このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4054)
国際情勢 (151)
政治 (1377)
防衛 (1898)
外交 (10)
芸能 (132)
スポーツ (36)
技術 (49)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 524424
今日のアクセス: 171
昨日のアクセス: 381
RSS
カレンダー
<<2018年02月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
週刊文春の「文春砲」も極左反日反米の朝日新聞を筆頭とする偏向マスコミ同様に世界で不要物化!!
[政治]
2018年2月3日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


2月3日は立春の前日、つまり節分の日です。
「鬼は外、福は内」の恒例の鬼退治の日ですが、是非皆様に「鬼退治」して頂きたい、いや、日本や世界の為にも退治しなければならないのは、タダのスキャンダル暴露週刊誌に堕ちた週刊文春の「文春砲」、そして極左反日反米の朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向マスコミの鬼達共です!!

2月2日に前東京都知事の舛添要一氏が、自身のツイッターで次のように述べました。
『週刊文春が小室哲哉さんの不倫疑惑を報じたことについて、「産経デジタル・iRONNA」に寄稿しました。この問題の背景にあるものを5点にわたって分析しました。人権無視の陰湿な風潮を変えなければなりません。』

舛添氏自身も2016年に文春砲などの「マスコミ攻撃」により、法令違反などは一切無かったにも関わらず、東京都知事の座を追われました。
筆者は個人的には舛添氏の政治姿勢や発言には批判したことも事実ですが、もっと堂々とした信念や政見、論理的なものがあれば東京都知事の人気もあれだけ墜ちなかったのではないか、とも思います。

以下の舛添氏寄稿の記事は、正に本音と世間や世界の風潮に対する警告と糾弾に満ちあふれています。

『誰がなんと言おうと、私は「文春砲」が許せない

舛添要一(前東京都知事)

 『週刊文春』に自らの不倫疑惑を報道されたことで、「責任を取って」小室哲哉氏が音楽界からの引退を表明した。これに対して、引退を惜しむファンをはじめとして多くの人々から、文春批判の声が上がっている。

 今回の件以外にも、これまでさまざまな有名人の不倫報道が週刊誌で流されて大きな話題となり、渦中の人物が世間のバッシングにさらされ、人生を大きく狂わせられる事態が続いてきた。世の中に「魔女狩り」のような空気が漂い、閉塞(へいそく)状態になっているのは愉快な話ではない。

 第一に、有名人であれ無名人であれ、不倫といったプライベートなことは、配偶者や家族との間の問題である。他人が容喙(ようかい)してとやかく言う話ではない。妻の介護を含め家庭内の事情を、他人が詮索しても意味のないことである。

 不倫などというものは、人間が生物である以上、古今東西どこにでもある話である。そうでなければ、文学作品の多くは成立すらしないであろう。かつては、芸人の浮気などは「芸の肥やし」だと、当然視する風潮が支配的であった。

 何人かの国会議員もこの問題で指弾されたが、かつて三木武吉は「妾(めかけ)」に関する立会演説会でのヤジに対して「実は、4人ではなく5人おるのであります」と切り返して喝采を浴びたという。また、フランスでは、ミッテラン大統領が愛人との間に生まれた娘について質問されたとき、「それがどうした」と答え、質問した記者のほうが社会から批判を浴びた。浮気や家族など私的な事項についての質問を記者がすると、「それはあなたには関係ない話だ」と逆襲されて終わるのが常であった。

 しかし、日本はもちろん、「大人の国」フランスでも、もはやそのような応対が許されるような時代ではなくなっている。アメリカの悪しき影響なのか、「非寛容社会」が到来したと言ってもよい。

 第二に、このような時代風潮の背景には、いつまでも続くデフレ、そして格差の拡大がある。所得が増えれば、それは自分の欲する財やサービスの購入に向かい、他人の私事を詮索するような余裕などなくなる。しかし、今や消費に向かうべき熱情は鬱積(うっせき)してしまい、そのはけ口が有名人のバッシングに向かっている。格差は、貧しい者の豊かな者に対する怨嗟(えんさ)の情を生む。

 戦後の高度経済成長時代には、人々は物質的豊かさを求めて全速力で走り、他人の生きざまをコメントする暇はなかったし、仰ぎ見るのはスターダムに登っていく芸能人や野球選手などの晴れ姿であった。そういう右肩上がりの繁栄の時代は終わり、低迷する経済に対する怨念が鎌首を持ち上げてきたのである。

第三に、格の違いが整合化された時代ではなくなったという点を指摘しておきたい。野球でも、1軍と2軍、プロ野球と草野球の違いは歴然としている。繁栄の時代には、週刊誌はマスコミの中では二流であり、いわば「日陰者」の立場にあった。堅気の人間は、そこに掲載された記事など信用せず、話題に上らせることすら恥だとされた。ところが、その週刊誌記事が大マスコミ以上に世の中を動かす時代になり、全国紙もテレビもその後追いに走るという奇妙な状況になってしまった。

テレビのワイドショーは、不況で制作費が不足しているのか、週刊誌報道を元ネタにして番組を作り、不倫スキャンダルを全国に広める役回りになり下がった。世間の人も、週刊誌を買えば400円程度の出費になるが、テレビは無料である。

 「日陰者」が日の当たるところに出て、大手を振って公道を歩くような時代は尋常ではない。たとえは悪いが、極道がマスコミに出て自らの仁義を開陳するようなことがあれば、それはもはや極道ではない。

 その点では、不倫疑惑を報じる週刊誌などはパパラッチと同じである。大義や正義があるわけではない。読者や視聴者の好奇心を刺激して金もうけをたくらんでいるだけの話である。しかも、パパラッチ以上に始末に負えないのは、検察官であるかのように正義を振りかざし、不倫の当事者を断罪しようとすることである。

 取材した記者は、実名を公開し、顔を全国にさらすわけでもない。陰に隠れて書いている。だから「日陰者」なのであり、そう言われるのが嫌ならば、正々堂々とテレビの画面に顔を出し、名を名乗ればよいだけの話である。自分が他人を断罪できるほど、品行方正な道徳人とでも思っているのであろうか。

 第四は、ネット社会の到来である。みんなが元気に前を向いて進んでいた高度経済成長時代には、インターネットは存在していなかった。今のツイッターと異なり、つぶやいても周りの数人にしか届かない。むろん、発信者が誰かもすぐ分かる。

 しかし、今はネット全盛時代である。匿名でツイートする個人的意見や、偏向どころか嘘の情報が大手を振って世間に流れていく。そして、その真偽も確かめられないまま、世論形成に一定の影響力を持ってくる。フェイクニュースの大御所、トランプ米大統領が「フェイクニュース大賞」を発表するという皮肉な時代である。

 今回の小室報道は、「文春砲」の成功に酔いしれた週刊文春が、大衆の反発を招き、逆噴射して自らに襲いかかったものである。小室氏の引退表明がなければ、そうはならなかったかもしれないが、週刊誌の居丈高な臆測記事でひとつの才能が消されていくことに、大衆は大きな怒りを感じたのである。金もうけ目当ての、この程度の不倫記事で優秀な人材が活躍の場を失われるような非生産的なことは、「もうやめたらどうか」という思いが、世の中の主流となってきているとすれば、それは健全な流れであろう。

 第五に、日本は法治国家ではなく、相変わらず「空気」に支配される国だということである。日本国憲法31条は「何人も、法律の定める手続きによらなければ、その生命若しくは自由を奪われ、又はその他の刑罰を科せられない」と定めてある。姦通(かんつう)罪があった時代ならいざ知らず、小室氏とその「愛人」は刑法を犯したわけでもない。それにもかかわらず、「法律の定める手続き」ではなく、週刊誌が作り出す空気や世論によって断罪されるとすれば、日本は法治国家の資格がない。

 今回の騒動が、憲法が国民に保証する基本的人権の大切さをみんなに知らせたことの意義は大きい。』

筆者を含めて実に厳しいご意見と捉える方が多いのではないでしょうか。
特に、
『日本は法治国家ではなく、相変わらず「空気」に支配される国だということである』

『「法律の定める手続き」ではなく、週刊誌が作り出す空気や世論によって断罪されるとすれば、日本は法治国家の資格がない。』
のご指摘は、確かに筆者も強く感じる事です。

極左反日反米の朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向マスコミは、筆者も何度も断罪しているように「森友・加計学園問題を捏造した民進党ら」と共に開き直った言動すらしています。
そして今なお、反省するどころか下らない「録音テープ報道」に食いつく有様です!!

同日09時26分に自民党の和田政宗参議院議員が自身のブログで「共産党と朝日新聞がまた「新録音」で恣意的疑惑づくり」の題で次のように糾弾しています。

『昨日の参院予算委員会で、共産党の辰巳氏が、籠池氏と総理夫人との電話のやり取りの「新録音」を入手したとして質問。
総理夫人が「頑張って」と言ってくれたなどと籠池氏が一方的に述べている。

しかし、これは関西テレビが昨年8月にすでに放送しているもの。

再び朝日新聞に言う。
ジャーナリズムとして恥を知るべき。

朝日新聞は「『捏造』とは、存在しないことを存在するように偽ってつくること」と自ら述べているではないか。
新たな録音でないものを「新録音」と書くのは、朝日の言う「捏造」ではないのだろうか。

今回は、毎日新聞やNHKまでもが「新たな録音」と報じ、恣意的疑惑づくりに加担している。

毎日の報道姿勢がせっかく事実に基づくようになってきたのに、こうした記事は全く残念。
NHKにおいては、事実に基づく報道を追求しなくてはならないのにこんな記事を書くとはどうかしている。』


週刊文春の「文春砲」も極左反日反米の朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向マスコミ同様に世界で不要物化!!

不要と化した偏向マスコミやその同調する全ての政治勢力は「鬼退治」されて廃業しろ!!



舛添要一氏(前東京都知事)
出典:舛添要一氏自身のツイッター



自民党の和田政宗参議院議員
出典:和田政宗氏自身のブログ


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



週刊文春の「文春砲」も極左反日反米の朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向マスコミ同様に世界で不要物化!!

不要と化した偏向マスコミやその同調する全ての政治勢力は「鬼退治」されて廃業しろ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/401697
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/15 00:00 日本のF−2戦闘機の後継国産戦闘機計画が英国の次期戦闘機「テンペスト」計画と共同開発か!?
12/15 00:00 英国のジョンソン首相率いる保守党が選挙で大勝!!英国と地政学的状況が同じ日本も早期総選挙を!!
12/14 00:00 朝鮮半島情勢が史上最悪の文在寅大統領の悪政で再緊迫化!!クリスマスに向けて大変化!!
12/13 00:00 日本では「ONE TEAM」ラグビー日本代表に喝采でリーチ像寄贈、韓国では捏造慰安婦像等反対!!
12/12 00:00 特亜3国の中国や南北朝鮮は政治や社会から信用ゼロで四面楚歌!!信用や信頼は築き上げるもの!!
12/11 00:00 韓国は文在寅大統領の悪政で資本逃避が厳しいのに日本の旭日旗を公式批判で自滅への道を驀進中!!
12/10 00:00 ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演!!
12/09 00:00 北朝鮮が発射場で弾道ミサイルのエンジン静止試験を実施、日本は反撃能力を含め徹底的な防衛強化を!!
12/09 00:00 いずも型DDHが本格的な空母に改造可能と米国の企業が提案!!その真意には泣きたくなる理由が!!
12/09 00:00 韓国は中国の核の傘に入ると文在寅政権高官の発言!!三跪九叩頭の礼の奴隷根性裏切り外交を許すな!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved