ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2017年8月10日 18時46分
オペレーション・リヴァイアサン
人は愛するために産まれて来る

だから人は何かを愛さずには居られない

自分の心を捉えて離さないものを 価値あるものだと思う

形あるものはいつか失くなってしまう

肉体を持つ人の命もいつか亡くなってしまう

内包されているタマシイは いつまでも生きて

何度でも 生を挑戦させてもらう

この壮大な宇宙次元の夢は 

見果てぬ夢

それは 神々たち宇宙意識の 無言の愛

愛は普遍愛

いつの世も 人は流されてしまう

人は試される生き物だから

遙かな過去に交わした約束を 胸に秘めた唯一の希望にして

愛と自由のために戦う人のタマシイは 

困難の暗黒時代を乗り越えて 愛の花の芽を

枯渇した砂漠に植える

人の夢は受け継がれる 

人は必ず死ぬが スピリッツは死ぬことはないだろう

希望の鐘が鳴り響く夜明けの空に

人は誰もが産まれ変わる

さあこの無限に近い障害を乗り越えなさい

神は決して語ることはしないが いつも人を見守って居てくれる

自分の力で成し遂げよ この人の種の「オペレーション」を

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年8月6日 21時42分
浜の松風
 
くやしかった。

今から24年前の1993年。私は25歳で、まだまだ病気に苦しんでいた。

病院から処方された精神安定剤も服用せずに。

30歳くらい年上の同じ精神病患者のおっさんの弟子をやっていた。

彼は言葉巧みに私に近づいてきて、神の名を語った。

私は見事に騙された。

計100万円くらい貢いだ。

彼に命令されて、世界救世教という新興宗教へ入信した。

うさんくさい宗教だった。

世界を救済するわけでもなく、自分達だけ幸せに成れば良いという、優越感に浸る教え。

「手かざし」と言って、手の平をかざして病気を治療する。

無農薬栽培を実践して採れた作物を売店で売っていた。

その宗教の歌集の中にある一句が臭い。

「愛を説き、慈悲を諭すとて」

「行いの伴わざれば、浜の松風」

読んだ瞬間、自分の事を言っていると直感した。

浜の松風とは浜松の風。

自分が過去に愛と慈悲を世界に伝えようとしたが。

無名の一般国民の精神病患者の私語でしかなかった。

プライバシーの発言を公の発言と混同して世間は捉え。

マスコミに盗撮されてさらし者に成り、ボロクソに扱われた。

心は傷だらけになり、トラウマとなった。

それでも世の中の人間は苛め抜いた。

その句を声を出して読みながら、屈辱に耐えた。

自分がまるで、恥部を扱うかのように視られている。

くやしくてたまらない。

何万円も入信料を払い、毎日のようにお布施をもって浜松支部へ通った。

それでも支部の事務員は冷たかった。

「光が多すぎるのも考え物だねえ!!」

「ぎゃあっははははっは!!」

これも自分の事を言われているとすぐに判った。

自分の宗教の信者を笑いものにしているんだ。

少なくとも善ではないと確信した。

歌集の中の他の一句に。

「断崖絶壁の崖の前に、天へつながる階段がかかる」

みたいなことが書いてあった。

自分はそれは幻だと思った。

とにかくこの世界救世教という新興宗教はただの金儲けで。

決して救われる事はないと思った。

死ぬまでその宗教に悪用されると思った。

すぐに3か月ぐらいでメダルを返納して脱会した。

世界救世教の教祖、故・岡田茂吉は生前、神を自由自在に操れると言われていた。

光の力と言って手かざしのハンドパワーであらゆる病を治すと言う。

しかしうさんくさい。

西洋医学を否定して東洋医学を推奨していた。

自分の霊感が言う。

教祖の力は悪魔の力だ、ハンドパワーは毒だ。

毒を患部に照射して、膿を出して治す。

全てはまやかしだ、という結論が出た。

信者だったとき。寝ながら手の平を耳へあてて耳の病気(サトラレ)を治そうとした。

結果は余計サトラレがひどくなった。苦しんだ。

自分が今生きている事が奇跡だと言う入院患者のおじいさんが居る。

キリストの奇跡と同じだと言う。

そんなバカな。

確かに過去に自分がいじめられたのは。

世間の人間が、どうせ私がすぐに死ぬからいいだろうと考えて非合法を行った。

それが結局は、最後まで生き残った。

年月が経つにつれてやっと、人権侵害フォーカスはいけない事だと解り始めた。

赤の他人が見ればどうでも良い話が、当の本人には死活問題。

それでも何とか今を生きている。

波瀾万丈と言えばそうだが。

憎しみも悲しみも乗り越えなければいけない。

それが誰も考えつかない先駆的な思想であっても。

困難を苦としない根性はある。

[カテゴリ:タブー] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年8月3日 6時46分
恐怖と安心
 
今朝早く起きて、お弁当を作ってから出かけるまでの間くつろいでいる。

スマホのユーチューブ動画を落として観ていると(聴いていると)

永年忘れていた安心が心にやって来た。それは安らぎ。

20歳、成人してから恐怖に戦慄して永い間、心は緊張していた。

怖いと感じるのは自分の心だ。誰かの心じゃない。

永い間の苦の後にやがて楽が訪れるように。

恐怖のトンネルを抜けると、開放的な安心感が来る。

この宇宙の旅は、輪廻転生の旅。

転生を繰り返してこの地球での罪を清める生を過ごす。

昴(すばる)プレアデス星団。

誰もが胸に秘めたあの星に産まれ変わりたい。

覚えているのに思い出せないペナルティの試練を超えて。

この地球に産まれ落ちた時の深い悲しみを忘れないから。

「私は産まれる前に、罪を犯しました」

ものごころついた時に感じる記憶。

二度と過ちは繰り返さないと誓った約束。

思い出すには、克服しなければいけない試練の数。

繋がっていない脳回路。

脳神経回路シナプスがバイパスで繋がるまで。

人類が宇宙に進出しなくても、使われていない脳を開花させる日。

心がおざなりにされるこの地球世界で。

見た目に囚われてしまう物質世界、心眼で見る安らぎ。

[カテゴリ:スピリチュアル] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年7月29日 20時32分
キズを知る
 
心は傷ついて痛みを知る

覚えた傷は人の痛みを理解する

くじけそうなくらい辛い時がある

その度に まっすぐに生きたいと強く願う


汚れない魂など無い

現実が汚れを繰り返す場なら

清く透明で居続けることは 

奇跡

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年7月28日 5時7分
果たして・・・
自分に出来るだろうか?

最近、離れていたマンガ購読をし始めた。

スマホで読むと老眼だから見えない!

紙の本を買って読む。

漫画喫茶へは行かない、人目が怖いから。

映画館は「ガンダムF91」を観た1991年から行っていない。

中学生の頃はレンタルビデオが無い時代だったから。

学生料金で映画館で100作品くらい映画を観まくった。

今では、アニメや映画はDVDレンタルをしないから、基本的に中古を買って観る。

であるからあまり沢山は観れない。

寝ている時の夢で見るんだよ。

レンタルDVDを延滞して何千円も延滞料金を払ってる夢を。

だから今では怖くてレンタル出来ない。

音楽もダウンロードせずに全部CDを買って聴く。


話を漫画へ戻しますね。

漫画家志望の友人に。

地元の浜松や静岡出身の漫画家の漫画を読むように勧められているけど。

自分は県民性マニアではないから、その人が生まれ育った風土には興味はない。

ここの土地に産まれた人はこんな作品を作る傾向にあるだとか。

統計データを取って枠に当てはめる考え方も好きではない。

アニメや映画は大勢で創り上げるエンターテイメントだけど。

漫画は少人数で描き上げる家内制工業だ。

果たして自分にも・・・

自分にも一丁前の漫画が描けるのだろうか?

子供の頃は怖いもの知らずだったから、ネームも切らずに原稿を描けたが。

いま、40年ぶりに漫画を描こうとすると。

描きあぐねてしまう。

自分には出来ないと思うと、出来るものも出来なくなってしまう。

出来ると思えば、出来ないものも出来てしまう。

想いは具現化される。

イラストや小説ならいくらでも書けると言っても、素人レベル。

玄人の仕事がしたい。

そのためには勉強と修練と経験を積まないと。

やる前から躊躇している理由は何だろう?

果たして・・・
[カテゴリ:紙に描いたイラストBOX] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年7月24日 17時43分
取り戻せ、エバーブルー
 
自作SF小説「コードLP」第67話。

第二部22話です。
[続きを読む]
[カテゴリ:コードLP(SF小説)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年7月23日 19時47分
うつ伏せに寝る
今日の昼間、24年ぶりにうつ伏せで寝た。
今までうつ伏せに寝る事が出来なかった。
25歳の時に梱包業の仕事をして、重い商品(約60キロ)を何百個も運んでいたら。
背中の筋肉の筋が切れてしまった。
整形外科でMRI検査しても異常が判らないと言うし。
毎日仕事が終わってから麻酔の筋肉注射5・6本打った。計100本くらい打った。痛すぎて死ぬどころじゃなくて、どうしようもなかった。寝たきりくらいの痛みだったのに、無理して活動した。
背中が痛すぎるそのせいで、うつ伏せに寝る事が出来なくなっていた。もう20年くらい仕事を辞めて、養成していたから。背中が回復してきて。
今日やっと、うつ伏せに寝る事に成功した。
子供の頃はいつもうつ伏せに寝るくらい、うつ伏せの寝方が好きだった。うつ伏せだと安心するんだ。次に好きなのは横向きの丸まったケモノの格好。
[カテゴリ:紙に描いたイラストBOX] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2017年7月21日 23時3分
風鈴
 
「風鈴の」

「音色の記憶」

「遠い夢」
[カテゴリ:俳句・川柳・短歌] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
のり弁大盛り さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
カテゴリ区分け
全て (847)
紙に描いたイラストBOX (18)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (59)
俳句・川柳・短歌 (3)
コードLP(SF小説) (68)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (4)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (27)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
ショート小説 (5)
コメント (190)
コラム+エッセイ (3)
独白 (10)
ジャーナリズム (25)
人間力の育てかた (33)
精神疾患 (22)
内宇宙の信仰心(無宗教) (98)
アカシックレコード記憶庫 (115)
個人的な恋愛話 (6)
スピリチュアル (46)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (17)
人類学 (2)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 108051
今日のアクセス: 96
昨日のアクセス: 225
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved