このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
エピローグ・ソルトアタック
[コードLP(SF小説)]
2015年8月30日 11時50分の記事

自作SF小説「コードLP」59話。

第二部14話です。

ステンレス銀河叙情詩編も完結。本編は続きます。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


全宇宙域ライヴ中継。大勢の観客がスタジアムに集う。歓声の中で数名の人に注目している。
ニュー歴0202、ファーム星系惑星チーズ。
宇宙域星間ネットワークで何兆人ものユーザーがライヴ映像を観ている。

パチパチパチ

「宇宙の皆さん、こんにちは」
「こちらはファーム星系の惑星チーズです」
「今回開戦されたオペレーション・ソルトアタック」
「そこで間違いなく奇跡が起こりました」
「平和的解決がなされたのです」
「代表者である擬人女性たちにお越しいただきました」

ステージ上でトリンやステンレス、シャムロッド達が緊張している。
拍手喝さいのラブコールの中、擬人は産まれて来た喜びの中に居る。
宇宙域に平和が近づいている。
客席の最前列で宇宙ジャーナリスト・ノリミィ・タイタンは感慨にふけっていた。
目の前のステージで聴衆に向かって笑顔で手を振るPちゃんを見ながら、ノリミィは昔を思い出す。
ステンレスと初めて出会った子供時代を・・・


「まったくもう」
「テケテケ(宇宙テクノ)って言っても、人がテケテケを作ってるのに」

海沿いの町、漁業と観光業でにぎわうこのメカン河地帯は。
私、ノリミィの産まれ育った町。

「ノリちゃん」
「今時最終型ケイタイ持ってないのノリちゃんくらいだよ?」

「いいのよアッコちゃん」
「宇宙公衆電話サービスは滅びないのよ」

日が傾いた夕刻の頃、学校帰りにカニ焼きを食べる。海岸線を二人で歩きながら。紺色の女学生服を着たノリミィ。
波しぶきを避けながら歩く。

「今日のカニ焼きはあんこが多いぞ」
「きっと良いことあるよ、アッコ」

「あれなに、のりちゃん」
「身投げかな?」

「身投げ?」

目の前の堤防に女が一人立っている。
白い髪に白い宇宙スーツを着用、宇宙世代だろうか。
海を見てたそがれている姿がはかなげで。
一瞬、綺麗な人だなと思った。

「あ」

こっちを振り向いて猛ダッシュしだした、尋常じゃなく速い走り。
その刹那、女の後方で巨大な水しぶきが上がった。
海から何かが出てくる。
全長4メートル近くある人食いカニだ!
あの巨大なハサミが私の首を狙っている。

「ひぃ!」

「ノリちゃん怖いよう!」

「あたしも怖くて動けないよ」

ガキ!

人食いカニが上陸、もの凄い速さでハサミを振り回し女の体を捕まえる。
私はその時女の人は死んだと思った。ハサミで捕まえながらも私達を食べに来る。真っ黒い光のない目が私を狙っている。

ザザザザザアン!

目の前にまで迫ってくる。私はオシッコ漏らしてその場に座り込んでしまった。

「あなたたち!」
「展望台へ上りなさい!」

なんとその女は素手で凶暴な巨大カニと格闘している。

「はい!」

私と同級生のアッコは近くの展望台へ駆け込む。
係員のおばちゃんに事情を説明して一緒に最上階を目指す。
窓から下を見下ろすと防波堤の上でまだ戦っている。
白い髪が美しくパールに光る細身の女性、この人はヒーローなの?

最後に肘鉄とかかと落としを決めてカニはノックダウン。
最上階で3人で茫然としていると、ややあってあの人が登ってきた。


「カニ鍋でも食べる?」
「生き物は生き物を食うものですわ」

「ヒーロー・・・」

私はつぶやいた。

「いやですわ」
「あたくしはステンレス・ノーマット」
「擬人コードLP8000JJ、ですわ」

「のりちゃん」
「この人擬人さんだよ」
「私漏らしちゃった」

「うん、私も」

警察が来て現場検証とか色々聞かれたけど。
それから一時間、日が沈むまでその擬人と話した。
沈んでゆく夕日を見つめながら。

「いいですかノリミイ」
「人は電気を操って文明を作ります」
「ですが文明を動かす電気が無くなったら」
「代わりに何が文明を動かしますか?」

「う〜ん」
「分かんないです」

「人ですわよ」

「人?」

「ものを作り出すのは人です」
「生き物は電気が流れていなくとも動きます」
「電気の代わりに何が流れていますか?」

「血です」

「その通りですわノリちゃん」
「生き物は生きるために他の生き物を食わねばなりません」
「それが血となり肉となり骨となります」
「ノリミィ」
「これは神様が私達に投げかけているヒントではないのですか?」

「あ」

正直、私はショックだった。
人を守るために製造される擬人と呼ばれるロボット。
擬人が人間以上の知性を備えていると言う噂は本当だったのだ。

「・・・」

ステンレスは私のスカートを見て言う。

「ノリちゃん」
「怯え恐れる事は恥ずかしい事ではありませんわ」
「誰から逃げても良い」
「ただひとつ」
「自分自身から逃げ出すな、ですわ」

「はい、ステン」



ステンレス銀河叙情詩編・終


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/335817
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1198)
紙に描いたイラストBOX (31)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (96)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (251)
コラム+エッセイ (49)
独白 (17)
ジャーナリズム (30)
人間力の育てかた (69)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (133)
アカシックレコード記憶庫 (171)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
平和の為に (5)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 191913
今日のアクセス: 51
昨日のアクセス: 129
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved