ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
プーさん日記-ブロくる
プーさん さん
プーさん日記
地域:奈良県
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
ホッとするひと時を・・
カテゴリ
全て (27)
趣味 (7)
健康 (2)
仕事 (2)
いろいろ (2)
病気 (0)
生活 (9)
食べる事 (2)
アクセス数
総アクセス数: 5591
今日のアクセス: 2
昨日のアクセス: 3
RSS
最近のトラックバック
トラックバックはありません。
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
ブログ内検索

2017年10月17日 10時16分
コンビニが好きってことなんですよ
特に予定もなく、何もすることもなくて暇だなって時ありますよね。
忙しい時だったら色々頭が回るので、あれやろう、これしようとやることが浮かんでくるのですが、本当にボケーっとしてるときって何一つ頭に浮かんでこないんですよね。

寝る前や忙しくなったときに、あの暇なときにあれをしとけばよかったなって思うこともままあります。
それで暇で暇で、だからと言って人に会いに行ったりずっと家にこもっているのも嫌だなってとき、ふらっとコンビニに行っちゃうんですよね。
ちょっと小腹すいたときはよく行っちゃうんですよね。
家の近くにコンビニがあるのが一番の要因かもしれないですが、その時の気分によって違うコンビニにも行くので、要するに私はコンビニが好きなんだなと気が付きました。

同じ会社のコンビニでも、働いている人によってお店の雰囲気が違ったり、取り扱っている商品が違っているのでおのずとご贔屓する店が出てくるんですよね。
なので、例えばローソンだったら国道沿いのお店、セブンイレブンだったら駅の近くのお店、ファミリーマートだと学校の近くのお店って決まっています。
たまに気分転換で違う店舗に行くこともあるのですが、不思議と好きなお店は変わらないですね。
それで、最近私の気に入っている商品はローソンの宇治抹茶ラテです。コーヒーがあまり得意じゃないので、ためしに抹茶ラテを頼んだら予想よりも美味しかったです。

私はアイスよりもホットのほうが好きですね。
寒い日なんかに飲むとほっと心が休まるんですよね。程よい甘みと、お茶の香りで癒されます。
お茶のお供にクッキーを食べると、至福の時間です。
それと、ほかに好きなのはフルーツサンドも好きですね。フルーツサンドはどこのコンビニさんの物も好きです。
季節によって、入っているフルーツも違うし売ってない時期もあったりするのでお店で発見するとうれしいですね。
甘いクリームとフルーツが絡み合って、甘党の私にはたまらないです。特にイチゴが好きです。
他にコンビニでよく買うのはアイスですね。
特に私が好きなのはチョコミントアイスです。

ただ、チョコミントアイスって箱で売っているところはあるのですが、単品で売っているお店と売っていないお店があるんですよね。
仕入れの人がチョコミントが好きか嫌いかで決まっているんでしょうかね。
コンビニで働いたことがないのでわからないのですが。
なので、私は必ずチョコミントアイスを置いているお店をおさえていますよ。
そのお店はありがたいことに、チョコミントアイスを一種ならず2種類も置いてくれているんです。
なので、アイスを買わないときでもそのお店の売り上げに貢献すべく、足しげく通っております。
特に最近のお気に入りのチョコミントアイスはファミマに売っている「ぎっしり満足チョコミント」です。
このアイスは私好みなんですよ。
ミント感はやや強めで、何が一番いいかと申しますと、チョコがアクセントになっていていいんです。
チョコが固めというか、固まりも若干大きくてパリッとした歯ごたえを味わえるんですよね。
食べると満足感があって、美味しいです。
熱い日には食べたくなるアイスです。

コンビニって頻繁に新商品が出るので、いつ行っても目新しいものがあるので楽しいです。
これからの季節の楽しみは中華まんですね。
よく好んで食べるのはオーソドックスな肉まんですが、たまにあんまんが食べたくなったりピザまんが食べたくなるんですよね。
また、たまに珍しい中華まんも売っていますよね。チャレンジしてみようかなと思いつつも、ビビりな私はオーソドックスなものを選んじゃうんですよね。
たまには冒険でいつもなら選ばないものも敢えて偉ぶってことも、自分を広げるって意味で大事かもしれないですね。
  [トラックバック (0)]




2017年10月9日 10時11分
最近の歯医者さんは治療に無駄がない!
 
社会人になってから、歯医者さんにお世話になることはほとんどなかったのですが、結婚、出産を経て、子育てを始めると、思わぬところで歯医者さんのお世話になることがあります。
というのも、子供が食べていたキャンディを一粒もらっただけなのに歯医者さんのお世話になる羽目に陥ったからです…。

ことの起こりは、キャンディ。
といってもごく普通の硬いアメ…ではなく、いわゆるソフトキャンディ。子供が、「ママも一つ、どうぞ!」と笑顔でくれたので、ありがたくいただきました。
そして、なんのためらいもなく食べたら、そのソフトキャンディが歯にへばりつき、なんと詰め物とくっついてしまい、歯の詰め物が取れてしまったのです。

そこで、すぐに最寄りの三宮の歯医者さんへ電話。歯医者さんって予約制なので、すぐには診てもらえないんですよね。
なんとか予約いっぱいの中ゴリ押しで入れ込んでもらい、3日後、受診。

詰め物をすぐに歯科用のボンド(?)のようなものでくっつけてもらっておしまいです。
「はい。もういいですよ。お大事に。」と言われ、あんまりあっさり終わったので、「え、もう終わりですか?」と受付のお姉さんに、もう一度聞き直したくらいです。

昔、歯医者に行ったら、久しぶりだから念のためだとか、なんだかんだとレントゲンを撮られ、虫歯がなかったら歯石を取りましょうと言われたものです。
しかし、最近はアンケート(問診?)をして、処置してほしい箇所だけで終わるのか、定期検診の案内もいるか、歯石やクリーニングもした方が良いかなど、事前に受付で聞かれ、必要最低限以上の治療はしない方針なのだそうです。

経済的な負担はかなり軽くなるし、時間短縮もできるので、良いのですが、嬉しいような悲しような…。
歯石が見逃せないほどあるなら、やっぱりとって欲しいし、何年もレントゲンを撮っていないなら、歯の状態を全体的に診ておいて欲しいような気もします。

これをママ友にいうと、ママ友の通っている歯医者さんも同じだそうです。
過剰なサービスや治療でクレームをもらうくらいなら、希望に沿った診察だけにしようという感じみたいで、こういう歯医者さんは増えているようですね。
医療も今やサービス業なんですね。
  [トラックバック (0)]




2017年8月24日 14時57分
趣味と実益を兼ねたハンドメイド
ハンドメイド作品を作るたびにブログにアップしています。
日々の何気ない日記と共に、季節ごとに製作していますが、今ではブログでの反響が楽しみで、そのために作っているようなところもあります。
今はスイーツデコに夢中になっています。
元々は友達がスマホのデコケースを作っていたことがきっかけで、存在自体は知っていましたが、キーホルダーなどにするだけではなく、あらゆるものにデコするのが最近の流れですね。

スイーツデコ入門ということで、まずは一通りの本と材料を集めましたが、基本的な技術さえ身に付ければあとは応用で色々なものが作れます。スイーツデコ製作の通信教育もあるようですから、ハンドメイド初心者の方ならこういう通信教育を受けてみるのもいいかも知れませんね。講座の受講が終わると、スイーツデコアーティストの資格ももらえるみたいです。

真っ白な粘土から、自分の作りたいスイーツをイメージして完成させていく達成感はなんとも言えません。作りながらイメージをふくらませていくと、あっという間に時間が過ぎていってしまいます。最初は子どものおままごとのおもちゃになればいいかなくらいのつもりで作っていましたが、作り出すとこの奥深さにはまってしまいますね。今は子どもたちが学校に行っている時間に熱中して作品制作しています。
先日はお友達の子どもさんの誕生日プレゼントに、小さなバースディケーキのスイーツデコを作りました。細部までこだわって作ったスイーツデコでしたから、とっても喜んでいただいて作ったかいがありましたね。

単にスイーツを作るのもいいのですが、最近はそのスイーツを生かして元々あるものにデコレーションをしていきます。百円ショップで購入した飾り気のないものにデコレーションしていくだけで、魅力的な作品が完成しますよ。

その作品を友達に見せたところ、ネットで売ってみたらいいんじゃないとアドバイスされました。まだまだ人様に買ってもらえるほどではないかとは思うのですが、試しにオークションに出品してみたところすぐ売れてしまって驚きました。
[カテゴリ:趣味] [トラックバック (0)]




2017年8月16日 14時54分
アメリカで会社設立するメリットについて
 
グローバル化が叫ばれて久しい日本ですが、海外特にアメリカで法人設立を考えている方は結構多いと思います。市場が成熟しており、英語圏であり、日本とも関係が良好な国として海外で会社設立を考えている人には必ず候補に挙がる国だと思います。
そこでアメリカで会社設立する際のメリットについて考えてみたいと思います。
まずアメリカで起業する場合には資金が少なくても設立可能となっています。日本のように最低資本金という概念や規制が存在しないため、事業計画書さえ整っていれば設立可能となっています。エージェントに依頼した場合でも登記費用の相場は大体日本円で30〜40万円という安さですので、資金が乏しくても設立可能です。

また手続きのスピードが速いことも魅力だと言えます。基本的にはエージェントに任すのですが、ご自身で登記などを行う場合でもネットやFAXが基本ですので日本のように市役所や公証人役場などに出かけたりする必要はありません。

そして今すぐに従業員を雇えずに、自分一人だとしても株式会社格として営業することが可能です。日本の場合では取締役の数が必要で一人の場合は個人事業主扱いとなります。アメリカの場合は取締役の数が定められていないため、経営者のみで従業員が存在しなくても株式会社扱いとなるのです。

またアメリカで会社設立する場合には各州によって税率が異なってきます。法人税率を見てみるとカリフォルニア州で8.84%、ニューヨーク州で7.1%、デラウェア州で8.7%など各州によって税金が安かったりするのです。つまり最も税率の安い州を選んで会社設立することも可能になってくるのです。
[カテゴリ:仕事] [トラックバック (0)]




2017年7月29日 9時44分
フラワースクールにて学ぶ花を美しく輝かせる心と技術
私は子供のころから花に囲まれて生活していました。
といっても、おうちが花屋さんをしていたわけではありません。祖母も母も花が大好きで、毎日のように季節の花を美しく生けて、飾ってくれていたのです。
正直、子供のころはその美しさに対して鈍感だったのかも知れません。いつも花が身の周りにある生活を続けていたせいか、祖母や母の花に対する気持ちや生け飾るテクニックについては関心が薄かったのです。

しかし、私も大人に成長しました。今は子供のころのような感覚とは違うそれで、毎日のように花に接しています。
実は祖母や母にかわって私が、見様見真似で花を生けたことがあったのですが、全然思うように花の美しさを引き出すことが出来ませんでした。単に花を飾ればいいのだから、簡単にできると思い込んでいたのです。しかし、現実は異なりました。母や祖母が生けていたようには、まったくならなかったのです。
私には、花を生ける心と技術が不足していると、その時はじめて痛感しました。

そして一念発起し、フラワースクールへと通うことを決めたのです。私が通うことに決めたフラワースクールは祖母の知り合いが経営しているところで、花を愛おしむ心や、花が持つ魅力をより華々しく引き出すための技術を丁寧に教えてくれます。

まだまだ全然一人前とは言えない私ですが、それでも以前よりは、私が今まで接してきた祖母や母が生けた花に近いものを、私自身の手によって生けることが出来るようになってきました。これからもますます精進しようと思っています。
[カテゴリ:趣味] [トラックバック (0)]





  次の5件

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved