このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4346)
国際情勢 (154)
政治 (1453)
防衛 (2103)
外交 (10)
芸能 (137)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 632093
今日のアクセス: 357
昨日のアクセス: 407
RSS
カレンダー
<<2018年08月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
米伊首脳会談でトランプ大統領とコンテ首相が不法移民問題や米露首脳会談で完全一致!!
[政治]
2018年8月2日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


国際情勢の変化は、日本を含めて地球的規模で「暑い夏」になっている事と同様に、熱い変化が進行中です。

7月31日19時40分に産経ニュースが「「EU懐疑論」で米伊が共闘? 厳格な移民政策で一致、ロシアとの対話も前向き」の題で次のように伝えました。

『【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は7月30日、イタリアのコンテ首相とホワイトハウスで会談した。トランプ氏は会談後の共同記者会見で、難民・移民に寛容な欧州連合(EU)の政策見直しを訴えるコンテ氏をほめたたえた。トランプ氏もメキシコ国境から流入する不法移民の締め出しを唱えているほか、「EUは敵だ」などと発言しており、「EU懐疑派」同士の両首脳による新たな「米伊連携」の構図が出来上がりつつある。

 トランプ氏は「首相と私は、強い国家には堅固な国境が必要だという考えを共有している」と述べ、イタリアの難民・移民政策は「正しい」と強調した。また、メキシコ国境への壁建設の費用を盛り込んだ予算が議会を通過しないのであれば、「(予算失効に伴う)政府機関閉鎖も辞さない」と重ねて主張した。

 また、両首脳が初めて対面した6月の先進7カ国(G7)首脳会議にも言及し、「私たちは(G7首脳の)誰よりも緊密だったのではないか」と語り、仲の良さを誇示した。
 一方、コンテ氏も「米伊は双子の兄弟のようだ」と応じ、ロシアとの関係に関しても、米露首脳会談への支持を表明するとともに「イタリアはロシアとの対話に前向きだ」とした。

先のG7首脳会議では、トランプ氏がロシアを含む「G8」の枠組み復活を提唱したのに対し、コンテ氏だけが積極的に賛同していた。一方で、対露制裁に関しては、トランプ氏は「現状を維持する」とし、コンテ氏も「制裁解除は論外」との認識を示した。

 首脳会談で米伊首脳は、テロ対策の強化に向けた協力の推進でも一致した。コンテ氏はまた、北アフリカから欧州への難民の出発地点となっているリビアの情勢安定化に向けた国際会議を主催すると表明し、「トランプ氏も(イタリアが主催することに)同意した」と強調した。

 リビア情勢への対処をめぐってはイタリアとフランスが主導権争いを展開しており、コンテ氏としては米国をイタリアの後ろ盾に据えたい思惑がある。』

深刻さを増す不法移民問題は米伊両国のみならず、世界的な大問題です。
引用記事にもある通り、『トランプ氏は会談後の共同記者会見で、難民・移民に寛容な欧州連合(EU)の政策見直しを訴えるコンテ氏をほめたたえた。』事も、不法移民の対策を進めているトランプ大統領にとっては当然の事でしょう。

イタリアにとっても、不法移民の問題や隣国のリビア問題は深刻な問題です。
当然の如く、トランプ大統領とコンテ首相が不法移民問題や米露首脳会談で完全一致、意気投合するのは当たり前なのであって、この首脳会談にケチを付ける国や地域、政党などの政治勢力の方がむしろ「真面な防衛や安全保障の観点が無い」のです!!


米伊首脳会談でトランプ大統領とコンテ首相が不法移民問題や米露首脳会談で完全一致!!

至極当然の結果だ!!



7月30日、米国ワシントンのホワイトハウスにて、米伊首脳会談後の記者会見を行うトランプ大統領(右)とコンテ首相(左)

出典:トランプ大統領支持者ツイッター画像・トランプ大統領ツイッターRT


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



米伊首脳会談でトランプ大統領とコンテ首相が不法移民問題や米露首脳会談で完全一致!!

至極当然の結果だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/412975
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
08/08 00:00 極左反日反米勢力は妨害破壊行為だけに興味があり政治的な能力や見識さえもない!!文在寅と同じ!!
08/07 00:00 激動の現代には人の目だけではなく宇宙の目、鷹の目、虫の目、顕微鏡の目などの大局観や観察眼が重要!!
08/06 00:00 日本が積極的なミサイル等の防衛決定!!極左反日反米の中韓に媚びを売る東京新聞などは不要!!
08/05 00:00 捏造の尖閣諸島問題や歴史観言動の独裁極悪悪政の特亜3国である中朝韓の挑発には厳しく対処を!!
08/04 00:00 中国の軍事的圧力が高まる中で、日本は毅然とした対応とスペースX搭乗のような宇宙開発にも注力を!!
08/03 00:00 地上型イージス・アショア計画中止で浮上する代替案は新型イージス艦増勢や反撃能力向上が最適の訳
08/03 00:00 李登輝元総統の逝去で葬儀に誰が参加するかが日本と世界の将来を占う試金石に!!毅然とした対応を!!
08/02 00:00 李登輝元総統逝去で日台間は首脳同士の連携強化、韓国文在寅政権は北朝鮮へストックホルム症候群!!
08/01 00:00 【合掌】台湾の民主化や日本にも大きな功績を遺された李登輝元総統がご逝去されました。
07/31 00:00 中国も韓国も極左反日反米で大暴走!!これら狂いに狂った国家には厳しい制裁と糾弾を!!
最近のコメント
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved