ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年3月25日 2時12分
風化(時は流れる)
時間がたてば記憶は薄れる。

風化、時は流れる。

いつまでも鮮明に憎しみの感情を持ち続けても、人は先を急ぐ。

人は忘れてゆく、大切な記憶でさえ。

新しい風に吹かれてこの記憶を洗い流したい。

化石の浦島太郎になった気分。

玉手箱を開ければ時間が経過したつじつまが合う。

若い奴らがうらやましい、妬みもあるさ。自分が過ぎてきた時間が歯がゆい。

うろたえ恐怖してあえいだ昨日はもう帰りはしない。

決して後悔は無いように生きて来た、全部自分で決めて来たから。

例え選択肢が最悪の結果を招いても、受け入れるのも覚悟。

有り余る時間を無駄に費やし、ついに年寄りになった。

きもオヤジとなじるなかれ、誰だって年を取るのだから。

年輪を重ねるのは素敵な事、願わくば安泰の日々であります様に。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月23日 23時13分
健康になりたい
 
健康になってやる。

誰よりも健康に、キチ○イの病気だと馬鹿にした奴らを見返すほど。

健康、それは万人の理想、憧れ、望みあがなうもの。

もう病気に苦しめられるのは嫌だ。健康になって働いて家庭を持ちたい。

もう50歳だからそんなに長くは働けないとしても、一生精神疾患で人生を棒に振るのは嫌だ。

「ああ健康」「なりたい健康」「つかめ健康」

働くだけの人生に憧れた人生だったが、叶わぬ夢だった。

清く貧しく美しく生きてきたつもりだけど、自分をバカにする輩は大勢居る。

永いものに巻かれて安泰な人生を送ってる奴には死んでも分からない。

最低な人生の条件を提示されても、屈辱を受け入れる勇気。

群れから離れてはみだすことの勇気と強さを。

苦しい病気は厳しい世界。

人間の社会の厳しさなんか乗り越えてしまえ。

どんなに苦しい時間も、希望が見えているから。

時間の中で生きる私たちは、生と死を繰り返す。
[カテゴリ:精神疾患] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月15日 17時26分
似顔絵を描くと喜んでもらえる
 
デイケアに今は週一位で通っているのですが。

スタッフとかメンバーさんとか看護実習生の似顔絵を描かせてもらうと。

その際に大変喜んでもらえます。満面の笑みで喜んでもらえます。

いやらしい顔じゃないかってくらいニヤケ顔になります。

似顔絵を描かれるのはうれしいそうです。

その人と一対一で面と向き合って真剣な顔で描いていると。

その人の顔の特徴が見えてきます、まだまだ未熟ですが。

カネを取って似顔絵を描いている人に負けていないよと励ましてくれます。

描いて贈呈した似顔絵の紙を大事に飾っているとの言葉を聞くたびに。

そんな大した価値も無いだろうにと思ってしまいますが。

それでも喜んでもらえるのは大変うれしいです。

絵の技術も日々の鍛錬ですから、不甲斐無い絵を描いていては申し訳が無い。

[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月13日 22時37分
狭心症が楽になってきた
 
狭心症が最近楽になってきた。

胸がハラハラして息苦しいのだけど、その度合いが軽くなってきた。

ハラハラしている間、胸がときめいてしまう。何でだろう?

何回も胸は張り裂けたのに・・・

内科の薬が切れたから受診しなければいけない。

傷心の傷が癒されてきた。

ゆっくりと時間が解決してくれるらしい。

鬼束ちひろの新譜アルバムCDを買った。聴いてみるといまいち、残念。

でも聴く、ファンだから。
[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月6日 20時59分
解放願望
 
解放されたい。

解放されたいと願う。

自分を縛りつけるいっさいがっさいから。

人間は絶えず何かに縛られていなければいけない。

道徳や自制心、規律や思いやり。

しかし必要以上の力によって縛られ過ぎると、苦痛に成る。

安全で甘い苦痛は存在しない、苦痛は危険で苦(にが)いもの。

地獄の底まで追いかけてくる呪縛の亡霊。

逃れたい、自分を苦しめるすべての事柄から。

痛めつけられた憎しみは乗り越えなければならない、慈悲の名のもとに。

くやしくても許せなくても、自分の殻を破るため、自ら成長する。

いつかすべての事を許せたなら。

愛と勇気をもって、人は解放されるだろう。

うさんくさい正義を学び、飼いならされる国民。

行き過ぎた愛国心が滅びを生むと今は知られていないが。

だから歴史は繰り返すのだろう、愚か者の歴史。

せめて人類が未来永劫生き永らえますように・・・
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月6日 17時54分
痛みは喜び
 
痛みは喜び。色あせない想い。

果てしのない痛みの先に絶望しかないとしても。

それでも希望を信じずには居られない。

痛みに流す涙は喜びの涙。

恐怖の中で苦しみに耐える、ヌルイ世界を望まない。

裸足で野を駆け抜け太陽に守られた昨日。

過保護に育てられたぬるま湯に生きる子供は、寒い冬を知らない。

厳しい冬を生きる獣は、互いの身を寄せ合う。

寒さに凍え震えた人は太陽の優しさを知る。

暗闇の中では、光り輝くものがまぶしく映る。

昨日と今日と明日を無事で生きていられるように。
[カテゴリ:スピリチュアル] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年3月1日 13時0分
足跡のついていない道
 
一つの足跡も無い未開の土地。

誰も歩いた事の無い道。

それは細く険しいブッシュの生い茂る原野。

新しい世界に飛び込みたいと願えば、願いは受け入れられる。

精神がぶっ飛んでも身体が悲鳴を上げても良いから。

それは先駆者の器量が問われる、特異点。

異端者の烙印を押されても、心が叫んでいる。

「くだらない大人なんかになりたくはない」

自分の得ばかりを追い求める現代にハリセンチョップ。

あなたが悲しめば私も悲しい、あなたが喜べば私もうれしい。

利他主義の精神しか、もうこの世界を救えないから。

皆好き勝手に生きてるからとか、自分さえ幸せならそれで良いとか。

私利私欲に目がくらんだこの世界じゃ、誰も救えないから。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年2月24日 2時10分
年寄りのひがみ
 
最近の自分の心を支配しているものは。

「年とったなあ自分・・・」

「若い奴らがうらやましい、希望があるからね」

人生一度きりだし、やり直すことは出来ないから。

時間を無駄に使って何も得るものは無かった。

精神障害者で無職だから生きてて張り合いが無いけど。

落伍者の生活でも、心がときめくのは平等なんだな。

みじめなピエロだった、集団ストーカーに狙われなかったらどんな生き方をしていただろうか。

困難なほど燃えるってのは本当だと思う、過ぎた事だけれど。

今与えられているのは、平穏無事な毎日。

これはこれで幸せだけど。激しい雨の昨日が嘘みたいだ。
[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸S さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
カテゴリ区分け
全て (664)
紙に描いたイラストBOX (11)
お絵かきCG (18)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (38)
コードLP(SF小説) (65)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
サンチャイルド(戦記小説) (9)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
ショート小説 (4)
コメント (132)
ジャーナリズム (21)
人間力の育てかた (13)
精神疾患 (21)
内宇宙の信仰心(無宗教) (79)
アカシックレコード記憶庫 (106)
個人的な恋愛話 (5)
スピリチュアル (38)
都市伝説 (2)
集団ストーカーへの苦情 (3)
軍事評論 (12)
人類学 (2)
自作作品について (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 66835
今日のアクセス: 38
昨日のアクセス: 44
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved