このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
擦り切れたブルージーンズ
[オートマチック・ガールズライフル(小説)]
2015年5月17日 15時25分の記事

オートマチックガールズライフル29話です。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


今日は、あんまり苦しくなかったな。

まだ個室だけど、もう少し落ち着いたら。

2人部屋に移るんだって。

大部屋はまだ先みたいね。

主治医の先生は、あたしが過去へ旅してることを知らない。

そりゃそうだわ。

チョンゴンシティからはるばる見舞いに来たケイトは。

近くの宿に泊まってるの。

アンの家に泊まりなよって言うと。

「それは出来ない」

って怒られちゃったわ。


もうじき晩御飯だな。

あーん、お腹すいたなー。

ガチャ

「ユウリィさん、晩御飯来たよ」

「起きなさい」

ガバッ

「はいここに置くよ」

「?」

「ねえ、ヘルパーさん。この御飯は・・」

「あんたオワンカレスープも知らないの?」

「外国人なの?」

「わ、やっぱそうか」

「オワンカレとコタツいもだ!」

「美味しいからあったかい内に早く食べなよ」

「あんた乳がでかいから、牛乳も飲むんだよ?」

「え、そうなの?」

「赤ん坊にお乳をあげるんだから、男にあげるのかい?」

「いや〜ん!おばちゃんいやらしいなあ!」

「はは、ガキからかってもお金にはならんか」

ガチャ

「・・・・・・うーん」

「いただくわ」

「ぱくぱく、ごくごくごく、んぐんぐ」

「うん、うまいわこれ」

「お母さんに作り方教えてもらえばよかったな」

「お母さん、生きてるのかな?」

「まだ、終戦してから間もないからなあ」

「あ、いけないわね。生命線の食い物が冷めちゃう」

「じゅるじゅじゅ・・・・?」

「フォークでぶっ刺すこのニンジンて・・・」

「ばくっ」

「あるわ・・・刺したことがある」

「・・・」

「あ、あれ?」

頭がふらふらする、気が遠くなる。

「あ」

ばたん

ありゃ




今度はどこなの?


「パアッ!」


照明弾の音だわ。

あ、視界が開いた。


土の道路は土煙がスゴイな。

夜のトンナムの町だ。

貧民街だ。

向こうにビジネス街が見える。雑居ビルは明かりがついてる。

金儲けは人殺しとは関係ないもんね。

照明弾の明かりが下を明るく照らしてる。落ちてくけど。


「始まるわね」

ひゅーーん

ひゅひゅひゅーーーん!!

ひゅひゅひゅひゅん!

何千発ものロケット弾攻撃だ。

通りの後ろから向こうの前方へ向けてすっ飛んでく。

上空の夜空が白い煙で真っ白状態だわ。


「アンちゃん」

「はっ!」

「誰だ!」

「ここだよアンちゃん」

「あなたは誰なの?」

「私だよ」

「隠れてないで出てきなさい!卑怯者!」

「隠れてないよ最初から・・・」

闇の中から、実体化してくるわ、人体が。

でも真っ黒で何がなんだか・・・・


「あなたフード取っても誰か判んないわよ?」

「いいんだよアンちゃん」

「私は、私なんだから」

「うまい屁理屈だわ」

「私はね、闇の番人なの」

「はへ?」

「この世の看守、時の管理官なのよ」

「なんか訳がわかりません」

「いいのよ、アンちゃんは解ってるくせにそう言うのも」

「あんたが産まれる前からずっと知ってるよ」

「なんか、頭がおかしくなりそう」

「あ、もう病気だから別にいいじゃん」

「うん、私の名はDにしとくよ」

「とりあえず、Dと呼んで頂戴」

「ふ〜ん、アンの相手してくれるんだ」

「あなたオバサンだよね?」

「いやいや、声としゃべり方だけで判断しちゃうのかい?」

「え、ちがうの?」




ガチャ

「ユウリィさん、食器下げるよ」

「あ」

「・・・・・・」

「食べてる最中に寝るなんて、器用な子だねえ」

「看護婦さん、ユウリィさんがまたやったよ」

「ユウリィさん、牛乳だけ置いてくよ」




「アンちゃん、あれを見なよ」

「うん・・・・」

「もう見たくないんだろ?」

「・・・・・・」

「でもあんたは、まだほんのガキなんだよ?」

「解ってるわよ!」

「あなたね?今までアンにこんなもの見せてきたのは」

「それはカン違いだぞ、アンちゃん」

「私じゃないよ」

「私はあんたを助けたいんだよ、アンちゃん」


あ、ありゃ?

ここは・・・・

またここか、赤い人工床と黄色い砂嵐の世界だ。

またアンを起点に砂嵐が渦を作る。

砂塵で何も見えない。

強風の雑音が耳障りだな。砂粒も眼に入って痛い。

ジーパンも、あれ?

これは昔はいてた擦り切れたブルージーンズ、スリムタイプ。

だけど・・・

右手に持ったライフルは、この子だ。本物だわ。

「・・・・・・」

怖くて死にそう。

「ここまでしてアンを試して、何がしたいわけ?」

「ねえ?答えなさいよ!」

びゅううう!!

「うひゃあ!」

砂嵐が襲ってきた。

あ、私はまた憎悪を抱いてる。

「ねえ、Dのおばさん」

「アンはいつになったら普通の暮らしができるの?」

「答えてよ・・・・」

「!」

来たわ。

悪意だ。

気配は・・・アンの前後ろ左右。4体。

囲まれている。

何でこんなに怖いのかしら。

うん、この子にはスコープがついてないわね。

がばっ!

ライフル、この子を構える。

「誰だ!」

「出てきなさいよ!」

「撃ちます!」


「・・・・・・」

トリガにかける指がヒキツル。

ピクピクけいれんする。

ひたいから汗が出てきた。

アンの髪は長いこと洗ってないから、ハリガネみたいだわ。

「本当に撃つわよ!」

「・・・・・・」


バン!

また赤い地面にライフルを捨てる。

「いいわよ」


「さあ、好きなように殺してよ」

「いいですよ、撃って下さい」

「どうぞ」

「・・・・・・・」

こ、恐い・・・・


パーン!

「ぐは!」

あ、アホな・・・

血が吹き出した、私の胸から。

「い、いや・・・」

本当に撃ったわ。

痛いなんてもんじゃない、立っていられない。

こんな激痛が存在するの?

パーン、パーン!!

「!」

順番に撃ってる・・・コイツラ。

悪意達が喜んで楽しんで撃ってる、遊んでるの?

アンの身体から血が大量に吹き出す、血に染まって。

もう助からないわ。

ばたん。

「死ねる・・・」


「ひっひっひっひっ!」

「ひゃあーーっはっはっはっはっ!!」

悪意達が笑ってる。いやらしく、勝ち誇ったように。


意識はなくなる・・・・


アンはまだ若いけど、これで良いのよね。





「う、うん・・・」

「ユウリィさん、朝ごはん来たよ」

「ここに置いとくよ」

ガタン

がバッ!

「あ、あれ?」

昨日と違うヘルパーさんだわ。

「もう朝なの?」

「ユウリィさん、昨日の牛乳飲んじゃってよ」

「は、はい」

ちゅぅぅぅ・・・

「・・・ぷは!」

「ちょっと腐ってるわ・・・うげ」

「あれ?」

「この御飯て」

「乙女うどんも知らないの?」

「あんた外国人?」

「やっぱそうか・・・乙女のためのうどんね」

「朝の牛乳も飲みなさいよ?」

「は、はい」

ガチャ


「・・・・・」

「い、いただくわ」

「じゅるじゅるじゅる」

「んぐんぐんぐ」

あ、あれ?

アンは死んだんじゃなかったのね。

そりゃそうだわ。

「ちゅるちゅるちゅる」


アニィに病室で遊ぶオモチャでも買ってもらおう・・・



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/328027
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1191)
紙に描いたイラストBOX (29)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (92)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (251)
コラム+エッセイ (49)
独白 (17)
ジャーナリズム (30)
人間力の育てかた (68)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (133)
アカシックレコード記憶庫 (171)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
平和の為に (5)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 190015
今日のアクセス: 69
昨日のアクセス: 114
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved