このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
牛チチ作戦
[オートマチック・ガールズライフル(小説)]
2015年5月17日 15時39分の記事

オートマチックガールズライフル30話です。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



カリカリカリカリ・・・

カリカリカリカリ・・・

「・・・・・・」


「う、うひゃ・・・」

「うひゃ」

「うひゃああ〜〜!!」

ポッーーン!!!

ばらばらばらばら

「!」

「ちょっとアンさん、何してるんですか!」

ぱたぱたぱた

「あ、アリサちゃん、ダメだったわ」

「・・・・あーっ!」

「何オモチャぶっ壊してるんですか」

「うわー・・・」

「ち、違うのよアリサちゃん」

「こうなる運命だったのよコレは」

「はあ?」

「看護婦さーん!ユウリィさんがまたヤりましたよ〜!」

「私も手伝いますから、全部捨てますよ?」

「コレはアンのオモチャなのよ?」

「あ、説明書を見せてくだい」

「・・・・・・・」

「アンさん、初心者は時間設定をしなきゃいけないんですよ」

「だからこうなるんです」

「こんな危険なオモチャなんで持ってるの?」

「あ、アニィに買ってもらったの」

「・・・旦那さんも変わった人なのねきっと」

ガチャ

「ユウリィさん、ゴミ掃除するからどいててよ」

「は、はい」

ぱっぱっぱっぱっ

さっささっさ

「アリサちゃんさっきから何書いてるの?」

「漫画ですよ」

「知らないんですか?」

「あ、アンだって漫画くらい知ってるわよ」

「よく買って読んだわ」

「ホントですかあ?」「なんか怪しいですよ?」

「良いですか?」「原稿をよく見て下さい」

「この5ページ目の戦闘前の整備班の作業手順です」

「ここでは、コマを多く使います」

「で、10ページ目を見ます」

「一ヶ月後です」

「この時点で整備班は作業時間が5分短縮してます」

「判りますか?アンさん」

「つまり、この人達は作業熟練度が上がったんです」

「コレが実戦経験です」

「あ、アリサちゃん、こんな漫画をずっと描いてたの?」

「何言ってんですかアンさん」

「コレがアリサの生きがいですよ?」

「アンさんには無いんですか?」

「げ!」

「そ〜言えば、アンには趣味なんてなかったわ」

「少しショック・・・」

「・・・いいんですよ?アンさんもまだ若い女なんだから」

「私と一緒に漫画描きませんか?」

「は、はいアリサ画伯」

「・・・画伯?」

「タングステンさん・・・」

「タングステンさん、時間ですよ」

「あ、アリサちゃん。看護婦さんが呼んでるわよ」

「は〜い」

「タングステンさん、検査に行きますよ」

「はい、ちょっと待ってて下さい」

ガタガタガタ

ぐしゃぐしゃぐしゃ

「お待たせしました」

ぱたぱたぱた

ガチャ

「・・・・・・・」

「ユウリィさん、全部捨てといたよ」

「はい、ごめんなさい」

ガチャ

「・・・・・・・」



アンは入院してから一ヶ月たったの。

二人部屋に移ったんだけど。

同室の女の子が・・・・

「面白い娘ねえ、アリサちゃんて」

いつもパジャマを着てる。黄色とピンク色の可愛いの。

おさげ髪がカッペ臭いな。

あの娘も、アンと同じチョモル村・村民ですって。

「何言ってんですかアンさん」

「アンさんがアリサを知らないのに」

「私がアンさんの家を知ってる訳無いじゃないですか」

「病院に行ったほうがいいですよ?」

「・・・アリサちゃん、ここが病院なのよ?」

「あ、そうか」

「・・・でも、アンさんて変わってますね」

「なんかうらやましいですよ?」

「わ、アリサちゃんにほめられちゃったわ!」



もうお昼だ。

「うーん」

「おなか空いたなあ・・・」

窓から夏の日差しが差し込んでる。

アンもパジャマが着たくなったわ。

このジーパンはもうボロになってるし。

Tシャツもヨレヨレだわ。

「・・・新しいブラジャーが欲しい」

「・・・・・・・・」

「パンツを洗わないと」


ガチャ

「ユウリィさん、お昼ごはん来たよ」

「はい、今日はごちそうだよ?」

「はへ?」

がたん

「わ、これって」

「あんたバクヤクどんぶりも知らないの?」

「外国の人?」

「やっぱりそうか、超大盛り揚げ物攻撃ね?」

「はいよ、ユウリィさん専用に牛乳が大量に出てるからね」

「は、はい」

ガチャ

「・・・・・・」

「い、いただくわ」

むしゃむしゃむしゃ

んぐんぐんぐ

「あれ?」

「アリサちゃんがまだ帰ってこないわ」

「バクヤクが冷めちゃう・・・」

ぱくぱくぱく

ごくごくごく


「牛乳をこんなに飲ませて」

「アンを牛にする作戦なのね」

ごくごくごくごく

「うぶっ!!」

あ、あれ?

牛乳の精霊が呼んでるわ・・・・

「あ」

ぱたん・・・

ありゃ


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/328032
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1176)
紙に描いたイラストBOX (26)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (91)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (250)
コラム+エッセイ (48)
独白 (16)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (65)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (133)
アカシックレコード記憶庫 (169)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
平和の為に (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 185993
今日のアクセス: 28
昨日のアクセス: 67
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved