このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4105)
国際情勢 (153)
政治 (1389)
防衛 (1930)
外交 (10)
芸能 (134)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 548324
今日のアクセス: 145
昨日のアクセス: 274
RSS
カレンダー
<<2017年12月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
韓国の文在寅大統領が愚かにも2015年の日韓合意を蒸し返したことで日韓関係は破綻!!
[政治]
2017年12月29日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


2015年の年末の12月28日に、当時の岸田文雄外相が韓国を訪問、朴槿恵前大統領の側近でもあった韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談し、「二度と慰安婦問題を外交問題にしない」との「日韓合意」を世界の報道陣の前で宣言しました。

それから2年の今年12月28日、韓国の文在寅大統領が愚かにも2015年の日韓合意を蒸し返したのです!!

12月28日11時39分に産経ニュースが「【日韓合意検証発表】文在寅大統領「この合意で慰安婦問題は解決できない」 政府に新たな対策指示」の題で次のように伝えました。

『【ソウル=名村隆寛】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に対し、韓国外相直属の作業部会が27日に発表した検証結果を受け、「政府間の公の約束であっても、大統領として、この合意で慰安婦問題が解決できないことを改めて明確にする」と表明した。韓国大統領府報道官が明らかにした。

 文氏は日韓合意について、「国際社会の普遍的な原則に反するだけでなく、当事者(元慰安婦の女性)と国民を排除した政治的な合意」だとし、「大統領として気が重い」などと語った。また、合意に至った日韓政府間交渉について「手続き、内容にも、重大な欠陥があることが確認された。遺憾だがそれを避けることはできない」と述べた。
 その上で、文氏は「歴史で最も重要なのは真実」とし、慰安婦問題での新たな対策を韓国政府に指示したという。

 一方で文氏は、日韓関係について「両国が不幸だった過去の歴史を閉じ、真の友人になることを願う。歴史問題解決とは別に韓日の未来志向的な協力のために、首脳外交を回復させる」と対日関係を悪化させる意図がないことも強調した。

 文氏が検証結果に対する考えを明らかにしたのは初めて。5月の就任以降、文氏は日韓の慰安婦合意の扱いについては明言を避けてきた。今回も合意の破棄や日本との再交渉には言及していないが、そのように「示唆した」との見方が韓国メディアの間では出ている。
 大統領府高官は「破棄という言葉を使うことは適切ではない」と断り、「破棄ではない」との認識を示している。また、元慰安婦らの意見を聞き、日韓関係に悪影響を与えないよう政府の方針を慎重に検討する姿勢を示した。来年1月上旬にも方針を決める見通しという。』

どのように見ても、文在寅大統領の実に自己都合の身勝手な言い分です!!
当然の如く、日本政府は反発を強めています。

12月27日22時43分に同メディアが「【日韓合意検証発表】河野太郎外相が談話「合意を変更しようとすれば、日韓関係マネージできない」と韓国を牽制」の題で次のように伝えました。

『河野太郎外相は27日、韓国政府が日韓合意の検証結果を発表したことを受けて「報告書に基づいて既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば、日韓関係がマネージ不能となり、断じて受け入れられない」とする談話を発表した。

 また、滞在先のオマーンのマスカットで同行記者団に「前の政権がやったことは知らないということでは、何事においても日韓が合意するのは難しくなる」とも述べた。文在寅政権にくぎを刺した形だ。さらに「非公表を前提にしているものを一方的に公表したのはいかがなものか。極めて遺憾だ」と述べ、強い不快感を示した。

 合意では、ソウルの日本大使館前の慰安婦像について、韓国政府が「適切に解決するよう努力する」と約束している。談話ではこれらを念頭に「韓国政府が合意を『最終的』なものとして引き続き着実に実施するよう強く求める」とした。

 韓国政府は26日夜、外交ルートを通じて検証結果の内容を日本側に説明、その際に非公開合意を公表する方針も通告した。検証結果では、非公開は日本側の希望だったとしている。これに対し日本政府は「一昨年末の合意段階で非公開とするよう求めたのは韓国側だった」(外務省幹部)と真っ向から否定する。

 韓国側は2月の平昌五輪の際に安倍晋三首相の訪韓を求めているが、日本側は返答を留保したまま。文政権が合意履行の意思があるか慎重に見極めた上で判断する方針だ。(杉本康士、マスカット 小川真由美)』

これらについて、12月28日12時05分に同メディアが「【阿比留瑠比の極言御免】
《日韓合意検証発表》韓国はなぜか気づかないが、日本は韓国に冷め切っている 首相周辺「日韓関係は破綻」」の題で次のように痛烈に韓国を批判しています。

『韓国メディアが好んで使う表現を用いれば、日本は「道徳的優位」に立っている。慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意に基づき、10億円を拠出するなど既に約束を果たしているからだ。後はただ、韓国側の約束不履行について、高みから見下ろすように信義違反だと叱りつけ、約束実行を迫り続ければよいのである。

 そして、現在の日本政府は実際にその姿勢を貫いている。韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相が19日に来日し、河野太郎外相と会談した際にはこんなやりとりがあった。

 康氏「日韓合意について韓国民は納得していない」
 河野氏「納得させるのはそちらの仕事で、こちらの仕事ではない」
 康氏「朴槿恵(パク・クネ)前大統領が勝手に決めて韓国外務省は関与していないので、正当なプロセスを経ていない」
 河野氏「首脳同士が合意し、両国外務省が最後は握手した。これを正当なプロセスでないというのであれば今後、韓国とは何も決められない」

 康氏は、これに明確な反論はできなかった。この後、安倍晋三首相と面会したときも、首相から韓国が合意を破棄したり、見直ししたりしないように強く迫られ、青くなったという。

日本政府はもともと、合意に基づき拠出した10億円を「手切れ金」(高官)と位置づけ、今後、慰安婦問題で何をふっかけられても相手にしない「戦略的放置」路線を決めていた。今回の韓国による合意検証に関しても「無視する」(別の高官)との姿勢だ。

 また、合意に当たり米国を「立会人」として引き込み、テレビカメラの前で日韓両国の外相が合意を発表するという手順を踏んで、国際社会を証人にした。

 つまり「伝統的に自己中心的に物事を考える国」(外務省)である韓国が合意を守らず、再びゴールポストを動かそうとする事態をあらかじめ見越して「かんぬきをかけた」のである。

 韓国側が、ソウルの在韓日本大使館前の慰安婦像移設などの約束を果たす以前での10億円拠出には、日本国内に批判の声もあったが、安倍首相は最近、周囲にこう語った。
 「あの時さっさと払っておいて本当によかった」

 韓国側はなぜか気づかないが、首相官邸も外務省も含め、日本政府は韓国に冷め切っている。首相周辺は27日、「個人的には日韓関係は破綻していると思う」と漏らした。(論説委員兼政治部編集委員 阿比留瑠比)』

どのように公平に見ても、贔屓目に見てすらも、韓国の分は非常に悪いと筆者は見ています。
これだけ北朝鮮からの脅威が高まり、中国の脅しや脅威を受けていても、極左反日反米の亡国売国奴の悪政や外交を続ける文在寅大統領と、彼が率いる韓国政府は全く理解出来ません!!

日米両国との関係を悪化させ、12月に文在寅大統領が訪問した中国では「穀潰し以下」の扱いを受け、韓国国内からですら批判に晒されても自分の過ちを理解出来ず政策の改善すら出来ない無能な文在寅大統領。

文在寅大統領の悪政や無為無策の無能外交のせいで北朝鮮には相手にもされず、ロシアや欧州、ASEAN諸国からですら無視や批判を受ける韓国。


韓国の文在寅大統領が愚かにも2015年の日韓合意を蒸し返したことで日韓関係は破綻!!

韓国はこれで日米中露北から文字通り四面楚歌!!



12月19日、訪日した韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相(左)の表敬を受ける、安倍首相(中央)。右は河野太郎外相。
出典:首相官邸HP

本来ならば、このような表敬すら面会を拒絶するべきです!!





従軍慰安婦問題の捏造、吉田証言の捏造証言から森友・加計問題など、数々の捏造や情報操作などの悪行を行った朝日新聞を糾弾するプラカード等の画像(上下とも)
出典:ツイッター


日韓関係をこじらせたのも朝日新聞を筆頭とする極左反日反米の偏向マスコミのせいだ!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



韓国の文在寅大統領が愚かにも2015年の日韓合意を蒸し返したことで日韓関係は破綻!!

韓国はこれで日米中露北から文字通り四面楚歌!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/399188
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/20 05:30 日米安保条約の改定調印から60年、安保に反対してきた勢力の間違いや誤りが如実に分かる!!
01/20 00:00 英国王室のヘンリー王子夫妻の公務引退は戦略的な判断か??その背後にある国際情勢の変化とは??
01/20 00:00 中国の新型コロナウイルスによる肺炎が上海や広東に拡大!!嘘つきで詐欺捏造隠蔽国家の中国に糾弾を!!
01/19 00:00 日米安全保障条約改定署名から60年、そして変化し発展し続ける日米同盟の新たなる課題とは??
01/19 00:00 東京五輪すら捏造誹謗中傷する韓国と朝日新聞を筆頭とする極左反日偏向メディア等から日本を守ろう!!
01/18 00:00 中国で発生した新型肺炎に韓国の反日教育の嘘デタラメは隠せない!!事実に基づいた政治や防衛策を!!
01/17 00:00 見ざる言わざる聞かざる嘘つき詐欺隠蔽捏造裏切りの塊こそ、中国や南北朝鮮等の極左反日反米国家勢力!!
01/16 00:00 破滅型人間はダメなのと同様に特亜3国と言われる中国や南北朝鮮の破滅型国家もダメ!!
01/15 00:00 島田紳助氏と中森明菜さんの2人を観ていると今の社会は本物志向なのです!!芸能界も刷新を!!
01/14 00:00 イラン国内でウクライナの旅客機をイラン革命防衛隊が撃墜した大失態は何故発生したのか??
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved