ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
ウェイウェイ さん
ランナウェイ
地域:大阪府
性別:男性
ジャンル:ニュース 社会
ブログの説明:
ランナウェイにようこそ
カテゴリ
全て (4)
道 (3)
アクセス数
総アクセス数: 261
今日のアクセス: 5
昨日のアクセス: 30
RSS
2018年9月25日 11時37分
助教諭
 
助教諭(じょきょうゆ)とは、教諭の職務を助ける学校職員のことである。助教諭は臨時教員であり、教員免許状の臨時免許状を有していなければならない。第二次世界大戦後間もない時期は、教員の数が足りず積極的に用いられたが、その後教員を希望する人が増えたため、現代ではほとんど見られない職階になった。




ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ
  [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年9月21日 12時31分
コーナー
 
「角」という意味で、いわゆるカーブのことである。ターン (turn) あるいはベンド (bend) とも呼ばれる。サーキットによりコーナー毎に名前がついていたり、あるいは単に番号で呼ばれたりする。大きさは30R、200Rなどと曲率 (R) でされ、Rが小さいほどタイトな低速コーナーとなる。いくつかの異なるRで構成されるコーナーを「複合コーナー」という。また、形状を「ヘアピン」「スプーン」「S字」などと表現することもある。

ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ
[カテゴリ:道] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年9月20日 11時55分
自転車道
 
日本では、道路法令(道路法と道路構造令)に規定された自転車の通行に供される自動車から分離された各種の道路または道路の部分を指す。一般的な用法としてはこのほかに、道路交通法に基づく交通規制による「自転車専用通行帯」(自転車レーン)や自転車以外の通行禁止規制が実施された道路、自転車が通行することのできる「歩行者用道路」、道路法上の道路ではない道路(施設扱いのサイクリング道路や河川管理道路など)を含む場合がある。日本国外の自転車走行空間については、国・地域によって定義が異なる場合があるが、それにかかわらず「自転車道」と呼ぶことがある。

日本における各種の「自転車道」については、道路行政当局や関係団体において、機能面から大きく2種類に分類されている。自転車道設計指針では、次の通りA種、B種に区分されている。

ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ
[カテゴリ:道] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年9月12日 10時34分
ストリート
 
道路(road)の主な機能が目的地への輸送であるのに対し、ストリートの機能は公共の相互作用であるとされる。

「道路」との意味あいの違いをはっきり出したいときは、往来、街路、〜街のような訳語も使われる。

輸送より人間活動の場としての役割に重きを置いた用語なので、道路での人間活動については「ロード」ではなく「ストリート」が使われる。たとえば、ストリートミュージシャンなどである。仮にこれを「道路音楽家」と訳しては意味合いがずれてくる。訳すなら「街頭音楽家」「街角音楽家」などが近い。

ウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイウィルウェイ
[カテゴリ:道] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




最近の記事
09/25 11:37 助教諭
09/21 12:31 コーナー
09/20 11:55 自転車道
09/12 10:34 ストリート
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved