このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
オレンジ色の匂い
[オートマチック・ガールズライフル(小説)]
2015年5月20日 23時27分の記事

オートマチックガールズライフル34話です。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


日差しが傾いて黄昏の時刻となった頃。
オレンジ色の空が世界を決める。

砲撃だか爆撃だかで崩れ落ちたオレンジ色の街を見ている。
私はアン。

「今は寝ているんだろうか気絶しているんだろうか」

「寝ているんだと思うよ」

「Dのおばさん」

「病院じゃアンちゃんの隣のベッドでアリサが漫画描いているよ」
「あんたはヨレヨレのTシャツと擦り切れたジーパンで寝てる」
「夢でも気絶でもアンちゃんはライフルを持っているじゃないか」

「うん、そうだね」

カチ、ジャキ

初弾を薬室へ入れた。このライフルは知らない銃だ。

「風の匂い」

世界が存在する匂いとリアリティ、アンはまた居ない。

「こんなに世界はリアルなのに」
「私は居ないわ」
「空気を吸って細胞は死んでゆくのに」
「真実は偽物だというのこの感覚は」

銃声が近づいてきた。

パーーン

ペパーミント軍とカンガルー軍が交戦している。
廃墟の街での銃撃戦。十数名規模。

「ねえ、Dのおばさん」

パンパン

撃った。
右の壁の残骸から飛び出して来たペパーミント兵の頭部が吹き飛んだ。首から血液を吹き出しながら見えない向こうに倒れた。
オレンジ色の廃墟の中でなにしているんだろう。

「ねえ、Dのおばさん」
「アンは何かを書きたくなったの」

パン

「何を書くんだい」

ライフルを構えるアンの隣にDのおばさんが立っている。
背か小さくて黒いフードをかぶっているが誰にも見えないみたい。

「私の心ががいつまでも戦場にいるのには訳があるんだ」
「この体験はペンと言葉を待っている」
「まだアンは若いけど、強烈な経験をしたわ」
「人を殺した」

「アンちゃんだって殺されそうになったろ」

「なら殺してもいいの?」

パンパンパン

「!」

後ろから撃たれた。アンのお下げが砕けた。髪の毛の束が散乱した。

パンパンパン

「アンは民間人なのに戦争に加担したわ」
「戦争で人を殺しても罪に問われないのがおかしい」
「戦争を見ればわかるわ、人を殺しているだけよ」

「うん」

「ただの暴力よ、おばさん」

「うん」

「銃弾が飛んでくるのが怖いから引き金を引くのよ」

パンパン

「はあはあ」

ヒートトアップして汗をかきながら現場を駆け出した。
弾薬を再装填しながら駆ける。瓦礫の山を死体の道を走る。

「戦場と言えば格好が良い言葉に聞こえるけど」
「ただの殺人現場に過ぎないのよ」

「アンちゃんはそれが言いたいのかい」

「Dのおばさんなら知ってるはずだ」

「何をだい」

「血の契約よ」

「・・・・」

「Dのおばさん・・・どうする事も出来ないの?」





ここは・・・

「またあの現場ね」

また来たわ、赤い人工床と黄色い砂塵の世界。
ものすごい砂嵐がアンを中心に吹きつけている。

「来たわね・・・悪意ちゃん!」

来た、悪意が4つ。取り囲まれた。
私が持っているライフルがさっきと変わっている。
熱感知サーマルスコープレンズがついている。

「ええ、肉眼では見えないけど。砂嵐しか見えないけれど」

スコープを除くとはっきりと赤く人体の形が見える。悪意が憎悪を向けてくる。

「撃ちます!」

・・・・・・・

ビュゥゥゥウ!

アンの黒い前髪が跳ね上がった。さっきの戦闘でポニーがつぶれてしまった。つば帽子を被っていたのにどこかで落としたらしい。
さらさらと黒髪が解けてゆく。

「・・・・・」

こ、怖い・・・

悪意が待っている。この悪意は何が欲しいのだろう。
アンの命だろうか・・・

「ひとつ」

パン

ブシュゥ!

「!」

目の前に居るはずの一体を狙撃した。
出血の音とともに倒れたらしい。残りの三体の怒りが増大した。

「!」

「・・・撃ちます」

右と後ろの二体を次々と狙撃する。

パンパン

ブッシュアア!!

ドサ

「なにこれ!」

アンの両手が血で染まっている。馬鹿な返り血はこんなには・・・


ビッシ!

「ぐ・・・」

アンの右側頭部に鉛の弾が飛び込んできた。
頭蓋骨が割れて脳が飛び出した。激しい出血とともに。

Dのおばさん・・・何回繰り返せばいいの?

アンは必ず生還するの。

意識が遠ざかる。病院に帰ってきたのね。


「タングステンさん」
「もう消灯時間ですよ。漫画を描くのをやめてください」
「漫画道具を取り上げますよ」

「アリサちゃん・・・」

「アンさん今頃起きてど〜するんですか」
「今から消灯ですよ」

「う・・・うん」

「アンさんもパジャマ着るんですよね」

「うん、アニィに買ってもらうの」

ドロ

「アンさん!!」

「え、あれ?」

「看護婦さ〜〜ん!ユウリィさんがあ!!」



その夜は病院中大騒ぎだった。
アンの頭から血液のかたまりが確認されたの。検査結果はアンの血液じゃなかった。動物の血らしい。

検査室から病室に帰って来た時はもう深夜の3時だった。


「4人部屋なのに狭いのね」
「隣のアリサちゃんがでかい女に見えるわ」

「アンさん何言ってんですか」
「アリサ知ってますよ」
「アンさんが戦争の世界へ意識ダイブしてるって」

「!」
「何で知ってるのアリサちゃん?」

「意識って感応するらしいですよ」

「か、官能?」

「ええ、そ〜ですよアンさん」
「あなたそーとーやばい世界に片足突っ込んでますね」
「平和な時代になったのに」
「戦争から帰って来れないのには訳が有るみたいですね」

「ア、アリサちゃんて霊能力者だったの」

「アリサは霊能力者じゃないですよ」
「ただの漫画バカです」


すぐに朝になったの。
アニィが面会に来てパジャマを置いていった。
ピンクと水色の可愛いパジャマ。

「アンさんズルいです」
「アリサよりも可愛く目立とうなんて・・・」

アリサちゃんよりも目立っているらしい。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/328287
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 利他主義の為に。愛と平和の為に。
カテゴリ区分け
全て (1381)
紙に描いたイラストBOX (34)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (127)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (74)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (12)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (1)
ショート小説 (8)
コメント (269)
コラム+エッセイ (56)
独白 (21)
ジャーナリズム (31)
人間力の育てかた (117)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (137)
アカシックレコード記憶庫 (207)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (59)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (6)
タブー (7)
平和の為に (17)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 234745
今日のアクセス: 181
昨日のアクセス: 158
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved