ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年2月9日 18時20分
負けてあげること
 
自分の場合は、誰かと言い争いになったとき、必ず自分から謝る。



「ごめんなさい」と言うんだ。



すると相手の機嫌がよくなり、円満に話は解決する。



自分から頭を下げるのは、本当に負けることじゃない。



どちらも強気に相手を責める口喧嘩は、どちらかが折れるまでやまない。



自ら一歩後ろに下がることで、後に引けなくなった相手をヨイショしてあげる。



それは熱くなって我を見失っている状況で、冷静さを失わないこと。



この世に生きている人の半分以上が、プライドが高くて負けず嫌いなら、



自分のほうから素直に謝る器の大きさが運を二分する。



警察官とよく言い争いになった。



その時はいつも自分から謝った。それで修羅場をかいくぐってきた。



警察官は自分から謝ることが出来ない、プライドが高い職業。



ガラが悪いんだよ、職業上。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月8日 21時49分
似顔絵
[続きを読む]
[カテゴリ:紙に描いたイラストBOX] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月8日 20時7分
ときめくんだよぅ・・・
なんでこんなにときめくんだ?



胸がわくわくして切なくてたまらない。



大切なのは今なんだ、過去も未来も自分の手の中にあるから。



若い頃ほどの感受性はないけど、ときめきは衰えない。



他の人はどうなんだろうか?



ムカつくとかウザいとか言って無責任ぶっていても。



心のどこかでは優しさに気づいているはずだよ。



自分自身の中に息づいている優しさに。

[カテゴリ:コラム+エッセイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月7日 17時11分
愛を語ってドン引きされても
 
愛なんて語るもんじゃない、と言う人がいるけど。



少なくとも自分は語りまくりたい。



愛を語ってドン引きされるかもしれないけど。



照れくさい言葉や歯が浮くような臭いセリフも、文章ならすらすらと書ける。



自分の日常のことばかり語るよりも、見えない世界のお話しがしたい。



私たち宇宙は波動だ。カタチの中に入って、カタチの中で生きている。



目に見える世界のことばかり語るメディア。



こころは見えない・・・



死んであの世に逝くとき、魂は見えない。



どんなに稼いで財産を増やしても、どんな栄光をつかんでも、あの世には持ってゆけない。



産まれてくるとき、死んで逝くとき、人は等しく何も持たない。

[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月5日 19時53分
ステキな孤独
夜の匂い、ステキな孤独が訪れる。

甘酸っぱいときめきに守られて、夢を見る。

今夜も星が降る。



ため息と切なさが、些細な日常を覆い隠す。



孤独なんて言ってないで、あなたと一緒に笑いたい。



同じ空を見上げて同じ空気を吸って、瞳を交わしたい。



きれいごとばかり言っても、こころはきれいにはならない。



澱んだ下水道のように、汚臭にまみれて。



何を掲げて何を説くのだろう。



苦しい夜をいくつも超えて、あなたは此処へやってきた。



遠い記憶の中で、かすかに思い出せるのなら。



少しでも懐かしいと思えるのなら、愛しい思い出を再び。



今日の糧のために、罪を犯し続ける私たち。



せめて幸せになってと叫ぶ、いつ終わるかもしれない世界で。



希望はチカラになる。



建て前やうわっつらな言葉なんてどうだっていいよ。



ホンキでいたい、器用が不器用を見下す世間の中で。



あなたの本当の声が聴きたい。



長いものに巻かれろ、右に習えの社会の中で。

[カテゴリ:詩] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月4日 18時23分
ときめかないのだろうか?
[続きを読む]
[カテゴリ:人間力の育てかた] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年2月3日 12時42分
魂が叫ばないんだろうか?
 
なんでこんなに胸がときめくんだよ。



なんでこんなに魂が叫ぶんだよ。



誰も何とも思わないんだろうか?



繰り返し胸を叩きつける情熱の嵐。



クールな見た目を装って、熱い想いを内に秘める。



それは二面性。



情熱と冷静さ。合理的と義理人情。火と水。



聴こえない叫び声は見えない波動となって天空を駆け巡る。



天の龍が喜んでくれるように。



甘酸っぱいときめきに守られて、俺は今も生きてる。



いい年になったおっさんでも、いい年こいて無職の何も持たないチョンガー(男の独身者)でも。



世間では、今日も流行り廃りに一喜一憂しているけど。



見つけたいもの、確かめたいものがあるんだ。



人の世に生きて、何も知らずに死んで逝くのは寂しい。



変わらないものはないと言われる世界で、永遠に変わらないものを見つける。



それが人生のテーマだ。



まだこの道を歩く人は少ない。先駆の道。



利己的で打算的な価値観に呑まれる一般常識。



利他的な愛情を世界に広めるにはどうすればいい?



強いものが優しくないこの世界で。
[カテゴリ:内宇宙の信仰心(無宗教)] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2019年1月29日 21時2分
世界はバラバラだけど
 
世界中、みんな自分勝手に生きているかもしれないけれど。



いつの日にか、誰もが笑顔で手をつなぐ日が来る。



みんな仲良く笑って暮らせる日が来る。



悲しい過去なんて捨て去って。



二度と同じ過ちは繰り返さないって、誰もが約束したんだから。



些細なことで怒らないで。



くだらないことで目くじら立てないで。



もっとおおらかに、おおきな心で笑って許そう。



世界はバラバラだけど。



人類の血液は、一番底辺で繋がっているんだ。



暴動や空気を読む行為は、その証拠。



みんなの笑顔が見たいから。



仲間はずれなんていない、愛と慈悲に満ちた世界で。



産まれてきた喜びに、うれし涙を流して、あなたが駆け寄ってくる。



夢は終わらない。



どんなに心無い人に笑われようとも。



[カテゴリ:アカシックレコード記憶庫] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の8件
くる天
ブログ紹介
人間力を育てよう!-ブロくる
新村正幸T さん
人間力を育てよう!
地域:静岡県
性別:男性
ジャンル:お絵描き お絵かき
ブログの説明:
人が社会で一番最後に信用されるのは、
才能でも能力でもなく人間力です。
愛をもって誠を貫かんとすれば、
あまたの障害が立ちはだかります。
おもしろいではないですか。
自己紹介
統合失調症の中二病。 平和が好きで争いが嫌いなアカシックレコード接続者。 愛と勇気を信じる時代遅れのおっさんのエゴを聴いてください。
カテゴリ区分け
全て (1064)
紙に描いたイラストBOX (21)
お絵かきCG (20)
お絵描きCGBOX (7)
詩 (77)
俳句・川柳・短歌 (4)
コードLP(SF小説) (72)
彗星のターマック(コードLPスピンオフ) (1)
オートマチック・ガールズライフル(小説) (36)
ガールズライフル2(小説) (2)
サンチャイルド(戦記小説) (10)
女神大陸(小説) (5)
ウラ・オモテヤナ猫(コント小説) (28)
平和完遂軍/ピンフエージェント(コント小説) (2)
チュイナ・メルトダウン〜華世界〜(小説) (1)
ショート小説 (7)
コメント (234)
コラム+エッセイ (32)
独白 (13)
ジャーナリズム (29)
人間力の育てかた (53)
精神疾患 (24)
内宇宙の信仰心(無宗教) (124)
アカシックレコード記憶庫 (150)
個人的な恋愛話 (7)
スピリチュアル (57)
都市伝説 (3)
集団ストーカーへの苦情 (4)
軍事評論(戦争と平和) (19)
人類学 (6)
自作作品について (3)
タブー (2)
お気に召したら押してね!
web拍手 by FC2
ブロくるアクセス数
総アクセス数: 161116
今日のアクセス: 18
昨日のアクセス: 136
FC2カウンタ

現在の閲覧者数:
お願い私を押して!
ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ ニューエイジへ
携帯はこちらからどうぞ
にほんブログ村 ニューエイジ 携帯はこちらからどうぞ
人気ブログランキングへ
くる天ランキング

携帯の方はこちらからどうぞ
くる天 人気ブログランキング
RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
フリースペース
皆さんへの応援歌のつもりがいつの間にか毎日の愚痴ばかりになっています。 酷くみじめで哀れな心の病に苦しんでいる自分を見てください。 ありのままの自分をさらけ出すことには成功しています。
ブログサークル
フリースペース
タブーにされたんだからタブーな事も書きます。 ダメな方はスルーしてください。
フリースペース


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved