ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年9月5日 1時35分
死刑制度は人間のカン違い
 
   【死ぬ事は責任を取っていません】


はじめに結論を言いますが。

地球人の人間の文明は全て間違っています。
まともに育たなかった大人が、欲望の為に創った文明です。
物質の世界に産まれたからと、心を無視した結果です。
今も心がないがしろにされています。

気がつきませんか?
常識人ぶって知識人ぶってる大人が、心を知りません。


今でも日本に定められる 【死刑制度】

これはまちがいです、カン違いからくる誤った判断。
死刑は、大昔から日本の侍が主権だった頃の名残。
ガキ大将の侍は、そのカン違いの「義」によって、
自ら自殺することで義務を果たすケジメだと錯覚。
死が奇跡を起こすと信じる妄想は現代日本人にもある。
いい例が【カミカゼ特別攻撃隊】今も勘違いする大人が大勢居る。
日本人が死を美化したがる理由はサムライ職の血。
大政奉還後の明治文明開化の時、武士の職業は失業で灰業。
(プライドが高いので転職に苦労したそうです)
サムライ職種は絶滅しました。
当たり前です、文明活動をしない職業ですからね。
人殺しは文明を否定する行為です。
日本人は農耕民族。
縄文時代から弥生時代へ進化した血です。
基本として自殺した魂は成仏できません。
あの世からのお迎えも来ませんから。
死刑は殺人、ハラキリは自殺です。


死とは、生存から死亡した現実の事実だけが変化します。
あの世へ逝くと罪のある魂は、地獄の刑務所で服役する。
この世の贖罪の方があの世よりも遥かに楽で短時間です。
日本サスペンスドラマでは最後に真犯人が自殺を望みますが。
現実からの逃避ですから、あの世で刑期が膨れ上がります。

ですから、
人を2・3人殺めた犯人を死刑にしてあの世へ送るのは、
犯人の為には成りません。
あの世・地獄刑務所での厳しすぎる刑期が待っているから。
この世の刑務所で服役させたほうが為になります。
拘置所で監禁では、楽をさせるだけ。
日本の裁きは重罪は死刑か無期懲役。どちらもヌルい。
無期懲役刑は模範的な囚人なら二十数年で出所させます。
ここで普通は無期懲役を望みますよね。

本当は終身刑や懲役千年とかのほうが正しい。
つまり死ぬまで太陽から隠されてしまう。
これが死ぬまで生きて責任を取る本当の理由。
ですから、罪を償ったと自分が思っていても。
あの世で罪を問われる事態が発生するケースも有る。



以下まだ続くから刮目して待て、です。



今の人類以前の失われた大陸。

アトランティスやムー大陸の文明も、やはり滅びました。
海の底にあるとは限りませんが。飲み込んでくれますからね。
欲に目が眩んで心を忘れるから滅びます。
創造主に失格と判定される原因。

地震は物理的には、動いていないと感じるマントル対流により、
大陸プレートが重なり合わさり発生しますが。
この蓄積される物理エネルギーだけが原因でもありません。
物質があれば非物質の原因もある。
眼には見えない精神の世界のほうが現実にフィードバックされています。
地震の発生は生物から出ている波動の純度が関係します。
これが欲望が滅びへと導く理由。
負のエネルギーは地場に蓄積され続けます。
現実主義、精神主義。両方を信じなければなりません。
存在するものを、認める義務があります。

現代科学、現代医学しか信じないと言い切る人も。
自分のご先祖供養をしますし、他人のご焼香もします。
社会義務だからという理由だけは無いですよね。
迷信を信じている自分に気が付きません。
信じる信じないは自分が決めています。
仏さんの世界は科学では解明されていません。


今の地球文明も簡単に証拠物件を消してくれますから。
安心して海の底に沈没することが出来ます。
大気と気象調節。
コアからマントルへ伝達、地殻変動、溶岩マグマ火山灰蓄積。
何万年もかけて何億年もかけて地球惑星は自然治癒します。
地球生命体を舐めないほうが良い。

フロンガス規制が間に合わず出来てしまった、
南極上空のオゾン層の穴も、人間が犯人なのに。
地球さんは何万年もかけて治癒します。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年8月16日 18時22分
シャイニング
若かった頃、人を疑うことを知らなかった。



世界は希望でいっぱいだと思い込んで、どんな願いも望めば叶うと信じていた。



いつの間にか人を疑うことを覚えて、猜疑心に悩まされる。



嘘や欺瞞に目をつむり、おごっている人たちの間を起用にすり抜ける。



ズルくなってしまった、自分に恥じないと言えるか。



この世はズルい大人だらけだ、純粋に生きている人はどのくらいだろう。


器用に生きるなんてできないよ、寂しかった昨日にお別れを。



激しく叩きつけるスコールよ、僕の心を濡らしてくれ。



渇くこころ、渇望するのは人の光明。



光と闇の世界で、もう一度あなたと出会いたい。



何でもないことに感動して。



嬉しくて嬉しくて、涙がこぼれるのはなぜですか。



いつだって、今でも信じている。



誰もが手を取り合って助け合い、暮らしてゆける日のことを。



すべての困難が笑い話になる日まで、僕はあきらめない。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年8月9日 7時4分
平和が好きなら
 
世界を何とかしなきゃならない。



誰も頼んじゃいない、余計なお世話だと言われても。



何もしなくとも時間は過ぎて、何もしなかった事実が残る。



世界は今日も問題だらけで、日本人は流行り廃りに一喜一憂している。



くだらないと吐いて捨てるのは簡単。



利己主義の時代から利他主義の時代へのシフトを願う。



でも同じ地獄に落ちてみなければ、説得する説得力は伴わない。



人類が危機的状況にならなければ、新しい価値観は生まれないのかもしれない。



安全な場所にいて何を言っても、心には響かないかもしれない。



「なるようになる」という言葉がある。



どうあがいても、どううろたえても、結果は無駄な努力なら。



何もしないのが対処法かもしれない。



そんなことはないよね、無駄と分かっていても、どうしても譲れない思いがあるなら。



誇りと理想と信念があるから、見て見ないふりなんて出来ないよ。



欲とエゴにまみれたこの地上で。



気づきを得るのはまだ早い、才能は開花されない。



まだまだ人生の経験が欲しい。



苦難を一つ越えるたびに、人としての輝きが増えるなら。



苦しみにこんにちはと言おう、何も感じない平穏無事な日常から。



苦徳を消化する。



年を取る、年輪を重ねるのはステキなことですよ。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年6月23日 2時42分
無駄な努力だろうか
 
傷口をかばう癖、こころは見えないから。



人の思いやりの中で、過去の経験(トラウマ)を癒してゆく。



優しい人と優しくない人、あなたならどっちがいい。



誰だって産まれてきて、大人たちから愛情をもらう。



愛を素直にもらえなかった子供は、偏屈に育ってしまう。



教育課程を経ても、社会生活を得ても、ひとりの人間として社会に溶け込めるだけの道徳がある。



目立ちたがり屋が世間を騙している、足跡も残らないように。



人の世は地獄だ、生きてゆくには優しさが邪魔になる。



それでも人類が宇宙へ行く頃、生存か絶滅かを選ぶ日が来る。



罪汚れを背負って生きるには、過酷すぎる世界で。



何度産まれてきても、この世界は生命であふれている。



億万の孤独を味わう人たちの群れの中。



人は何のために産まれてくるんだろうか、どこかへ帰りたいんだろうか。



海の記憶が教える、過去と未来からの現在への応援。



ひとり夜の砂浜に立つと、遠くから聴こえる呼び声。



毎日の糧に追われる暮らしなら、思い悩むこともないのに。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年6月15日 20時41分
死刑制度は人間のカン違い
 
   【死ぬ事は責任を取っていません】


はじめに結論を言いますが。

地球人の人間の文明は全て間違っています。
まともに育たなかった大人が、欲望の為に創った文明です。
物質の世界に産まれたからと、心を無視した結果です。
今も心がないがしろにされています。

気がつきませんか?
常識人ぶって知識人ぶってる大人が、心を知りません。


今でも日本に定められる 【死刑制度】

これはまちがいです、カン違いからくる誤った判断。
死刑は、大昔から日本の侍が主権だった頃の名残。
ガキ大将の侍は、そのカン違いの「義」によって、
自ら自殺することで義務を果たすケジメだと錯覚。
死が奇跡を起こすと信じる妄想は現代日本人にもある。
いい例が【カミカゼ特別攻撃隊】今も勘違いする大人が大勢居る。
日本人が死を美化したがる理由はサムライ職の血。
大政奉還後の明治文明開化の時、武士の職業は失業で灰業。
(プライドが高いので転職に苦労したそうです)
サムライ職種は絶滅しました。
当たり前です、文明活動をしない職業ですからね。
人殺しは文明を否定する行為です。
日本人は農耕民族。
縄文時代から弥生時代へ進化した血です。
基本として自殺した魂は成仏できません。
あの世からのお迎えも来ませんから。


死とは、生存から死亡した現実の事実だけが変化します。
あの世へ逝くと罪のある魂は、地獄の刑務所で服役する。
この世の贖罪の方があの世よりも遥かに楽で短時間です。
日本サスペンスドラマでは最後に真犯人が自殺を望みますが。
現実からの逃避ですから、あの世で刑期が膨れ上がります。

ですから、
人を2・3人殺めた犯人を死刑にしてあの世へ送るのは、
犯人の為には成りません。
あの世・地獄刑務所での厳しすぎる刑期が待っているから。
この世の刑務所で服役させたほうが為になります。
拘置所で監禁では、楽をさせるだけ。
日本の裁きは重罪は死刑か無期懲役。どちらもヌルい。
無期懲役刑は模範的な囚人なら二十数年で出所させます。
ここで普通は無期懲役を望みますよね。

本当は終身刑や懲役千年とかのほうが正しい。
つまり死ぬまで太陽から隠されてしまう。
これが死ぬまで生きて責任を取る本当の理由。
ですから、罪を償ったと自分が思っていても。
あの世で罪を問われる事態が発生するケースも有る。



以下まだ続くから刮目して待て、です。



今の人類以前の失われた大陸。

アトランティスやムー大陸の文明も、やはり滅びました。
海の底にあるとは限りませんが。飲み込んでくれますからね。
欲に目が眩んで心を忘れるから滅びます。
創造主に失格と判定される原因。

地震は物理的には、動いていないと感じるマントル対流により、
大陸プレートが重なり合わさり発生しますが。
この蓄積される物理エネルギーだけが原因でもありません。
物質があれば非物質の原因もある。
眼には見えない精神の世界のほうが現実にフィードバックされています。
地震の発生は生物から出ている波動の純度が関係します。
これが欲望が滅びへと導く理由。
負のエネルギーは地場に蓄積され続けます。
現実主義、精神主義。両方を信じなければなりません。
存在するものを、認める義務があります。

現代科学、現代医学しか信じないと言い切る人も。
自分のご先祖供養をしますし、他人のご焼香もします。
社会義務だからという理由だけは無いですよね。
迷信を信じている自分に気が付きません。
信じる信じないは自分が決めています。
仏さんの世界は科学では解明されていません。


今の地球文明も簡単に証拠物件を消してくれますから。
安心して海の底に沈没することが出来ます。
大気と気象調節。
コアからマントルへ伝達、地殻変動、溶岩マグマ火山灰蓄積。
何万年もかけて何億年もかけて地球惑星は自然治癒します。
地球生命体を舐めないほうが良い。

フロンガス規制が間に合わず出来てしまった、
南極上空のオゾン層の穴も、人間が犯人なのに。
地球さんは何万年もかけて治癒します。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月18日 20時45分
戒める自分
 
自分は自分に厳しすぎる。



自分を律する人生に疲れる。



誰かに負けてもいい、逃げてもいい。



弱い自分が許せない。



自分の正義に反する自分が許せない。



思いやりを人徳として生きてきたけれど、目に見える世界では何も持たない無職のおやじだ。



精神世界の素晴らしさを体感してきた、でもそれをうまく伝えられない。



いまだ才能は開花せず。



浮世に染まって常識に縛られる人を変えたいと思った。



人を変えたいと思うのは欺瞞かな?



そんな無駄な努力をするよりも自分を変えろと言う。



自分が変われば周りの人も変わる。鏡のように。



自分改造をする。何かから変えてゆくんだ、ひげを剃る順番だとか。



向精神薬を服用するようになって、感情の高揚がなくなった。



いつも穏やかな気持ちで過ぎ去る景色を見つめてしまう。



若い頃と比べて、ひどく刹那を感じるようになった。



毎日繰り返すだけの日常の中で、確実に死へ近づいている。



だからすべてが切なくて悲しく感じるのだろうね。



どんなに物を買っても、自分のものにはならない。



死ぬときは魂一つだから。



人前では、明るく笑い飛ばす自分がいる。



昨日の涙を忘れたいかのように。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年4月27日 22時6分
魂は旅をする
 
神様はなぜこの宇宙世界を創ったんだろうなあ。



魂に輪廻の旅をさせて、何度も新しい経験をさせる。



それはデジャヴュ、潜在意識に刷り込まれた情報。



生きるって不思議だ。



何年生きても飽きるって事が無い。



このアナログの世界は、ステキなものであふれている。



心は見えないものだから、カタチあるものを欲しがる。



いくら物を手に入れても、心が満足しないのは。



きっとこの世が借り物の世界だからでしょう。



魂の旅でまたあなたに逢いたい。



ひと時の安らぎが終わったら、また出かけよう。



[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年4月24日 0時8分
切ない胸は何度も張り裂ける
 
胸が切なくてたまらない、ときめきに殺されてしまう。



甘酸っぱいこの想いは、波動になって天を駆け抜けている。



天龍に喜んでもらえるように、怒りを鎮めるように。



自分の得になる事、利益ばかり考えて人の不幸をあざ笑う。



新しい言葉が巷を襲い、信じられない言動をする人たち。



日本を愛しすぎる人や武装せよと主張する人。



この国はもはや病んでいるのか、人の心の温かさはどこへ行った。



反戦を言いずらくなった現在では、愛を唱えるのにも勇気が要る。



闇が人の心を支配するなら、光を指し示す人になりたい。



青臭いと散々バカにされた若者。



でもそんな思想に、憧れる人は多い。



今は21世紀初頭、もう誰も世紀末だなんて騒がない。



世界の終末を信じなくなった人は、新しい未来を信じているわけでもない。



終わりなど来るはずもないと浮かれる人たち。



夢を見た。



この世界を滅亡から守りたいと願った。



人が利己主義から利他主義へ、思想を昇華できると。



「みんな好き勝手に生きてるんだからほっとけ」



「余計なお世話だ」



好き勝手に歴史を作って勝手に終わってゆく世界を。



黙って観ているなんて出来ないよ。



自分が産まれた世界だから、末永く幸せであって欲しい。



何度も滅びを迎えた人類であっても。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸A さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (982)
紙に描いたイラストBOX (19)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (68)
俳句・川柳・短歌 (3)
コードLP(SF小説) (71)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (1)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (218)
コラム+エッセイ (25)
独白 (13)
ジャーナリズム (28)
人間力の育てかた (46)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (114)
アカシックレコード記憶庫 (133)
個人的な恋愛話 (6)
スピリチュアル (54)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (17)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 145130
今日のアクセス: 33
昨日のアクセス: 63
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved