このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
何で自分から死ななきゃいけないの?
[内宇宙の信仰心(無宗教)]
2015年9月6日 17時11分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


昔は毎日赤の他人に死ね死ね言われたけど。

「何で死ななきゃいけないの」

よく時代劇でサムライが、

「生き恥を晒して生きる位なら切腹(自殺)する」

とか格好つけてるけど。

恥をさらすくらいなんだと思うぞ。

名誉のために死ぬなんてまっぴらだし。

例えば刺されて死ぬのなら死ぬまでだけど。

何で自分から命を差し出さなければいけないの。

何のために産まれて来たのか分かんなくなっちゃう。

この地上で生きてるのは自分だって分かってるのかな。

自殺志願の人に、

「死んじゃいけない!」

とか説得するのは良く分かるけれど。

死ねと言われても虐められても、死にたくないと思う人だって居るんだから。

人間てなんて弱いのだろうと思う。

人間だって生き物を食い殺す獣(ケモノ)なのにね。

無責任な言葉に傷ついて見えない心は震えてるんだから。


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/336311
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。 利他主義の為に。愛と平和の為に。
カテゴリ区分け
全て (1345)
紙に描いたイラストBOX (34)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (118)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (74)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (3)
優世代戦闘機・姫(戦記小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (11)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
格闘ポエム(戦うバカ徒)格闘詩 (1)
ショート小説 (8)
コメント (264)
コラム+エッセイ (56)
独白 (21)
ジャーナリズム (31)
人間力の育てかた (109)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (136)
アカシックレコード記憶庫 (204)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (59)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (4)
タブー (7)
平和の為に (17)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 226981
今日のアクセス: 108
昨日のアクセス: 155
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved