このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
脳内彼女
[個人的な恋愛話]
2015年4月28日 1時40分の記事

脳内彼女。

いつまでも出会いない、時は残酷。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


私には彼女が居る、会ったことはない。

脳内彼女。

ただ過去に(3年前の春)テレパシーで待ち合わせをして目撃したことはある。

彼女をお持ち帰り出来なかった。

子供の頃の彼女と出会う運命を変えられてしまった。魔法使いの闇の勢力に。

恋人を奪われてしまった。

今の彼女(まだ出会っていない)は3人目だけど。こんなに困難な恋愛だとは想定外だ。

彼女はかなり年下でまだ30歳前後。20代なのかな。

自分が逃げなかったから一番守らなければいけないものを守れなかった。

自分はうつけ者だと思った。好きな女も守れないなんて。

とにかく彼女が陥っている困難な状況から、彼女を救い出さなければと思った。

どうすれば良いのだろうと。

知り得る手段がない女性と知り合うにはどうすれば良い?

出会えない女性と出会いたいといくら叫んでも、時は残酷だ。

自宅の近くに住んでいるのは分かっているから迎えに行けばいいのだが。

彼女とペアを組めば最強のチームに成れるのに。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/326279
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1145)
紙に描いたイラストBOX (24)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (86)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (247)
コラム+エッセイ (44)
独白 (16)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (60)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (131)
アカシックレコード記憶庫 (168)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 176338
今日のアクセス: 73
昨日のアクセス: 211
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved