ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2018年10月7日 15時4分
64チタン製ACCOSSATOレーシングクラッチレバーピン 製作
 ACCOSSATOのレーシングクラッチレバー用のレバーピンを64チタンで製作しました。

 ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、ACCOSSATOのレバーピンは、ピンの頭部分の形状がコインドライバーを使うようになっています。
 たとえて言うと、幅の広いマイナス、でしょうか?
 このマイナスの溝にちょうどいい幅のコインドライバーを探すのが面倒で(というか存在するのでしょうか?)、やむを得ず手持ちのコインドライバーを使うと、掛かりが浅く、マイナスをなめてしまいます。
 それが許せなくて、64チタンで製作してみました。
 コインドライバー用の幅広マイナス溝を止め、5mmの六角穴を掘りました。

 絶対こっちの方がいいと思います。

 製作を承りますので、興味のある方がご連絡ください。
 


[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2018年10月6日 17時55分
64チタン製マグ鍛用スプロケボルト 完成
 ご依頼品、 64チタン製のマグ鍛ホイール用のスプロケットボルトが完成しました。

 大変でしたけど、いろいろ勉強になりました。
 今後64チタン製のボルトを製作する際の糧になりそうです。

 ただ、六角穴を掘る工程は見直ししないとダメそうです。
 いまはエンドミルを使っていますが、エンドミルを3本も折ってしまいました。

 旧CNCフライス盤ではエンドミルが折れることはありませんでした。
 それが今のCNCフライス盤では同じ設定でも折れてしまうことで、心も折れそうになりました。
 結局送り速度を1/2以下にして回避することができたのですが、いままで折れなかったものがどうして折れるようになったのか考えてみると、もしかするとバックラッシュの違いが影響しているのではないかと思い当たりました。
 旧CNCはバックラッシュが大きく、作業中にその調整のためにマシンが止まります。実際にはステッピングモーターは回っているのですが、遊びの調整を行っている間はテーブルは止まります。ところがいまのCNCはボールねじを使用しているためか、バックラッシュの調整で止まるようなことがないので、いままでと同じ送り速度設定でも、エンドミルがワークに接触する際の速度が違うのです、たぶん。
 結果、6本の六角穴を掘ることができたので、今回の工程で作業はできなくありませんが、いつエンドミルが折れるのかひやひやしながらではちょっと精神衛生上よくありません。

 ということで、チタン用のロータリーブローチを用意するべきかどうか、悩んでしまいます。

 
 

[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2018年9月29日 23時19分
64チタン製マグ鍛用スプロケボルト 製作開始
 64チタン製のマグ鍛ホイール用のスプロケットボルト製作をご依頼いただいてすでに6か月以上が経過してしましました。
 遅くなり本当に申し訳ございません。
 本日より、製作に取り掛かりました。

 遅くなった言い訳その1。
 CNC旋盤に習熟していなかったため。
 特に、X軸の原点を設定するのが難しいです。
 アルミでは問題ないことでも、64チタンともなるとそうはいかないようです。
 当店の使用する卓上旋盤では剛性が不足しているのか、ゼロカットするとワークの寸法が変わってしまうため、微調整に難儀します。結果、狙った寸法になりません。

 遅くなった言い訳その2。
 ガレージにPCがなかった。
 家でCADで図面を作成し、CAMを使ってGコードを吐き出し、USBメモリに保存して、それをガレージのCNC旋盤orフライス盤に渡し切削する、というのが手順なのですが、Gコードに不具合があった場合や手直しが必要になった場合、いちいち家に帰らないとなりません。
 CNCを動作させるためのPCがあるだろうと指摘されるかもしれませんが、スキルもないくせにLinuxを選択したので、LinuxCNCの使い方が少しわかる程度以外に私にはほかに何できません。
 Mach3用のPCもなくはありませんが、大昔のPCなので、3DCADを動かすことは期待できません。
 よし、それではガレージ用PCを用意しよう!と中古PCを用意したのですが、今度はガレージまでwifiが届かないという有様。
 wifi接続環境下じゃないと動かないソフトがあるのですよ。
 大家さんちのwifiはガレージに届かず、wifiの中継器を用意しましたが全然中継できませんでした。
 これはもうwifiを諦めて有線LANで接続するしかないのか、と悩んでいたところでひらめきました。ガレージの中までwifiの電波が届きませんが、ガレージの外なら問題ないようなので、屋内用のwifiアダプターをUSB延長ケーブルを使用し、ガレージの外に設置したらどうだろうと試したみたところこれが大成功。
 屋内用のwifiアダプターを屋外で使うので、一応防水対策も施しておきましたが、まぁ壊れても消耗品と割り切るしかなさそうです。

 と、無駄な前置きが長くなってしまいましたが、数時間の時間を費やし製作したのが画像のボルトです。
 64チタン丸棒を切削し、ねじ切りを行い、突っ切った状態です。
 あと同じものを3本作り、それからすべてのボルトに六角穴を掘って、両端面の処理をしなくてはなりません。

 まだまだ遠い道のりです。

 もう少々お待ちください。
 
 
 


 
[カテゴリ:機械加工] [コメント (0)]




2018年9月24日 6時54分
TZR250(3MA)後方排気 zeeltronic プログラマブルCDI PDCI-11VT 入荷
 zeeltronic製プログラマブルCDI & YPVSコントローラー「PDCI-11VT」、入荷しました。
 マニア、上級者向けですが、純正CDIが貴重になってきている今、社外CDIも選択肢の一つとしてご検討いただけますと幸いです。

[カテゴリ:商品入荷] [コメント (0)]




2018年9月1日 18時15分
aprilia RS125 Jollymoto CORSA 0115 レーシングチャンバー 入荷
 お客様からのご依頼により、アプリリアRS125用、Jollymoto製、CORSA0115 レーシングチャンバーをお取り寄せさせていただきました。

 このチャンバー、アプリリアRS125用としては、最強チャンバーと言っても過言ではないでしょう・・・たぶん。
 ご存知の通り、私も使用しているチャンバーです。
 お世辞にも上手いとは言えない溶接(というかむしろ下手)、耐熱クリア塗装されていない錆びるチャンバーボディなど、ストリートユースにはオススメし辛いチャンバーですが、ご注文いただいたお客様はサーキット走行に使用されるとのことで、きっとこのチャンバーの性能に満足いただけることでしょう。
 サイレンサーについては、リプレイスすることを前提に、アルミサイレンサーをご選択いただいております。
 
 参考までに、今回はこのアルミサイレンサー付きチャンバーセットを73,300円でご提供させていただきました。

※もちろん、、いつでもこの価格でご提供できるわけではありません。
 当然のことながら、為替レート他要因により価格が前後してしまいますので。

 サーキットに行ってもアプリリアRS125に出会う機会がほとんど無い今日この頃、少しでもオーナーが増えることを願って、できる範囲で協力させていただきたいと考えております。
 
 
[カテゴリ:商品入荷] [コメント (0)]





  次の5件
最近の記事
10/07 15:04 64チタン製ACCOSSATOレーシングクラッチレバーピン 製作
10/06 17:55 64チタン製マグ鍛用スプロケボルト 完成
09/29 23:19 64チタン製マグ鍛用スプロケボルト 製作開始
09/24 06:54 TZR250(3MA)後方排気 zeeltronic プログラマブルCDI PDCI-11VT 入荷
09/01 18:15 aprilia RS125 Jollymoto CORSA 0115 レーシングチャンバー 入荷
08/19 19:29 aprilia RS125 ポチクォリティ オリジナル 38mmキャブ用インテークマニホールド
07/20 06:05 アプリリアRS250用カーボンフレームカバー 入荷
07/14 23:22 部品製作
06/05 22:39 アプリリアRS250 RGV250 排気バルブ アルミ製プーリー + スタンド 入荷
06/03 05:48 アプリリアRS250・RGV250ガンマ(VJ22A)用SPパワーバルブ 入荷
最近のコメント
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(ポチ:)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(キャラメル)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(ポチ:)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(キャラメル)
ワンオフパーツ製作依頼(ポチ:)
ワンオフパーツ製作依頼(Tocky3)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(ポチ:)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(丸山智良)
64チタンボルト 加工依頼(ポチ:)
NSR250R-SP フューエルタンク クイックリリースボルト 製作承ります(ポチ:)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved