このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
クリープ現象
[ジャーナリズム]
2017年10月23日 12時53分の記事

クリープ現象って知っていますか?

車のオートマチックミッション車ではすべてに付きまとう現象です。

今、日本の公道を走っている自家用車のほとんどがこれです。

ギヤをドライブかバックに入れておくと、ブレーキを放すと勝手に車が進んでしまう現象。

この副作用のせいでどれだけの人が犠牲になったか。

私は普通車の免許を取ってから25年、マニュアルミッションの車に乗り続けました。

理由はマニュアルのギヤをさばく快感と、オートマのクリープと急発進の恐怖が嫌だから。

最近やっと各自動車メーカーが急発進防止装置を高価なクルマに着けだした。

しかし問題のクリープ現象は放置状態。

もしこれが無かったら、駐車の時や渋滞の混雑時に運転しずらくなると言うが。

そんなもんはマニュアルミッションに乗る身から言えば甘え。

人間が手抜きをしたがるから、運転の自動化は進む。

しまいには人間が運転させてもらえなくなる日が来る。


もしも、ホンダの創設者、故・本田宗一郎氏がご存命だったら。

「クリープ現象を無くせ、やってみなされ」

と言うだろう。

かつてホンダが日本車の前輪駆動化を成功させて、日本車企業は躍進したように。

新しい技術に挑戦する意欲がある技術者が育たない。

人の世が求めるのは技術革新、猿まねではない。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/394004
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
のり弁大盛り さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
カテゴリ区分け
全て (847)
紙に描いたイラストBOX (18)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (59)
俳句・川柳・短歌 (3)
コードLP(SF小説) (68)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
ショート小説 (5)
コメント (190)
コラム+エッセイ (3)
独白 (10)
ジャーナリズム (25)
人間力の育てかた (33)
精神疾患 (22)
内宇宙の信仰心(無宗教) (98)
アカシックレコード記憶庫 (115)
個人的な恋愛話 (6)
スピリチュアル (46)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (17)
人類学 (2)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 108051
今日のアクセス: 96
昨日のアクセス: 225
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved