このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3948)
国際情勢 (145)
政治 (1344)
防衛 (1837)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 494333
今日のアクセス: 156
昨日のアクセス: 317
RSS
カレンダー
<<2018年09月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
英国のEU離脱や中国・朝鮮半島など不安定要因が増える中で日米同盟の深化を進める両国首脳に感謝!!
[政治]
2018年9月26日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


既に再三報道されていますが、英国のEU離脱や中国・朝鮮半島など不安定要因が増える一方の国際社会において、唯一とも言える安定要因は日米の同盟関係です。

それを安倍首相もトランプ大統領もよく分かっているからこそ、共通の趣味の一つであるゴルフを直前に都合でキャンセル出来たのでしょう。

9月24日21時26分に産経ニュースが「安倍晋三首相、ゴルフ捨て「実」を取る トランプ大統領との夕食会で拉致問題解決へ認識共有」の題で次のように伝えました。

『【ニューヨーク=田北真樹子】安倍晋三首相とトランプ米大統領の23日夜(日本時間24日午前)の夕食会は、予定していた1時間を大幅に上回って約2時間半に及んだ。自民党総裁選で連続3選を果たした首相はトランプ氏との強い絆をてこに、残る任期中に日本人拉致問題を解決する決意で、対北朝鮮政策で改めて認識を一致させることを重視した。

 「いつものように大変くつろいだ雰囲気の中で、日米関係だけではなくて、国際社会の課題について率直に突っ込んだ意見交換をすることができた」
 首相は夕食会後、高揚感を漂わせながら記者団にこう語った。

 もともとトランプ氏は首相とのゴルフを希望していた。ただ、首相は出国する23日、拉致問題の国民大集会への出席を優先させ、ゴルフを断念した。それでも米側からは「会談に加えて夕食会もどうか」と申し出があったという。

 首相がニューヨーク入りしてすぐに行われた夕食会は、トランプタワー地階のレストランで予定されていたが、首相が案内されたのは最上階58階のトランプ氏の私邸だった。平成28年11月に、首相が米大統領に選出されたばかりのトランプ氏を初めて訪ねた場所だ。

2人は客間で30分以上さまざまな課題について意見を交わした。その後、レストランには行かず、客間に隣接するバーに席を移して夕食を共にした。トランプ氏は窓の外に広がるニューヨークの夜景を首相に見せ、上機嫌だったという。

 このとき首相が重視したのは、6月の米朝首脳会談後も具体的な進展がみられない北朝鮮の非核化や拉致問題などを前に進めるために、改めて対北国際包囲網の重要性をトランプ氏と共有することだった。

 トランプ氏は24日午後(同25日午前)、北朝鮮との関係改善に前のめりになる韓国の文在寅大統領と会談する。トランプ氏が年内の朝鮮戦争終戦宣言や2回目の米朝首脳会談の誘いに簡単に乗らないよう改めてクギを刺す狙いもあった。

 首相とトランプ氏は米韓首脳会談と25日午前(同日夜)の日韓首脳会談を受け、26日午後(同27日午前)に改めて会談する。
 夕食会では通商問題についても意見交換した。とはいえ首相は、日米両国で解決可能な課題よりも、国際社会の連携が不可欠な対北朝鮮政策のすり合わせに軸足を置いていた。』

つまり、日米両国は共に国際社会の連携が不可欠な「北朝鮮政策」のすり合わせを重視している、という事になります。
これは、非常に大きな成果であり、注目される国際外交の動きになるでしょう。

何故ならば、米国はトランプ大統領が対応に苦心する国内の景気回復の加速や中間選挙を控え、英国ではメイ首相が、EU離脱交渉が暗礁に乗り上げたことで苦しみ、共に大きな不安定要因になっていることなどもあるからです。

同日13時01分に同メディアが「「私は地球の大統領ではない」トランプ氏、中間選挙にらみ対中強硬姿勢鮮明 制裁第3弾」の題で次のように伝えました。

『(前略)
トランプ大統領は11月6日の中間選挙が迫り、みずから発動を決めた強硬策をアピールし、支持層となる労働者層の有権者をつなぎ止めようとしている。

 制裁発動を決めたトランプ氏は先週末にかけ、「米国を再び偉大に」と題する選挙集会に飛び回った。
 「米国は中国に膨大な富を渡してきた。それも、もう終わりだ」(21日、中西部ミズーリ州)
 「私は米国大統領であって地球の大統領ではない」(20日、西部ネバダ州)
 トランプ氏が、そう語ると聴衆から歓声がわいた。

 貿易赤字の拡大が雇用流出を招いたと批判するトランプ氏は、中国の補助金が支えるハイテク産業政策や不公正な貿易慣行に対抗。「中国が態度を改めない」(政権高官)として、制裁規模を拡大させてきた。

 トランプ政権を突き動かすのは、かつて製鉄などの製造業が栄えた地域の労働者の支持だ。今夏の世論調査では、トランプ氏への貿易政策への賛否は4割程度で拮抗(きっこう)したが、与党・共和党の支持層だけをみると、賛同が約8割に達した。

11月6日の議会中間選が近づく中、ロシアによる米大統領選への干渉疑惑などが尾を引き、共和党が伝統的に優勢な州でも一部の党候補の劣勢が伝えられる。「雇用を取り戻す」と訴えるトランプ氏は、改めて2年前の大統領選での支持者らに、通商問題での厳しい姿勢をアピールする必要に迫られている。
(以下略)』

更に、9月25日03時25分にロイターが「英野党労働党、EU離脱巡る国民投票再実施方針採決へ 党内亀裂深まる恐れ」の題で次のように英国の苦しい状況を伝えました。

『[リバプール(英国) 24日 ロイター] - 英野党労働党は、欧州連合(EU)離脱を巡りメイ首相が示した方針が議会を通過しなかった場合に離脱の是非を問う2回目の国民投票実施を選択肢の1つとして維持するか、党としての週内に採決を行う。

労働党は23日夜、メイ首相が示した方針で総選挙が実施される運びにならなかった場合、「国民投票実施を含むすべての選択肢」を支持するかどうか、党内の採決を25日に実施することを決定した。

コービン党首は2回目の国民投票実施に消極的な姿勢を示しているが、党は5時間の討議の末、採決実施を決定。今後、党内の対立が精鋭化する恐れがある。
メイ首相は2回目の国民投票実施の可能性を排除。EU当局者も先行き不透明性が高い状況の長期化を避けるために再投票は避けたいとの立場を示している。

ただオーストリアのザルツブルクで先週開かれたEU首脳会議では、離脱交渉で来月中の合意を目指す姿勢が示されたものの、メイ首相が11月までに貿易やアイルランド国境問題で譲歩しなければ、合意なしの離脱に備える姿勢を表明。英国が合意のないまま来年3月にEUを離脱する可能性は高まっている。』


英国のEU離脱や中国・朝鮮半島など不安定要因が増える中で日米同盟の深化を進める両国首脳に感謝!!



現地時間の9月23日(日本時間の9月24日)、米国NYのトランプ大統領の私邸にて、出迎えたトランプ大統領(右)と握手する安倍首相(左)
出典:安倍首相自身のツイッター

『ニューヨークに到着し、さっそくトランプ大統領との夕食会です。当初1時間の予定でしたが、2時間半にわたって、本当にくつろいだ雰囲気の中、率直で建設的な話し合いができました。』


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



英国のEU離脱や中国・朝鮮半島など不安定要因が増える中で日米同盟の深化を進める両国首脳に感謝!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/415734
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/23 00:00 ドローンから通貨スワップまで何でも使用される外交軍事の世界において日本は世界一の地位にある!!
09/23 00:00 ラグビーW杯開幕戦で日本がロシアに快勝!!安倍首相も日米貿易協定案でも大きなトライを奪う!!
09/22 00:00 サウジ石油施設攻撃などで緊迫化する世界では全てが損得勘定、日本は毅然とした自主外交・防衛力確立を!!
09/21 00:00 極左反日亡国国賊政党の民主党が事実上再結成!!安倍首相は解散総選挙の早期実施で解党落選を!!
09/20 00:00 イランより遙かに身の程すら理解出来ない下朝鮮・ヘル朝鮮化した韓国の文在寅大統領に付ける薬なし!!
09/19 00:00 イエメン反政府勢力のサウジ石油施設攻撃で日米両国が対イランと対北朝鮮で踏み込んだ動き!!
09/18 00:00 台風15号被害で太陽光発電の問題点や不要不急の外出の不要等が露骨に出てきた!!
09/17 00:00 ボルトン補佐官の辞職で米国トランプ大統領は益々安倍首相べったり、韓国文在寅大統領はヘル朝鮮化!!
09/17 00:00 台風15号の被害復旧に東日本大震災の反省が不十分!!河野太郎防衛大臣の活躍に期待!!
09/16 00:00 9.11米国同時多発テロ後のアフガニスタン戦争が未だに終結すらしていない実情とは??
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved