このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
心の傷
[オートマチック・ガールズライフル(小説)]
2015年5月17日 16時53分の記事

オートマチックガールズライフル33話です。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


アンが入院してから2ヶ月が過ぎた。
大部屋に移ってもアリサちゃんも同じ部屋になったの。
で、今日はアニィが迎えに来て。おうちへ外泊。

砂利道の道路を二人で歩いて会話中・・・
車椅子で自分で歩いているアニィが一方的に話してる。
アンは下を向いてずっと黙ってて。
うんとかへえとか言ってるだけ。

「アン」
「退院したらお祝いになんでも好きな物を買ってやるよ」
「何が欲しい?」
「給料も出たし奮発しちゃうぞ」

「・・・・」

「なんだって」

通りが少ない砂利道は時々乗用車が砂埃をあげながら走り去る。
アンは立ち止まって下を向いている。
アニィは立ち止まって車椅子をUターンさせる。

「何が欲しいんだアン」

「あ、あのね」
「アンはアニィの子供が欲しい」
「スーパーで500ゼゼコくらいで売ってるよね」

地面を見ているアンの顔は赤いの、汗も大量にかいてるし。
もう夏の日差しが強くて薄着じゃなければ汗をかく季節。

「なんだって!」
「アン・・・それはどこにも売っていないぞ」
「二人で作らにゃならんし」

「看護婦のハルサメさんがエッチなことして作るんだって言ってたよ」

アンはまだ下を向いてジーパンの前ポケットに右手を入れている。
左手でアニィの車椅子の押し手を掴んで。
またアニィの車椅子を前に向ける。

アニィの顔も赤くなってる。

「今日から頑張ってね?旦那さま」

「お、おう」
「まかせとけ」

「あそこにあるハゲタカスーパーで牛乳とトマトと肉を買いたい」
「アニィお金持ってる?」

「ああ」
「今夜はケイトさんが来るんじゃなかったのか?」

「うん」
「そうだったね」

・・・・・・・・・

ハゲタカスーパーで買い物をしてから帰った。
家の前の通りで大きな乗用車が止まってる。

「あ、あの人アンの知り合いじゃないのか?」
「ドアを開けて降りてきたぞ」
「作業つなぎを着ているな」

作業つなぎを着た男の人が大きな赤い花束を抱えている。

「あれえ」

「アン!」

「あなたは!」

「アン、病気になったと聞いて駆けつけたんだが」
「運が良かったな」

「ワズマン中佐殿!」

「いや、今は軍は退役したんだ」
「リィズと呼んでくれ」
「アン」
「会いたかったよ」

「アンは元気です」
「今日はチョンゴンシティから親友のケイトも来るから」

「アンの友達が来てくれたんだな」

細身で二枚目のリィズさんはやはり奥さんが居るらしい。
実家のガソリンスタンドを継いで頑張ってるんだって。
彫りの深い顔ををしわくちゃにしながら話してくれた。


それから今夜は4人でお酒を飲んで昔話をして騒いだの。
何でもないくだらない会話が楽しい。

「アニィ」
「今日はできないね?」

「うん」

二人でこっそり会話した。
ケイトとリィズさんが昔よりも明るく振舞っている。

深夜11時前。
アンはベッドの横で一人で思案中。

まだ食台で3人が楽しそうにお酒を飲んでいる。

「ちょっとアン」
「何しんみりしてんのよ」

「うん」
「同じ病棟の入院患者のアリサちゃんが言ってたんだ」
「アンさんは何がしたいのですかって」

「え?」

「彼女は一日中漫画を描いているような娘なんだけどね」
「いつも言ってるの」
「自分がしたいことをすればいいんですよ」
「たとえ今までが自分が運命に使われてきたとしても」
「アンさんが何をしたいのかを見つけるんですって」

「ほう、そのアリサちゃんて娘もかなりの哲学者だな」

「リィズさんがそう言うくらいだから」
「アリサちゃんてアンの過去を知っているのかしら」

「またまたあ」
「アンの考えすぎよお!」
「さあ」
「夜は長いわよ」
「さみしさなんてどこかに吹き飛ばしてしまいましょうよ」

それから明け方近くまで4人で会話して遊んだ。
アンがさみしい想いをしませんようにって・・・

アンの心は泣いていた。嬉しくて泣いてるの。
心が傷ついていたんだなって分かった。
自宅への外泊は二泊三日。
次の日の朝、ケイトとリィズさんは帰っていった。
アンとアニィに気を使っているみたい。



で、病院に帰ってきたけど。
帰るなりハルサメさんに言われた。

「アンたん」
「旦那の子種はもらったかい?」

「い、いやらしいなあ」
「ハルサメさんは」

「いいんですよアンさん」
「アリサもアンさんの子育て応援してますから」
「まずは早く製造してください」

「あ、アリサちゃんまで」

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/328064
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1176)
紙に描いたイラストBOX (26)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (91)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (250)
コラム+エッセイ (48)
独白 (16)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (65)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (133)
アカシックレコード記憶庫 (169)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
平和の為に (3)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 185993
今日のアクセス: 28
昨日のアクセス: 67
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved