このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
アンの微笑み
[オートマチック・ガールズライフル(小説)]
2015年5月17日 15時48分の記事

オートマチックガールズライフル32話です。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「・・・・・・・」


カリカリカリカリ・・・・

カリカリカリカリ・・・・

ごしごしごし

「ふぅー!」

ぺっぺっ

「?」
「アンさん?」

「何、アリサちゃん?」

「チョットこっち向いて下さい」

「うん」

「わ!」
「髪を下ろしたんですか」

「うん、ポニーは昔からだからねえ・・・」

「素敵ですよ?」
「アンさんのロングストレートは別人です」

「え、そうなの?」

「いいこと思いつきました」
「ちょっと待って下さいね」

ぱたぱたぱた

ガサガシャガたガマ!!

ポイポイポイ

「あ、アリサちゃん、ガラクタを隠し持ってたの?」

「酷いなあ、ガラクタじゃないですよ」
「アリサの漫画道具です」「苦労して集めたんですよ?」

「どこのオモチャ屋さん?」

「はあ?」
「街の画材屋まで買い出しに行くの」
「結構楽しいんですよ」

「何それ、そんな店があるの?」

「はい、絵かき野郎には必須な店です」

「アリサちゃんて、漫画家さんに成りたいの?」

「そ〜ですよ」
「同人誌も描くけど、プロに成るための小遣い稼ぎですね」
「たまに都会の出版社に行くんですよ」
「原稿を売り込むんです」
「クソでかいリュックを背負ってね」
「恥ずかしくても行くんです」
「まだ評価されません」
「アリサは少女漫画のほうがいいのかな?」
「あ、あった」

ぱたぱたぱたぱた

「はい、アリサがスケッチブックで似顔絵描きます」
「動かないで」

「は、はい」

「・・・・・うーん」

・・・かきかきかき

「・・・・・うん?」

・・・ごしごしごし

「あ、このアングルが良いな」
「動かないで!!」

「ひぃ!」

「・・・アンさん」
「アリサのオモチャを貸しますから」
「それで遊んでて下さい」

ぱたぱたぱた

「うみ?」

「はい、バカでも出来ますから」
「電池はいっぱいあるから」

「何これ?」

「携帯ゲームを知らないの?」

「うん」

「あ、アンさんてイツの人?」

「わ、これ面白いわ!」
「ねね、コレを撃ちまくればいいの?」

「動くな!!」

「はい」



5時間も固まってたわ、アンもう死にそう・・・
おなか空いたなあ・・・
窓の外はまだ明るいわね、晩御飯はまだなの?

カリカリカリカリ・・・・

「アリサちゃんて、キョウジンな女の子ね」

「は?」

「たくましく鍛えられた女よ」

「はあ?」
「アンさん・・・・」
「あなた戦争バカですよ?」
「もっと平和にヤられて下さい」

「は、ははは。ごめんねえ・・・」

「判りますよアリサにも」
「人を殺した女は、強さが滲みでるんですよ」

「!」

「いいんですよ、アンさんは一人で背負う女ですよね」
「アンさんは戦うことを辞めないんですね?」

「う、うん」
「アリサちゃんて凄い子なのね」

「アンさん・・・あなたが一番すごいんですよ?」

「がーーん!!」


ガチャ

「はいよ晩御飯来たよ」

ごとん

「わ、これは」

「ユウリィさん、ジャングルキラーの肉だよ」

「はい」


「アンさん、あなたは野性があるんですよ?」

「え、そうなの?」


ガチャ

「ふう、疲れました」
「ちょっと遊びに来たね」

「あ、ハルサメさん」

「ハルサメさんの採血下手クソですよ?」
「アリサ血まみれでした」

「ごめんねえ・・・」

「アンの真似してるわ、このナース」

「わ、今夜は豪華な人肉か!」

「あわわわ」

「ハルサメさん!そのギャグは禁句ですよ!」

「ごめんねえ・・・」


むしゃむしゃむしゃ

んぐんぐんぐ

「ユウリィさん、もうすぐ大部屋だからね」
「すぐに退院も出来るのよ?」

「ひへ?」

「私もユウリィさんの家に遊びに行きたいのだ」

「ひゃへ?」

「あ、その肉片頂戴」

「は、はい」

もぐもぐもぐ

「うん、やっぱ野獣の肉は最高ね」
「はははは」

「ハルサメさん、アリサこれ嫌いだから」
「食ってくださいよ」

「え、良いの?アリサたん」

「どうぞ」

はむっ ぐちゃぐちぎち

「うーん、やっぱタダ肉ほど旨いものはないね」


ごくごくごくごく

「ぶっはあっうべっ!」「うげ!」

「ユウリィさん、無理しなくてもいいのよ?」

「う、うん」

「あなたには牛乳そのものが必要なの」
「カルシウムもそうだし」
「なんでか判る?」

「・・・わかんない」

「アンたんは、無理し過ぎなの」
「あなたは母親に成らなきゃダメなのよ」
「ケツが安産型で乳がでかくて、豊満な肉体」

「い、いやらしいなあハルサメさん・・・」

「それでいいの!アンたん」
「旦那に私から言っとくわ」

「げげげ!」

「アンさんて魅力がありすぎるんですよ?」

「うひゃあああ」

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/328040
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1176)
紙に描いたイラストBOX (26)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (91)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (250)
コラム+エッセイ (48)
独白 (16)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (65)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (133)
アカシックレコード記憶庫 (169)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
平和の為に (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 185991
今日のアクセス: 26
昨日のアクセス: 67
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved