このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
プーさん日記-ブロくる
プーさん さん
プーさん日記
地域:奈良県
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
ホッとするひと時を・・
カテゴリ
全て (27)
趣味 (7)
健康 (2)
仕事 (2)
いろいろ (2)
病気 (0)
生活 (9)
食べる事 (2)
アクセス数
総アクセス数: 8002
今日のアクセス: 5
昨日のアクセス: 3
RSS
最近のトラックバック
トラックバックはありません。
カレンダー
<<2017年08月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ブログ内検索

アメリカで会社設立するメリットについて
[仕事]
2017年8月16日 14時54分の記事

グローバル化が叫ばれて久しい日本ですが、海外特にアメリカで法人設立を考えている方は結構多いと思います。市場が成熟しており、英語圏であり、日本とも関係が良好な国として海外で会社設立を考えている人には必ず候補に挙がる国だと思います。
そこでアメリカで会社設立する際のメリットについて考えてみたいと思います。
まずアメリカで起業する場合には資金が少なくても設立可能となっています。日本のように最低資本金という概念や規制が存在しないため、事業計画書さえ整っていれば設立可能となっています。エージェントに依頼した場合でも登記費用の相場は大体日本円で30〜40万円という安さですので、資金が乏しくても設立可能です。

また手続きのスピードが速いことも魅力だと言えます。基本的にはエージェントに任すのですが、ご自身で登記などを行う場合でもネットやFAXが基本ですので日本のように市役所や公証人役場などに出かけたりする必要はありません。

そして今すぐに従業員を雇えずに、自分一人だとしても株式会社格として営業することが可能です。日本の場合では取締役の数が必要で一人の場合は個人事業主扱いとなります。アメリカの場合は取締役の数が定められていないため、経営者のみで従業員が存在しなくても株式会社扱いとなるのです。

またアメリカで会社設立する場合には各州によって税率が異なってきます。法人税率を見てみるとカリフォルニア州で8.84%、ニューヨーク州で7.1%、デラウェア州で8.7%など各州によって税金が安かったりするのです。つまり最も税率の安い州を選んで会社設立することも可能になってくるのです。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/pusan/393566

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved