このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
則要隨遇隨安 さん
可以走向最美的征程
地域:北海道
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
可以走向最美的征程
カテゴリ
全て (54)
健康 (1)
美容 (0)
家居 (0)
育兒 (0)
アクセス数
総アクセス数: 4865
今日のアクセス: 12
昨日のアクセス: 14
RSS
“油改水”進程中的兩大問題
 
2018年7月3日 12時28分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


  1、政府扶持:

  目前塗料行業“油改水”進程,並沒有得到政府太多的政策扶持。據了解,到目前為止,除了深圳對家具企業的塗裝設備技術改造有25%的補貼,國內其他城市並沒有出台相關的扶持政策。要全面推動“油改水”的進度,需要行業一手引導,政府一手扶持,才能走得更科學、更到位。目前“油改水”的最大投入在於家具企業的塗裝噴塗線實行全面更換改造,對於很多中小家具企業來說,塗裝技術設備改造的資金壓力非常大。呂水列表示,廣東省塗料行業協會早在2010年就向政府相關部門先後遞交《廣東省發展水性塗料的扶持政策》、《廣東省塗料產業轉型升級行動方案》等報告,上屋搬下屋,唔見一籮穀,召集親朋戚友做苦力固然欠下人情一大堆,找專業搬運公司代勞便安枕無憂未必,當然大部份搬運公司都提供完善的服務,但閣下仍然要花點心思籌謀,以免惹來一肚氣。多年過去,對塗料行業的水性塗料生產研發的扶持政策仍然沒有出台。“關鍵在於國家政策的強度與持續性,若能向新能源汽車那樣的補貼政策,‘油改水’就勢如破竹了。”

  2、操作細節:

  推行“油改水”並非一蹴而就,不僅僅圍繞著產品,還要改良施工工藝以及噴塗設備。比如,北京的《木質家具制造行業大氣汙染物排放標准》規定了家具生產環節中的塗料性質、生產工藝和設備等生產流程,若要達標,一是改用水性漆,大金冷氣1.5匹冷暖空調機 - 一級能源標籤 榮獲Good Design Award設計大獎,富時代感流線型設計 兩種靈活安裝方法 (窗台式及掛牆式) 超靜音運轉 (21分貝) 四季二是進行末端治理,但這對於家具廠來說成本巨大。很多家具企業在上馬“油改水”項目時,往往忽略了與塗料企業的深度對接,沒有與塗料企業溝通就直接上了噴塗設備,造成塗裝設備的運行效果與塗料的配方性能達不到優化。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/sdfsd/411502

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved