このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
u1 sayo さん
資本主義と理想主義の狭間で。
地域:神奈川県
性別:女性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
徒然なるままに爆発。
カテゴリ
全て (78)
アクセス数
総アクセス数: 16447
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 5
RSS
you got problems, so we do.
 
2014年2月19日 0時2分の記事

どこも一緒。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


Japan Times読もうと思って
間違えてTokyo Timesと検索したら
素晴らしいサイトに出会いました。
是非皆さんもlet's google Tokyo Times and check it out!!!!!


写真見てるだけでも素晴らしいです。

あー ほんと 日本よく知らんわ と 改めて思うし
街のど真ん中でも 裏道の端でも
人は 生きて、生きて、そして生きているんだなあ って思わされました。

どこも一緒だなあ。
日本も
アメリカも
そしてきっと 世界中のどこでも。

アメリカに居た頃は
アウトサイダーだからこそ 第三者的に
アメリカってゆう国の いいとこも 悪いとこも 見えた。

日本にも 同じ様な問題がある。
でも それいっちゃうと 今度はインサイダーだから
自己否定になっちゃうわけだ。

でも 同じ事。

日本は あからさまな個人個人の違いが見えずらいてゆうだけ
いろんな人がいる。
アメリカよりも 報道の自由っていうものにキリキリしてないだけ
知ろうと思えばいくらでも知れるのかも知れない
(個人的な意見だがアメリカの方がover all いいも悪いも露呈さすのが好きな気がする、日本よりも)

度合いが違うだけで
まったく同じ事。

だからこそ やべーぞ
散々アメリカディスってきたのの そのまんま
日本にあてはまるわけだ。

こっちのほうがまだまし、とか
そんな事言っている場合ではない。
気付いちゃったら やっぱりエグイ。
関係ない じゃない。

どうしよう?

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/sayou1/285929
Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved