ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年3月14日 21時31分
おっさんが回想してる
 
今夜もひとり酒飲んでる。



半世紀の人生で寄り添ってくれる女(ひと)はいなかった。



きっと異性から見れば、俺はミステリアスで、つかみどころがないんだろうな。



クールに見える見た目の中に、こんなに熱い情熱を秘めているのに。



火と水、土と木のように二面性は、お互いを必要としている。



薬も飲まずに病気と格闘していたら、あっという間におっさんになっていた。



年を取るほどに、いろんなことが理解できるようになるけど。



あれは何だったんだろうと、摩訶不思議な出来事が幾つもあった。



マスコミの人権侵害、世間のいじめ、集団ストーカー、会えない脳内彼女。



一番後悔しているのは、脳内彼女に会えなかったこと。



欲望だらけだったけど、確かに恋していた。



新天地へ連れて行ってくれた彼女。



なけなしの恋はジェラシーだった。



今は同じデイケアへ来ていた、実在している別の彼女がいるけど。



その子は病気でずっと入院している。



幸薄い女性と縁があるんだろうか?



いろんな魅力的な異性が目の前に現れたが。



どの女性も幸せにはしてやれなかった。



若い頃は恋がしたいと願っていた、それが苦しい出会いでもいいって。



結婚はしたことがない、縁がなかった。経済能力もないし。



でも手相に一本、晩婚の相が出てる。チョンガー(男の独身)で死ぬ人だっているんだから。



最近神社に参拝に行かなくなったな。



前はしょっちゅう朝でも夜中でもお参りに行っていたのに。



俺は産まれつき、神秘現象やスピリチュアルなものに縁があるから。



神様を祀ることに崇高なあこがれを感じる。



今はスピリチュアルな世界よりも、利他主義に世界の価値観が変わる現象に興味がある。



スピリチュアルとよく人は言うけど、イノセンスとは言わない。



俺はイノセンスなことしか知らないから、仁や愛を伝えることだけしかできない。



身近な人に、人を変えようなんて欺瞞だよと言われてしまったけど。



おせっかいなお人よしだから可能な、損得抜きの事業だよな。



報われない人生は、いくつも見てきた。



いつか夢が花開くとき。



満開の花の下で、誰かが待っているんだろうか。
[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年3月10日 22時19分
俺がかっこいい???
 
昔、4年前に精神科専門病院に任意入院したとき。



週に一度の病棟のカラオケ大会で歌を歌った。



確か氷室京介だか浜田省吾の曲だったと思うが。



歌い終わって拍手をもらった時。



OT作業療法士の女の子に、



「はい、かっこよかったですよ」



と言われた。



俺がかっこいい???いい年こいておっさんになったのに???



退院してデイケアに通うようになって。



身体障害者のPSWソーシャルワーカーの学生実習生の男性が、ボッチャのパラリンピックの選手なので。



プログラムでボッチャ大会に参加したとき。



心の中でB'zのピエロという曲を口ずさみながらプレイしていたら。



4チーム中3位だったのに、見学していた中年の女性に、



「かっこよかったですよ」



と言われた。



俺がかっこいい???100キロもある白髪混じりのデブのおっさんなのに???

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月9日 18時20分
負けてあげること
 
自分の場合は、誰かと言い争いになったとき、必ず自分から謝る。



「ごめんなさい」と言うんだ。



すると相手の機嫌がよくなり、円満に話は解決する。



自分から頭を下げるのは、本当に負けることじゃない。



どちらも強気に相手を責める口喧嘩は、どちらかが折れるまでやまない。



自ら一歩後ろに下がることで、後に引けなくなった相手をヨイショしてあげる。



それは熱くなって我を見失っている状況で、冷静さを失わないこと。



この世に生きている人の半分以上が、プライドが高くて負けず嫌いなら、



自分のほうから素直に謝る器の大きさが運を二分する。



警察官とよく言い争いになった。



その時はいつも自分から謝った。それで修羅場をかいくぐってきた。



警察官は自分から謝ることが出来ない、プライドが高い職業。



ガラが悪いんだよ、職業上。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月8日 20時7分
ときめくんだよぅ・・・
なんでこんなにときめくんだ?



胸がわくわくして切なくてたまらない。



大切なのは今なんだ、過去も未来も自分の手の中にあるから。



若い頃ほどの感受性はないけど、ときめきは衰えない。



他の人はどうなんだろうか?



ムカつくとかウザいとか言って無責任ぶっていても。



心のどこかでは優しさに気づいているはずだよ。



自分自身の中に息づいている優しさに。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年11月14日 22時34分
時をかけるおっさん
 
俺は将来死んだあと、しなければならないことがある。



それは過去の自分の救済、冗談じゃないよ。



現時点で17歳と20歳と25歳と40歳の時に、人生の危機がある。



初めの3つの年齢は、自分が総合病院の精神科病棟に入院したとき。



40歳の時に自宅でプラズマ攻撃で心臓止められそうになった。



普通なら死んでるんだけど。犯人は創価じゃないかと思う。



循環器科に検査に行った時も、病院を脅しにに隠ぺい工作に来たみたいだし。



それが原因で狭心症になった、今は内科に通っている。    



入院時に悪霊に魅入られたり、言葉が原因で赤の他人に誤解されていじめられたり。



とにかく人生の危機があって、その度に死後の俺がタイムトラベルして助けに来たんだよ。



病院の看護婦が、入院病棟で俺の幽霊を見たって言ってた。



幽霊はタイムトラベルができるってテレビで見たことがあるから、自分を救ってくれるのは自分だと思うし。



始め17歳の時は、意識を乗っ取られた。未来の自分に。



入れ替わった自分は、誰にも笑顔で話しかける優等生だったらしい。



とにかく今も昔も俺には敵が多い、俺の人生を潰そうとする輩が存在する。



そいつらは悪なんだろうけど、そいつらなりに事情もあるみたいだから。



幽霊になった俺がどんな能力を持ってるのか謎だけど。



スリルとロマンに満ちた人生だなあ、人生に退屈なんてないよ。



他人から見たらクソみたいな落伍者の人生だけどね。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年10月26日 23時32分
生還率
 
病気になって治療して、無事に社会に復帰するには。



どれくらいの年月が必要なのだろうか?



もう2か月間、就労継続B型を休み続けています。



真面目に勤続する気が起らない。



ほんの少し我慢するだけでいいのに、できない。



就労へ行かないから、朝寝続けて、午後3時半くらいまで眠り続けます。



就労を休んだ日はデイケアへも行きません。自分の中のルールです。



何にも成長できていない。



毎日の糧にために働き、一日の疲れが心地よいのに。



ブログにも書くことがなくなったなあ・・・



でもブログ閉鎖するなんて嫌だから・・・









カネで買えないものはいくらでもある。



生命の安全や病気にかからない健康や。



犯罪に巻き込まれない安全や事故を起こさない安全。



働いて収入を得て社会生活をする保障。



素晴らしい友人や温かい家族や、かけがえのない愛する人。



カネをかけて格好をつけてみても。



誰にもエゴは見せたくない、人間の醜さを。



堅実な人でありたい、誠実でありたい。



繰り返す日常の中で、守り続ける理想は。



平凡の中では色褪せてしまう。



心の奥底から安心したい、ささくれだった胸のトゲの一つ一つに。



混乱の時代も、平穏の時代も、生きているのはあなただから。
[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年10月13日 18時19分
いじめは卑怯な人間のすること
 
子供の頃でしたかな。中学生の頃。



クラスの女子と男子4,5人で新任の副担任の男性教師のことを。



「あいつ生意気だ、いじめてやろう」と言って策略をしていました。



その副担任の授業中に、ひとりが筆入れを落としたら一斉に周りの皆が筆入れを落とそうという計画。



自分は聴いているだけで何も口出ししませんでした。



「おいおいそりゃ卑怯者のすることだろう・・・」と言いたかった。



計画通りにいじめは実行されました。すぐに先生が異常に気付き。



「いまわざと物を落としたものは立ちなさい!!」と怒りました。



自分の周りの席にいる男女が全員立ちました。



自分の正義感が許しませんでした。結託して少数の人間をいじめるなんて卑怯な人間のすることだ。



命令されたって自分はしないだろう。



いじめは人間の持つ醜い部分の一つです。誰にも見せたくはありません。



舛添前東京都知事を皆で団結して辞めさせたのもいじめです。マスコミが先導します。


もう今は病気で亡くなってしまったけれど、小さいころから学校でいじめられていた女子がいました。



自分たちの小学校の村の同学年は団結力があると、中学で有名だったけど。



団結して悪いこともしました。いじめです。だから自分はその団結の中へ入らなかった。



仲間はずれを作って村の団結力を強めるというのなら、自分はどこまでも反抗します。



だから子供の時の通信簿には必ず、協調性がないと書かれました。



何回も上履きや下ばきや教科書を隠されたりしたけど、別に悔しくなんかなかった。



ただ、自分がされて困ることは人にしちゃいけないってことはわかっていた。



そうそう、小学校1年生の時にテレビドラマの「われら青春!」を毎週見てひとりで感動して号泣していました。



高校生活はこんなにも熱くて素敵なものなのか。と勝手に想像していた。



ところが実際の高校は、無気力で無関心で青春とはとても呼べないつまんないものだった。



ツッパリの同級生にノートに死ねとかバカとかマジックで書かれたけど、器のちっちゃな奴だなくらいにしか感じなかった。



[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年9月14日 10時34分
ひとりで食べるご飯は
うちの家族はみな仲が悪い。



俺が考えるに、その原因は、一緒に食事をしないからだと思う。



みんな別々に、一人でご飯を食べる。うちの家系は挨拶をしない。ただいまもお帰りも言わない、無言だ。



子供のころから両親は共働きで忙しく、母親が作ってくれる晩御飯のおかずは、目玉焼きかマルシンハンバーグ、もしくは赤いウィンナー一品のみ。



幼いころからいつも一人でご飯を食べていた、50歳になった今でも一人で食べる。



ろくにおかずというものを知らないから、小学校の給食が食べられなかった。全部の給食が未体験の味だった。



幼稚園児の時、フリカケのおかかを初めて自分で食べて茶碗三杯食べた、「こんなにおいしいものをなんでお母さんは食べさせてくれないんだろう」と思った。



昔は給食を食べれない子供は、昼休みも食べ終わるまで遊ばせてもらえなかった。



昼休み。グラウンドで遊ぶ児童の声を聴きながら給食とにらめっこ。



小学生の時は、お昼休み遊んだ記憶があまりない。昼休みが終わって掃除の時間になると、残した給食をもって給食のおばさんにあやまりに行く。



自分なりに給食ぐらい完食せねば駄目だと思い、小学6年生から無理してそしゃくしまくって食べるようになった。



すぐに肥満体になった。中学生になり、いただきますと食べ始めてから食べ終わるのが一番最後だった。



クラスの皆は、ぺちゃくちゃしゃべりながら食べているのに、自分は黙って一生懸命噛んで食べているのに、なんでこんなに食べる時間に差があるんだろうと思った。



今でも家族で一緒に食べなければだめだと考える。



でも家族はみな一緒に食べるのは嫌だと言うから、独りで寂しく食べる。



だからうちの家庭には会話がない。



自分が家庭を持ったら、こんな寂しい想いはしないのにな・・・



チョンガー(男の独身)のひとりごとでした。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸T さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1064)
紙に描いたイラストBOX (21)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (77)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (72)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (234)
コラム+エッセイ (32)
独白 (13)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (53)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (124)
アカシックレコード記憶庫 (150)
個人的な恋愛話 (7)
スピリチュアル (57)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (19)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 161182
今日のアクセス: 84
昨日のアクセス: 136
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved