このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
慰安の中で生きる
[コメント]
2017年9月3日 21時30分の記事

17歳の時に精神疾患を発病した。

以来32年間、病気と恐怖の日々を生きて来た。

苦しかった、怖かった。恐怖が自分に襲い掛かった。

集団ストーカーのような第三者の手が加わっていた。

人権が侵害された。

今では精神疾患は誰にでもなりうる病気とされて、五大疾患の中に入った。

精神病になったら、一生治らないと言われている。

それでも中には完治した人は居るはず。

なのに精神科医は「この病気は治りません」

と絶望的な事を平気で言う。

自分は精神病は治ると信じている。

希望が生きる価値だから。

余命半年と言われた患者も、何年も生き抜いているケースもある。

十代で精神障害者になってから、慰安の日々を生き続ける。

五体満足な大きな体の男が、子供だましに甘んじている。

くやしいのは自分の人生なのだろう。

生きて来た昨日は、くやしい事だらけだ。

だからいい加減に生きている奴が許せない。

ウソつきや打算的な奴も。

傷つくほどに、心はまっすぐに生きたいと叫んでいた。

今は多く負った傷を癒やしている。

それも慰安なのだろう。

それにつけても、何でこんなに悲しいのだろう。

涙が自然とにじんでくる。

人生を駆け抜けて来た。

得たものは多く、失ったものも多過ぎる。

自分に残ったものは、愛と真心だ。

だから愛の偉大さを思い知った。

愛のもの凄さをこの世に知らせたいと願う。

その夢が未完に終わっても。

何の得にもならないバカでも良い


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/390541
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
のり弁大盛り さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
カテゴリ区分け
全て (841)
紙に描いたイラストBOX (18)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (58)
俳句・川柳・短歌 (3)
コードLP(SF小説) (68)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
ショート小説 (5)
コメント (187)
コラム+エッセイ (2)
独白 (9)
ジャーナリズム (25)
人間力の育てかた (33)
精神疾患 (22)
内宇宙の信仰心(無宗教) (98)
アカシックレコード記憶庫 (115)
個人的な恋愛話 (6)
スピリチュアル (46)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (17)
人類学 (2)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 105235
今日のアクセス: 129
昨日のアクセス: 174
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved