末年始スペシャル 聖書VS神皇正統記で考える地域づくり (13)
移転の経緯、一部これまでの総集編 (29)
サブスタンティア的進化論? (3)
異次元イースターシリーズ2015 (26)
イエス菩薩論 (1)
アクセス数
総アクセス数: 12134
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 0
フリースペース
このブログの記事について

このブログは、2012年10月〜2015年1月までFACEBOOKの著者タイムライン上で、【菜園で読む聖書&萬葉集】として連載してきたもの、及び移転作業中(2015年1月〜5月)中にFACEBOOKに投稿された一部関連記事を移転した上で、新しい記事を付け加えたものです。

記事末尾に原稿初出201☓年☓月☓日とあるのは、過去FACEBOOKに投稿された記事です。

このブログでの新規投稿は、2015年5月18日以降に行われています。
モーセは、山と麓を4往復していた件
[申命記]
2015年7月27日 8時28分の記事

えー、神様の声を聞いたら、どうして死んでしまうのか?

この件、もう一度、丁寧にみてみましょう。

出エジプト記第19章に記された経緯…


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



「モーセが神のもとに登って行くと、
山から主は彼に語りかけて言われた」

えー、とにかく、モーセさん、山に登って神様の声を聞いたと…

「モーセは戻って、民の長老達を呼び集め、
主が命じられた言葉を全て彼らの前で語った」

でまあ、山から降りて、民たちに語って

「民はみな一斉に答えて、『私達は主が語られたことを全て行います』と言った」

って後、

「モーセが民の言葉を主に取り次ぐと…」

「主はモーセに言われた。『民のところに行き…』」

「モーセは山から民のところにくだっていき」

えー、どうも、モーセさん、再度、山に登って行き、
でまあ、また下っていって、

「主はシナイ山の頂に下り、モーセを山の頂に呼び寄せられたので、
モーセは登っていった」

「主はモーセに言われた。『あなたは下って行き』」・・・

えー、でまあ、「民は遠くはなれてたち、モーセだけが神のおられる
密雲に近づいていった」

えー、いったい、モーセさん、
山とその麓を何往復しているのでしょうか?

4往復?

あ、映画「十戒」、端折ってますね、

あの映画、モーセさん、山と麓を4往復していません(笑)

ここんところ、なぜ、神様の声を直接に聞くと
死んでしまうのか?

なぜ、神様と民の間に「預言者」がいるのか?
を考えるのに、大事なポイントなので、

あまり端折るべきではありません…

だから、ああいう映画はせいぜい大魔神にパクられるのがオチで…(笑)

えー、まあ、ちょっとこの四往復の分析を続けたいと思います。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/nyannyan/333507

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved