このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
イノセント・エイジ
[コードLP(SF小説)]
2019年3月30日 14時28分の記事

自作SF小説「コードLP」第73話。

第三章4話です。



【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


俺はヤン、ヤン・ベアリング。

27歳の人間だ。宇宙戦闘機コンバットフライ5式のパイロット。俺の身体には機械が組み込まれている。

右手と右足、はじめは機械の身体が嫌だった。でも今では、この身体が好きだ。

相棒の女性、ケイト・ケチャップマンの機体が撃墜された。

俺は彼女に何もしてやれない。今はただ、オペの無事成功を祈るだけだ。



「ふんふん♪」

「ふーーんふふーん♪」



ここは惑星チーズ、東大陸の南の半島にいる。大昔はここも戦場だったらしい。

多くの血が大地に染みこんでいる。

白地のタイルの上、地面に座り、片膝を立てて鼻歌を歌いながら黄昏てゆく悠久ベースで外の林を見ている。

草原の上で小鳥がさえずっている。親鳥が隣で毛づくろいをしてくれている。

俺が今着ているこの作業ツナギ。あちこちほころびて、ボロボロになってる。

ベースに支給されている歴代のスタッフが着てきた服。



「あいつが墜ちるなんてな」



今も胸に残るこのときめきは、年を取ってもなくならないだろう。

オレンジ色に染まるミューロ建築のベースの半円球状のビル、ハンガーで整備班の整備士たちが大忙しで物資の搬入をしている。

出撃は当分の間ないだろう。

俺たちの負けだ。



悪を憎む心も、やっぱり悪なんだろうな・・・

善と悪は、永遠に仲良くなれないんだろうか。









ニュー暦0204、宇宙には愛ウィルスと邪よこしまウィルスがあふれていた。

愛ウィルスはケイト・ケチャップマン、邪ウィルスは謎の人物が製造した。

ケイトは焦っていた。愛ウィルスが平和にした宇宙を、たった2ヶ月で邪なウィルスで汚された事実に。

ケイトの宇宙戦闘機コンバットフライ5式は、新たな闇の勢力に撃墜され、彼女は瀕死の重傷を負った。

救難隊に救援されて、命は助かったケイト。しかし肉体は人間の時のものは残り少ない。

ラインハルトは撃沈した。

トリン達擬人メインクルーは脱出ポッドで脱出。サクラ・ストラトスだけが行方不明。

悠久ベース東2番地。マザーキュウが支援をする新造宇宙船がもうすぐ完成する。

オペルームのモニター室から擬人のシャムロッド・ブルーベリーは、ケイトの治療風景を見ている。

身体のほとんどをバイオボディに換装している。



「ケイト・・・」



その隣で擬人のPちゃんと人間のチトセ・バンジョーが話しかける。

Pちゃんはフリルのついたワンピースを着ている。チトセは頭に緑のベレー帽、ベージュ色の化学合成素材のツナギを着ている。



「シャム殿」

「ケイト殿は助かるのにゃい?」



「ケイトさんのテレビ中継観ました」

「チトセのおじいちゃんが造った愛・ウェイがもう時代遅れだって」



「・・・ま、まあ」

「ケイト・ケチャップマンは伝説のお嬢さんよ」

「簡単には死なないわ」

「いい?チトセさん」

「この世に絶対なんてものはないの」

「愛ウェイが時代遅れになったのも必然なのよ」

「気に病むことなんてないの」



「は、はい」



「Pちゃん」



「なにかなシャム殿」



「あのマザーヒメギミはあれからどうしてるの?」



「ここだにょ」



Pちゃんはこめかみを指さす。



「?」



「ヒメギミは集約されてワンチップになったのにゃ」

「旧世界のマザーだからそれは可能だったの」

「今は私の頭脳サーキットに組み込まれて、Pちゃんと一緒に生きてる」

「Pちゃんの中に叡智と知性が住んでいるのねん」







トリンはマザーキュウと相談している。

ケイト・ケチャップマンの精神面のメンタルケア、ラインハルトの代わりのシップの建造。宇宙はすでに新たなる闇勢力の脅威にさらされている。愛ウェイの次のシールドの製造は間に合うのか?



ある日、闇勢力による東大陸侵略が始まった。

いつの間にか軍備を増強させて、ステルス爆撃機による爆撃が始まる。

軍備を解体してしまった惑星チーズの人たちには、なすすべもなかった。

わずかに稼働している平和維持軍には、対抗するだけの軍事力はない。

破壊された都市の中で、死体に埋もれて、まだ覚醒していない宇宙の希望が涙を流している。







闇勢力の一般兵士同士の会話。



「おい」

「この作戦が終わったら俺たちは凱旋できるのかな」



「さあな」

「あのトリン艦隊を打ち負かしたんだぜ」

「伝説の人間、ケイトちゃんも半殺しになったそうだぞ」



「マジか?」

「ケイトちゃんとエッチしたかったのになあ」



「まあまあ」

「ケイトちゃんも擬人になったらサービスしてくれるんじゃないか?」



「ああ!ケイトちゃーーん!!」









ここは惑星カニメシの衛星軌道。宇宙海賊のリーン・タンバリンが闇勢力と交戦している。

新たな闇の勢力はタンバリンを舐めていた。

ろくなシールドも装備していない旧世界の生き残りだと。宇宙海賊船ドリーミンはたった一隻で闇勢力艦隊に対峙する。



タンバリンの側近の一人が言う。



「リーン様」

「ドリーミンのシールド推力は臨界に達しています」

「ご指示を」



「ああ」

「チャフミサイル発射」

「右側部光子ビーム砲連射」

「高圧縮素粒子魚雷を敵のドテッパラにぶち込め!」



「チャージ完了」



「てーっ!!」



海賊船ドリーミンの戦闘ブリッジ。後方の単座の船長席に座るリーンは、前方の操舵手が握る舵輪を見つめる。



「まさかトリン艦隊がヤラれるとわな」

「ケイト・ケチャップマンが瀕死の重傷を負ったそうだな」



「敵の闇勢力が撤退してゆきます」

「戦果報告、ラージシップ2隻撃沈」

「ミドルシップ1隻中破」



「新しい世界が来る」



「リーン様?」









うん、トリンです。

ケイトちゃんがとんでもない重傷を負って、今オペが終わろうとしている。

真っ先に保護しなければいけないはずのケイトちゃんを、戦場に引っ張り出して。

亡くなった親御さんに顔向けができないわ・・・

ケイトを一人前のレディに仕立て上げるまでは。

擬人化したあの子には、荷が重い現実かもしれない。

人間を守るのが擬人の本能だから、彼女を守れなかった後悔が自分を責める。

生命は機械と違って、産まれてきてすぐに死んでゆく。

でも機械にはそれが一番愛おしい。

人間の手で作り出された私たち擬人は、人間に恩返しがしたい。





「カスタネット艦長」

「行方不明のサクラ・ストラトスさんですが」

「惑星カニメシにて生体反応を確認しました」

「80ベクトル毎時でシグナルを発信しています」

「艦長?」



「ん?」

「なーにステンレスちゃん」



「時代は変わりました」

「平和路線で武装放棄したツケが来たようです」

「新たな闇の勢力の首領ですが」

「すでに内通者から情報が入っています」

「こちらです」





みなさんこんにちはです。

ステンレスですわ。

あたくしの夢、約束事を改変して宇宙次元に戦争を続けさせる輩を抹殺する。

それがもうじき叶いそうですわ。

詳しいことは今は言えませんが、軍備増強の許可が下りて、新艦隊と宇宙基地が設立しようとしています。

でも、あたくしには気になることが・・・

擬人の本能である人間を守る行為。

もしも戦争のない平和な世界が訪れたなら、擬人の本能はどうなる?

もちろん平和な世界は混沌としたこの争いの世界に比べたら、かけがえのないもの。

血気盛んな擬人たちは喜んで解体されましょう・・・

ただ、忘れないでいてほしい。

人間を守るために人間の手によって製造された、あたくしたち擬人の存在を。






このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pekepeke/424895
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸TT さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1160)
紙に描いたイラストBOX (24)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (88)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (73)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (249)
コラム+エッセイ (46)
独白 (16)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (62)
精神疾患 (25)
内宇宙の信仰心(無宗教) (132)
アカシックレコード記憶庫 (169)
個人的な恋愛話 (8)
スピリチュアル (58)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (23)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (7)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 180322
今日のアクセス: 108
昨日のアクセス: 145
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
フリースペース
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved