ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年6月2日 6時43分
神秘体験
 
17歳の少年の頃、発狂して精神科病棟に入院しているとき。
記憶がなかった、最初の2,3週間。
それでもちゃんと起きて活動していた。
実姉がお見舞いに来て、一緒に卓球をしているときに意識が戻った。
ひどく不思議だった。
看護実習生が皆「ねえ○○君、私のこと覚えてる?」と聴いてくるが。
「あんたなんか知らないよ」と言う自分、がっかりする看護実習生。
聴くところによると、記憶がなかった時の自分は、大変元気がよく積極的で、いつも笑顔だったという。
その頃の自分はメガネっ子でおかっぱ頭のかわいらしい少年だった。
あんまりかわいいんで看護学校で噂になっていたと言う。
日曜日に知らない看護実習生の女の子ひとりが自分のベッドまで来て。
「今日学校休みだけど遊びに来ちゃった」と言う。
自分は病気が苦しくて相手が出来ないので、布団をかぶって寝ていたら椅子に座り漫画を読んでいた、一時間くらいしたら居なくなっていた。
毎日病気が苦しくて暗い顔をしていたら。
担当だった実習生の女の子が別れ際に「○○君は笑顔が一番似合うよ」と言っていた。
ああ、意識がない時の自分は明るい元気な男の子だったんだな。
不思議なことは、その意識がない時の自分は誰か?ということ。
どうやら中身はその当時の年齢の自分ではないようだ。
とすると、遥か未来の自分が自分を助けにやって来たのかもしれない。
もしかすると死んだ後なのかも・・・幽霊は時間を旅することが出来ると言うし。
ヘルパーさんが「オルガンを弾いてみて」と言うが「弾けない」と言う自分。
「あんた弾けたじゃない」と言うヘルパーさん。
思い出すと確かにオルガンを弾いていた記憶がある。その自分を横の空間から見ている本当の自分が居る。
自分の人生には、こんな不思議な出来事がいくつもある。
スピリチュアルな人生、険しい道だが・・・
過酷な人生はいつまでも退屈なんてしない。
人から見ればバカみたいな人生でも、自分から見れば全力を懸けるだけの価値がある。
ああそうだ、最初保護室にいたとき、悪霊が居た。その数時間だけは意識が戻っていた。
昼間で日が差し込んで部屋の中は明るいのに、悪霊が居る所だけ漆黒の闇になっている。
保護室は外から鍵をかけて出られないようになっているので。
叫ぶことも出来ず逃げることも出来ず、黙って怯えていた。
出来ることと言えば、気が付かないフリをするだけ。
「お前今素直に寝ようとしただろう」と言う悪霊。恐怖に戦慄していた。
普通、保護室の住人が変わる際、壁の落書きを消すためにペンキ屋を入れるそうだが。
その時の保護室は、部屋中の壁に黒色マジックで恨みつらみの呪いの文言が書きなぐられていた。
空いているベッドが無いから急きょ自分を入れたそうだ。
汚い便所の壁に呪いのワラ人形の絵が描かれていた、その絵に悪霊が憑いていたみたいだ。
解ったことは、あまりに強い怨念を抱くと、悪霊を呼び寄せてしまうこと。
[カテゴリ:精神疾患] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年6月2日 1時12分
傷つくだけ
 
人権侵害と集団ストーカーのことについて、地元の静岡県警本部に電話して。



相談窓口につないてもらったら。



対応した婦人警官が、えらく最初から攻撃的に攻めてくる。



相手がすぐに逆上して、先へ進まない要件など相手にしないから電話切るとまで荒っぽい口調で言うから。



「警察は弱者の味方じゃないんですね」と言うと。



「それは曲解です!」と絶叫する。



こいつと話してもラチがあかんわと感じてすぐに電話を切った。



昔から警察官と話をしてきたけど。警官は男も女もガラが悪い。



職業上仕方がないとはいえ、もう少し穏やかになってもいいと思うんだけど。



警察と話をしても傷つくだけだ。何も進展はない。



家に空き巣が入ったから調べてくれと頼んでも、家に来てくれないし。



当時、買ったばかりのデジタルテレビのリモコンの電池のフタを壊された。



昔、4年前は、警察に電話すると偽物の警察につながった。



アドレスを盗用されて買い物されるのは犯罪じゃないとか、個人情報を盗む空き巣は犯罪じゃないとか。



不思議なことを言ってくる、「めんどくさいなあ」とまで言ったニセ警官もいた。



創価学会が集団ストーキングしているんだと思ったが、警察は創価の味方だから泣き寝入り。



集団ストーカーと警察を相手にしても、自分が傷つくだけだ。
[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月30日 14時3分
店員にあだ名を言われる。
 
午前中、内科へ受診した後に、ハード○フへ寄ってSEKAI NO OWARIの中古DVDを買い。
サー○ルKへ腹ごしらえに入る。
おにぎりコーナーの前に立っていると、真横のレジにいる女性店員二名がこちらを見て。

「まーぼーだら?あはははは!」

と自分のあだ名を言い笑う。
若い女性でも俺みたいなおやじに興味があるのかなあ・・・
これは喜んでいいのか、悲しむべきなのか?
自分が有名人だというのなら人気者だと思えばいいのかもしれないし。
人権侵害されてプライバシーがさらされているのならピエロの笑いものだし。
その場で問いただしたかったがやめて、すぐにサー○ルKサン○ス相談センターへ電話し苦情を言った。
対応をした窓口の男性は「不思議なことですねえ」と言うが。
世の中はオモテとウラで出来ているから、自分はウラのタブー扱い。
オモテウラのない自分がウラ扱いされているのは悔しい。
誰にでも長所と短所がある。
問題は、それが世間の人間の興味本位に触れなければいじめられることはない。
きっと自分のことを知っている赤の他人も、細かいことなんてどうでもいいんだろうな。
[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月26日 20時3分
オーティーズ(00年代)
 
00年代の呼び方が決まってないと言うから。



オーティーズと呼べばいいと思う。



簡単なことだよ。ゼロはオーとも言うし。



はい、それだけです。
[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月24日 17時47分
センチメンタルな夜の匂い
 
夜の匂い

ステキな孤独が訪れる

今夜はセンチメンタル

何度もうダメだと思っただろう

止まらない人生は こんな静けさも大切

このエアポケット空域で せつないセンチに浸る

あの人を奪われるのは

許せなくて 悔しくてたまらない

会えない夜は 夜行列車のよう 

いくつ夜空の星が 彼方へ過ぎ去ったのか

独りの夜は 孤独を抱いて眠る

夜は永い 朝が来るまでの ひとときの慰め


それでも時間は流れる

見つめ合う火花を ウインクでやり過ごす

足りない夜の記憶を キッスで埋める

恋い焦がれた瞬間は 誰にも奪えない


命は燃え尽きる

定めなら 切なさに胸を熱く焼き焦がす

誰もが産まれるために 炎に抱かれる

命は燃え尽きる
[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月21日 17時46分
すみません!俺、胸がときめいてるんです!
 
今日はデイケア行かずに昼まで寝ていた。
午後になってからドライブ、お決まりの浜名湖一周右回り。
マニュアルミッションをガチャガチャいじりながら軽自動車を走らせる。
車窓から見える景色は、自分を癒してくれる。最近怖くなくなってきた運転席の窓全開は、いろんな情報が入ってくる。
空気の匂いや草木の匂いや排気ガスの匂い、歩行者の話し声や走行音に道路の状況。
午後の傾いた日差しが好きだなあ・・・
ああ、俺は幸せだなあ・・・生きているだけで幸せだ。なんにも要らない、今あるすべてが幸せだ。
死ぬほど欲しがった、ありふれた日常がやってきた。
「ウエルカム!ありふれた日常!会いたかったよ!」
あとどれくらい生きられるのか知らないけれど、生を謳歌している。
晩御飯の晩酌も楽しみ、安い酒を飲みながら食事をすると至福の時だ。
日常に愛が住んでいる、ほんの些細な幸せだから愛と気づかないが、そこには確かに愛がいる。
メディアは今日も垂れ流しで、コメンテーターが好き勝手なことをほざいているが。
愛が世界を変えるんだから、愛を信じるしかないだろう。
遇者も善者もわけ隔てなく愛してくださる普遍なる愛にひざまずくしかない。
なんか重くなったね、もっと軽く気軽に愛を語ることができればいいのに。
う〜ん・・・ニョロニョロ・・・うみゃ

すみません!俺、胸がときめいてるんです!

[カテゴリ:コメント] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月18日 23時0分
気づきを得るということ
 
毎日が発見の連続なんだと思うよ。



この世界に生まれ落ちて、いろんな人の愛情を受けて育ってゆく。



あなたにとってかけがえのないものはなに?



好きな人?好きなもの?好きななにか?



みんな居なくなってしまう、通り過ぎるだけの街角で。



廃墟の中でたたずんで、おどけて見せるあなたを抱きしめるには。



傷を癒すことも出来ないけれど。



誰にでもある青春に、はじめましてと言おう。



今日あなたと私は初めて出会いました。でもなんだか、懐かしいのです。



この不思議な気持ちの正体はいったい何なのでしょう?



科学じゃ解明できない超常現象も、神秘現象も、すべてはうたかたの夢マボロシなのでしょうね。



短い人間の一生のすべてを使っても、愛の答えを見抜くことは出来ないとしても。



切ない風に吹かれて、せめて人間らしく今を生きよう。



笑いあい、助け合い、分け合う暮らしが出来るなら。
[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2018年5月18日 20時45分
戒める自分
 
自分は自分に厳しすぎる。



自分を律する人生に疲れる。



誰かに負けてもいい、逃げてもいい。



弱い自分が許せない。



自分の正義に反する自分が許せない。



思いやりを人徳として生きてきたけれど、目に見える世界では何も持たない無職のおやじだ。



精神世界の素晴らしさを体感してきた、でもそれをうまく伝えられない。



いまだ才能は開花せず。



浮世に染まって常識に縛られる人を変えたいと思った。



人を変えたいと思うのは欺瞞かな?



そんな無駄な努力をするよりも自分を変えろと言う。



自分が変われば周りの人も変わる。鏡のように。



自分改造をする。何かから変えてゆくんだ、ひげを剃る順番だとか。



向精神薬を服用するようになって、感情の高揚がなくなった。



いつも穏やかな気持ちで過ぎ去る景色を見つめてしまう。



若い頃と比べて、ひどく刹那を感じるようになった。



毎日繰り返すだけの日常の中で、確実に死へ近づいている。



だからすべてが切なくて悲しく感じるのだろうね。



どんなに物を買っても、自分のものにはならない。



死ぬときは魂一つだから。



人前では、明るく笑い飛ばす自分がいる。



昨日の涙を忘れたいかのように。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸T さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1064)
紙に描いたイラストBOX (21)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (77)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (72)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (234)
コラム+エッセイ (32)
独白 (13)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (53)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (124)
アカシックレコード記憶庫 (150)
個人的な恋愛話 (7)
スピリチュアル (57)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (19)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 161116
今日のアクセス: 18
昨日のアクセス: 136
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved