このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
「なんとなく資格試験を受けてみるから、君とは会えない。」なんて彼女に言えるか?
[勉強方法のヒント]
2011年4月25日 8時45分の記事

宅建や行政書士試験レヴェルの資格試験とは言え、今までの生活で当たり前だった何かを犠牲にしなければ、合格は難しい。

できれば毎日、少なくとも週に何回かは勉強のために時間を確保しなければならないからだ。

犠牲にする時間はもちろん自分だけの時間であることが望ましい。

しかし、他の人との係わり合いになる時間を犠牲にせざるを得ないこともあるのではないだろうか。

恋人がいる人であれば、恋人と会う時間を犠牲にせざるを得ない人もいるかもしれない。

家族がいる人ならば、家族との団欒の時間を犠牲にせざるを得なくなるかもしれない。


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


そんな時に大切なことは、恋人にしても家族にしても応援してもらうということだ。

自分が資格試験を受ける意味と資格を取った後のプランをしっかりと説明しておくことが望ましい。

「なんとなく資格試験を受けてみるから、君とは会えない。」

等と彼女に言ってみたまえ。

「資格と私どっちが大切なの!厭ね!」

と振られてしまうのが落ちだろう。

であるから、資格試験を受けるのならば、それ相当の覚悟と計画が必要になるということだ。

恋人や家族がいる人ほど、資格試験に対する覚悟を持ちやすいはずだし、合格できる可能性も高いはずである。


なかなか合格できないとか挫折してしまう人は、資格試験に合格した後のプランを全く持ってないのではないだろうか。

宅建や行政書士試験レヴェルの資格試験であっても、勉強しているうちに、理解できない分野が一つや二つはでてくる。

それに最低、半年は継続して勉強する必要がある。

なんとなく受けてみて合格できるような資格ではない。



つらい勉強を乗り越える原動力となるものはやはり、合格した後のプランである。

つらい時に、合格した自分の姿を思い浮かべることで、資格試験勉強のつらさを乗り越えることができるものである。


「宅建や行政書士試験に受かった後どうするか?」

勉強する前に考えておきたい。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shikaku/160447

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved