ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2006年1月1日 1時1分
1.ようこそ、立体写真の世界へ!

裸眼で見よう!立体写真

1.ようこそ、立体写真の世界へ!


立体写真

従来の写真鑑賞の楽しさに

+αの楽しさを上のせする写真です。

それはたとえば

いつも食べているご飯に

ササッと掛けた“ふりかけ”のような・・・

そんなちょっと違った味わいを

あなたに感じさせてくれる写真なのです。

どうぞこのサイトを訪問されたこの機会に

あなたも立体写真を御覧になってください。

ちょっとした新しい世界がその写真の中に

発見できること請け合いです!


2.「立体写真」ってな〜に?
[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
2.「立体写真」ってな〜に?
 

裸眼で見よう!立体写真

2.「立体写真」ってな〜に?


「立体写真」というのは、

その名の通り立体的に遠近感をもって見ることができる写真です。

もともとは工業用に使われたものだそうですが。

立体的に見える原理は簡単なので、

普通のカメラを持っていれば

個人でも楽しむことができるものなのです。


1.ようこそ、立体写真の世界へ!    3.立体写真の仕組みについて
[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
3.立体写真の仕組みについて
 

裸眼で見よう!立体写真

3.立体写真の仕組みについて


立体写真

左右二枚の写真をそれぞれ別々の目で見ることによって、

写っている人物や物体、背景の風景などが、

立体的に距離感が感じられるように見えます。

もちろん、左右二枚の写真は同一のものというわけではなく、

ちょっとした細工があります。

それは、二枚目の写真を撮る時に少しだけ(一歩ほど)

左右どちらか横に移動して撮るのです。

右目で見た風景と左目で見た風景では、

人間の目と目の間が開いているぶんだけ、

わずかな角度のズレが生じます。

そのズレを脳は距離感として感じるのです。

ですから、写真でも同様に同一の風景や物体を写したもので、

右の写真と左の写真の撮影地点を横に少しずらしたものであれば、

右側から撮った写真を右の目で、

左側から撮った写真を左の目で見ることによって、

立体的な空間が出現するわけです。


2.「立体写真」ってな〜に?  4.簡単に立体写真を撮る方法
[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
4.簡単に立体写真を撮る方法
 

裸眼で見よう!立体写真

4.簡単に立体写真を撮る方法


立体写真を撮るもっとも簡単な方法は、

カメラでの撮影時に一歩横に動いた位置から、

同一被写体の写真をもう一枚撮ることです。

この方法が一番手軽なのですが、一つ欠点があります。

それは、動く被写体は撮影できないということです。

動きのある被写体ですと、

一枚目を撮影してから左右どちらかに移動して

もう一枚を撮影する間に被写体が動いてしまって、

両目で見た時の再現は不可能になってしまいます。

つまり、動いた被写体は立体的ではなく、

不自然なモノとなってしまうのです。

動きのある被写体を立体写真として撮る方法としては、

二台のカメラをくっつけて

同時にシャッターを下ろす方法があります。

ある程度ゆっくりな被写体の動きならば

この方法でもよいのですが、

速い動きの被写体では、

この方法でもわずかながら左右のシャッターを下ろす時間に

ズレが生じますので、

失敗するおそれはあります。

撮影者によっては、

三脚にカメラを二台セットできる台座をとりつけて、

シャッターが同時に下りるように工夫したレリーズを

使用している人もいますし、

同じ機種のカメラを並べて

リモコンでシャッターを下ろす工夫をしている人もいます。

私は、それらの方法は使わずに、

ステレオアダプターという

カメラのレンズ前面に取り付けられるものを使用しています。

このステレオアダプターは鏡を使って

カメラレンズを縦に二等分する方式をとっています。

つまり、このステレオアダプターは

一枚の写真にそれぞれ左右から見た角度の被写体を

撮影できるのです。

写した写真は通常の半分の範囲で見ることになり、

狭くなりますが、

これなら走っている車でも新幹線でもちゃんと立体的に

違和感なく撮影できるのです。

といっても

通常の半分のフレーム内におさめなければなりませんので、

その方が難しくなってしまうのですが・・・(^_^;)


3.立体写真の仕組みについて   5.立体ビデオについて


[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
5.立体ビデオについて

裸眼で見よう!立体写真

5.立体ビデオについて


ステレオアダプターですが、

これはフィルターと同じように

レンズの前面に取り付けるタイプですので、

カメラだけではなくビデオカメラにも

取り付けることができます。

これをつけて撮影されたビデオは、

当然立体視が可能な立体ビデオとして

観ることができます。
[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
6.ステレオアダプターについて

裸眼で見よう!立体写真

6.ステレオアダプターについて


今までステレオアダプターは前項のビデオカメラにも付けられる

ASAHI PENTAX STEREO ADAPTER

を使っていたのですが、

一眼レフカメラのボディに直接装着するタイプの

LOREO 3D LENS IN A CAP

というステレオアダプターが発売されているのを

インターネットで知ったので、

早速、購入して試してみました。
[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]



2006年1月1日 1時1分
7.「裸眼立体視」ってな〜に?
 

裸眼で見よう!立体写真

7.「裸眼立体視」ってな〜に?


「裸眼立体視」というのは、

ビュアー等を使わずに視線の調整だけで

立体写真を立体的にみる方法です。

器具をいっさい使わないので、

それ用の画像ならいつでもどこでも立体写真がみられます。

雑誌に載っている立体写真などもその場で立体視できるので、

習得しておく価値はじゅうぶんにあるでしょう。

立体写真の歴史は古いようで、

戦時中の欧州で戦争を撮影した立体写真などもあります。

その頃の方が、今より立体写真の認識度は高かったのでしょう。

現在では、どこの観光地へ行っても

立体写真の記念絵はがきは売ってないようですので。


6.ステレオアダプターについて   8.裸眼立体視の種類


[続きを読む]
[カテゴリ:裸眼で観よう!立体写真 ] [コメント (0)]




  次の7件
くる天
環境放射線リアルタイム表示
環境放射線リアルタイム表示(川崎地区・横須賀地区)
プロフィール
レウサイトフォトグラフィー-ブロくる
RewSite (レウサイト) さん
レウサイトフォトグラフィー
地域:神奈川県
性別:男性
ジャンル:趣味 カメラ
ブログの説明:
写真関係のブログです。

※写真を撮らせて下さる方募集中です。プロのモデルさんは報酬が支払えないのでご遠慮ください(^^;)
カテゴリ
全て (139)
写真閲覧について (2)
写真とカメラのこと (10)
鎌倉市内の写真 (5)
逗子市内の写真 (3)
横浜市内の写真 (26)
その他の写真 (17)
ハイダイナミックレンジ写真 (13)
裸眼で観よう!立体写真 (10)
立体写真 (1)
その他 (16)
ストックフォト その傾向と対策 (20)
柏尾川のミズキンバイ (7)
壁紙用写真 (2)
UFO?写真 (1)
最近の記事
11/23 17:04 『【 NOD 】 ご購入手続き完了のお』という件名で来たメール
11/10 23:59 品濃坂歩道橋からの夕景と東戸塚西口前のイルミネーション
11/03 23:59 横浜みなとみらいの写真
10/27 23:59 平成29年台風21号の被害状況写真(4日後) 江の島
10/06 00:59 (訴訟開始通知) Web Service利用料未納超過における差押通告 という詐欺メールが来ました。
09/23 23:59 横浜の夜景
09/12 21:26 夕方の虹と綺麗な夕焼け空
09/10 15:33 小雨降る横浜の夜景
08/30 23:27 巡視船見学のついでに横浜を撮ってきました。
08/27 22:15 巡視船「いず」の艦内見学に行きました。
富士山カメラ絶景君広角
VGAをクリックすると別窓で直接ライブ画像が開きます。
富士山カメラ絶景ちゃん
VGAをクリックすると別窓で直接ライブ画像が開きます。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved