このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
クルマ追突された
[コメント]
2017年5月22日 22時19分の記事

こんばんは〜。今日は忙しかったよ(=゚ω゚)ノ

午前中に母の病院の送り迎えの後、内科へ受診して、午後に病院のデイケアへ行ってきた。

デイケアの帰りに後ろから追突された。

信号待ちですぐに青になって、さあ発進しようとしたら。

後ろからドンッとやられたw

クルマに傷とかは無いみたいだし、相手が誠実そうな人だったので許すことにした。示談か。

とりあえず連絡先を交換してすぐに帰った。

自分が反対の立場に成る事もあるから、「お前が悪い」とか絶対に言えない。

後ろから追突されるのは過失責任割合で言えば、10対0。

でも昔、物損事故で8対2の時に自分は8割過失責任があったのだけど。

相手の車の修理代全額払わされて、相手は1円も払わなかった。

「おいおい、それじゃあ10対0じゃないか」

と文句を言いたかったが。

自分はお人好しなので言わなかった。お金で争うのは嫌だから。

隣に駐車した車にドアをぶつけられた時も。

「おい!ちょっと待て!」

と呼び留めて、謝罪させて許した。

「よし!許した!」と言ったんだけど。

すぐにテレビコマーシャルで同じセリフを言っていた。

「やっぱり集団ストーカーされてるのか」

集団ストーカーてそんなに憎たらしくないけど、地獄へ逝くよな。

行いが悪いどころの騒ぎじゃないもの、凶悪犯罪。

フレンドリーでフランクな書き込みを心掛けたけど、どうかな。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/382749
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
のり弁大盛り さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
カテゴリ区分け
全て (847)
紙に描いたイラストBOX (18)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (59)
俳句・川柳・短歌 (3)
コードLP(SF小説) (68)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
ショート小説 (5)
コメント (190)
コラム+エッセイ (3)
独白 (10)
ジャーナリズム (25)
人間力の育てかた (33)
精神疾患 (22)
内宇宙の信仰心(無宗教) (98)
アカシックレコード記憶庫 (115)
個人的な恋愛話 (6)
スピリチュアル (46)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (17)
人類学 (2)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 108051
今日のアクセス: 96
昨日のアクセス: 225
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved