このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
カツアゲの朝
[サンチャイルド(戦記小説)]
2015年3月18日 13時13分の記事

自作小説、サンチャイルドの5話です。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


朝焼けのカツアゲ基地は、殺気立ってるな。

到着した。北部方面基地・カツアゲ。
手前でHPから降りて、2人で基地のフェンスを見つめる。
出入口ゲートで武装した警備兵数名がこっちを見ている。
どうやら事情を知っているみたいだ。


草原に立つ2人は、もう別れる。

「サン殿、お土産ですよ」

「え、みやげ?」

後ろを振り向くと。

「うむっ!?」

サダコさんに抱きつかれて唇を奪われてしまった。

「・・・・」

朝日に映える彼女は、やはり美少女だった。


「サン殿、あなたはまだ運命を知りません」

「やがて己を知る時が来ますよ」
「サダコは知っています」

「それなんだけど」

「何でみんな知ってるの?未来のことを」

「いまは証かせません、星のためですよ」

「ホシ?」

「ええ、星の未来の為に、です」

「・・・・・」


そんな大切な彼女の助言よりも、
ファーストキスを奪われたことが大きな出来事だった。

しゅぅわ

きゅぅんきゅぅん


「ありゃ?」

彼女のHPがもうあんな遠くへ行ってしまった。

「・・・行くか」


警備兵に案内されて司令部に歩いて来た。
騒がしいな、なんかあったみたいだ。

「チャイ曹長をお連れしました!」

「ああ、来ましたねチャイさん」
「ゴンゾ少佐です」

「は!チャイ曹長であります。遅れました」

「いいからいいから」
「もう敵の猛攻が来てますから、早く逃げなさい」

「はあ?」

「いや、あなたの命が狙われるんですよ。何処に居てもね?」

「はあ?」

「時間がない、整備ハンガーに駐機している」
「重歩兵に搭乗して逃げて下さい」
「チャイさん用にチューンを施してあるから」
「すぐに熟練兵並みに扱えるはずです」
「待っている中隊があなたをカヴァーします」

「カムイ中佐の中隊、ピース中隊があなたを守りますから」

「東部の都市まで行きなさい」
「チャイさんの新機体が、そこまで運搬されてきましたから」
「良いですか?マニュアル全巻を大切に!」

「は、はあ・・・」

どどどーーん!!

「警報発令、敵襲!訓練じゃないわよ!実戦なのよ!」
「ゴンゾ少佐!あんたも逃げるのよ!」

「判ってますよ!チャイさん、そ〜言う事です」

「チャオ!」



「うわああ、もう基地がムチャクチャになってるぞ」

敵の戦車部隊とHP部隊の連携は凄いな。
攻撃ヘリ数機の脅威が半端じゃない。
この基地の防御態勢が壊滅状態だ。早くハンガーへ!

「ハンガーだ、あれ?」

「おい坊主ここだ、ここ!」

「ああ、これか!」

HP「アイスマン」普通の現役の重歩兵だが。

「早く乗れ!全部を高速設定でお前さんに合わせてあるぞ」

「はい!すぐに起動します」

真横の机に置いてある装備一式を身に付ける。
コックピットハッチ・フルオープンで待ってる重歩兵に搭乗。
ヘルメットバイザを起動、バイザ上でカウントが始まる。

初回起動成功、マスタチェック終了。
エネルギ臨海まで3秒、続いて稼働可能まで9秒。

ぶぅん!

ばいんばいん

きゅぅうん!

もう整備兵は退避したな。
武装チェックオン・・・使えるのは。
肩兵装マルチパック、ミニリニアカノン。
右腕部サブマシンガン、左腕部デュアルハンドガン。

「こんなに凄いの初めてだぞ」

バカンッ!!

来た!敵だ。
無線が入る。

「チャイ曹長、そんなのは相手にするな」
「カムイ中佐だ、早く来い」

「中佐殿、この機体の特性を見ますので、少し待って下さい」

「・・・早くやれよ?」

「了解!」

バーチャルモニタには見えないが、壁越しに敵戦車が居る。
蛍光色デジタル表示が教えている、捉えて離さない。

ズムン!!

壁コンクリを貫通してミニカノンが命中した。

きゅうーん!

ハンガーを飛び出して敵勢力へ突進。
居た、敵攻撃ヘリが狙ってる。

バシュバシュバス!シュンシュンシュン!

対地ロケットポットを連射してきた。機動を真横にスライドホバ。
横に滑りながら隣に居る攻撃ヘリをロックオン開始。
目の前の攻撃ヘリに、
サブマシンガンとハンドガンを狂った様に撃ちまくる。
精度を気にしない弾痕の集約効果だ。
バーチャルモニタ上で半透明デジタルマーカが狂った様に踊る。

ずずーん!!

次だ、真横の攻撃ヘリ同機種。

ピィィ!

ボシュボシュボシュ

マルチミニミサイルの雨が敵攻撃ヘリへ飛んでゆく。
撃墜確認はしないで、真下のうろたえている重歩兵にかかる。

4機小隊だな。
味方の兵力はまだ生きている。基地内が黒煙と爆炎とで赤く燃えている。
死体と肉片が散乱している。破壊された機械パーツも転がる。
暴力の嵐、生き地獄だ。

きゅん!!

横スライド強制停止。リニアカノンを撃つ。

ズム!

デジタル照準が遅くて待てない。速射性に優れるが連射はダメ。
やはり外れた。

サブマシンガンでコックピット装甲の破壊に務める。

バルバルバルバル!!

破壊された装甲ハッチから赤い鮮血が飛び出す
搭乗員は即死。

次!

「チャイ曹長!」

「いつまで遊んでいるのだ、置いていくぞ!」

「了解!合流します」

ばいんにゃ!

キュルキュル

きゅんきゅうん


「ふう・・・血が燃えているな。今まで死んでいたのか?」
「火薬の声が聴こえる、硝煙の匂いが俺に戦術を知らせる」


カツアゲ基地はまだ落ちてはいない、敵勢力はかなり叩いたはずだ。

「味方のHPがまだ戦っている」


「チャイ曹長、ピース中隊に合流します」

「よし、レーダーに出ている筈だ。2キロ東だぞ、3時方向だ」

「はい、判ります」


サダコさんがお土産をくれたシルバーリングと・・・
熱い抱擁とキスが俺を変えたと思いたい。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/322784
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸T さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1100)
紙に描いたイラストBOX (23)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (81)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (241)
コラム+エッセイ (37)
独白 (13)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (54)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (129)
アカシックレコード記憶庫 (157)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (20)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 167326
今日のアクセス: 33
昨日のアクセス: 116
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved