ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2019年11月9日 7時32分
Melotti Racing全製品取り扱いしております
 
 日本ではまだマイナーかもしれませんが、当店では「Melotti Racing」の全製品を取り扱いしております。
 なかなか在庫はできませんが、お取り寄せいたしますので、購入をご希望の方はご連絡くださいませ。

 さて、当店の街乗り用デモ車のアプリリアRS125に、Melotti Racingのレースレプリカ・トップブリッジを取り付けした際の動画です。



 素人ということをご理解いただけますなら、取り付けも行います。

 RS125の他に、RS250用もございます。
 RS125の場合は、別途ハンドルバーのご用意が必要となります。
 動画では、Melotti Racingのハンドルバーを取り付けしておりますが、当店のレーススペックデモ車では、ACCOSSATOのハンドルバーを取り付けしております。

 興味のある方はご相談ください。
 
 

[カテゴリ:パーツ・用品購入] [コメント (0)]




2019年11月5日 22時40分
PQ アプリリアRS125用オイルポンプブランクプレート 製作
 
 エンドミルを手配していたり、工程を悩んでいたりでご依頼品が滞っている状態で申し訳ございません。

 今日は街乗り用のアプリリアRS125用にオイルポンプを撤去した後の蓋を製作しました。
 街乗り用で混合仕様?と思われるかもしれませんが、前オーナーがサーキット走行もするため混合仕様になっていたものです。
 私自身が乗る場合、給油を要するほど長い距離を乗ることは想定はしてませんので、そのまま混合仕様で乗ることにしました。

 という訳で、動画です。



 A2017アルミ板をフライス盤で円形に切削し、旋盤で加工、再度フライス盤で加工という流れです。
 ベアリングを仕込むため旋盤を利用しましたが、ベアリングを仕込まない場合はフライス盤のみでも製作できると思います。
 ベアリングは軽圧入で取り付けするつもりが失敗したため、ベアリング固定用接着時を使用しています。

 この程度のものでよろしければ製作承ります。 
 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年11月3日 15時45分
アプリリアRS125 イリサート挿入加工
 
 普通の、と言っていいのかどうかはわかりませんが、普通のオートバイのステップブラケットは、ボルトで固定されています。
 外すにはボルトを緩めて抜き、取り付けするにはボルトを締めます。

 ところが、アプリリアRS125は、コストダウンのためなのでしょうか、ステップブラケットの固定にはボルトとナットを使用しています。
 つまり、外すにはボルトを回らないようにし、ナットを緩めます(あるいはその逆)。
 とても面倒です。
 ナットを使用しているがゆえに、工具を2つ使用することになりますし、外す際にはナットを落としてしまったり、ボルトだけの車種と比べると明らかに面倒です。

 ということで、フレームのステップブラケット部分に、イリサートを挿入した、という動画を作ってみました。



 M8xP1.25のイリサートを挿入するには、M10xP1.00のタップを立てなくてはなりませんが、フレームの取り付け部分の穴は直径9mmとジャストサイズになっています。
 タップを垂直に立てるため、簡単な治具を作って、タップを立て、イリサートを挿入した、という内容の動画です。

 ポチクォリティでもよろしければ、加工を承ります。

 
 
[カテゴリ:apriliaRS125] [コメント (0)]




2019年10月28日 22時48分
マグ鍛造用64チタンボルト 製作
 滅多にご注文いただかないマグ鍛用64ボルトですが、なぜか立て続けにご注文をいただきました。
 製作にはどうしてもお時間をいただきます。
 ご了承ください。
 
 
 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2019年10月26日 21時29分
マグ鍛造用64チタンボルト 製作
 たま〜に製作依頼をいただくポチクォリティパーツですが、現在幾つかのバックオーダーをいただいておりまして、お時間をいただき大変申し訳ございません。

 今日発送させていただいたのは、マグ鍛用の64チタンボルトです。
 CNC旋盤とCNCフライス盤を使用し製作しているので、鼻くそをほじりながら機械任せで作っている、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかどうして、とても大変です。
 切削条件によってはチタンは燃えるんです。
 切子に火が付くととても怖いです(T_T)
 スローアウェイバイトも欠けます。
 エンドミルもへし折れます。
 1台分、6本のボルトを作るのに、どれだけの失敗作を作ることか。
 いやいや、お前がヘボいだけだ、と言われると言い訳できませんが、楽々作っているわけではないことをちょっとアピールしたくなる時もあったりします。
 
 

 
 

[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]





  次の5件
最近の記事
11/09 07:32 Melotti Racing全製品取り扱いしております
11/05 22:40 PQ アプリリアRS125用オイルポンプブランクプレート 製作
11/03 15:45 アプリリアRS125 イリサート挿入加工
10/28 22:48 マグ鍛造用64チタンボルト 製作
10/26 21:29 マグ鍛造用64チタンボルト 製作
10/25 06:30 Jollymoto ラストオーダー迫る
08/12 08:17 レンタルガレージ、はじめます
07/16 22:21 ブログ更新
07/14 07:24 持ち込みタイヤ交換 はじめます その2
07/06 10:39 アルミ削り出し部品 ワンオフ製作
最近のコメント
アルミ削り出し部品 ワンオフ製作(ポチ:)
アルミ削り出し部品 ワンオフ製作(いとう)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(ポチ:)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(ポチ)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(小栗)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(ポチ:)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(小栗)
CBR250RR(MC22)用ステップアップブラケット 製作(den)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(ポチ)
aprilia RS250 ミクニTMキャブレター用アルミチョークワイヤガイドホルダ 入荷(小栗)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved