このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4024)
国際情勢 (150)
政治 (1366)
防衛 (1880)
外交 (10)
芸能 (132)
スポーツ (36)
技術 (49)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 514350
今日のアクセス: 96
昨日のアクセス: 325
RSS
カレンダー
<<2018年12月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
共産主義と独裁政治を捨てられない「西朝鮮」の中国は旧ソ連と同じ運命を辿るのは歴史の必然だ!!
[防衛]
2018年12月22日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


2018年も年末となり、慌ただしい2018年も終わりに近づいています。

終わりに近づいている、と言えば、筆者は本ブログでも何度も申し上げてきましたが、中国も北朝鮮の西にある「西朝鮮」と皮肉られるように、共産主義と独裁政治を捨てられない故に崩壊してしまった旧ソ連と同じ轍を走り続けています。
その終わりが見えてきたようです。

12月20日にzakzak by 夕刊フジが「「中華思想」で視野狭窄… ソ連崩壊と似た道を辿る中国」の題で、「日本を守る」の特集記事として次のように中国の現状を批判しました。

『米中対決は、どこへ向かうのだろうか?
 習近平国家主席の「中国龍」は、ドナルド・トランプ大統領の「米国鷲」に襲われて、鱗(うろこ)が飛び散るようになっている。

トランプ政権が、中国という“悪の帝国”を倒す戦略を進めている。
 かつてロナルド・レーガン大統領が、“悪の帝国(Evil empire=イービル・エンパイア)”と極め付けたソ連を追いつめたが、中国もソ連と同じ自壊への道を、進むようになっている。

 ソ連は、効率が悪い計画経済によって病んでいたのに、無人のシベリア沿海州開発に国力を浪費した。東ヨーロッパの衛星諸国という重荷を抱えていたうえに、第三世界に進出するのに力を注いだために、米国との競争に耐えられなくなって、1991年に倒れた。
 ソ連の最高指導者は、非科学的なマルクス主義の予言に従って、「ソ連が世界を支配する」という使命感にとらわれて、世界制覇を急いだために、墓穴を掘った。

 習氏も「偉大な中華文明の復興」という自らの掛け声に陶酔して、見せかけだけが壮大な「一帯一路」計画と、大海軍の建設を強行しており、ソ連が第二次世界大戦後に歩んだ道程に、よく似ている。
 中国は分離独立闘争を恐れて、新疆ウイグル自治区や、チベットをはじめとする西域や、中部や、北部に過大な投資を行っている。

 「一帯一路」計画によって、70カ国近くを“幻(まぼろし)の中華圏”である、仮想空間に取り込もうとしているが、多くのアジア諸国で挫折するようになっている。
 ソ連は50年代から、日本についで経済成長率が高かった。ソ連は57年に米国に先駆けて人工衛星「スプートニク」を軌道に乗せ、4年後に世界最初の有人衛星飛行を行って、米国を震駭(しんがい)させたものだった。

 ソ連は70年代に入ると、少子高齢化が進んで、旺盛な高度成長を支えた豊富で安い労働力が失われるようになった。中国でいま、同じことが起こっている。
 中国の指導部は、何千年にわたって「自分が世界の中心だ」という中華思想を患ってきたので、傲慢に振る舞ってきたために、まともに対外戦略を立てられない。
 私は中華思想を“中禍思想”と呼んできた。ウラジーミル・プーチン大統領のロシアは戦略が巧みなのに、中国は中華主義による自家中毒に陥って、視野が狭窄(きょうさく)している。

 日本は米中対決の狭(はざ)間にある。米国が勝つことになるから勝ち組につくべきだ。

 ■加瀬英明(かせ・ひであき) 外交評論家。1936年、東京都生まれ。慶應義塾大学卒業後、エール大学、コロンビア大学に留学。「ブリタニカ百科事典」初代編集長。福田赳夫内閣、中曽根康弘内閣の首相特別顧問を務める。松下政経塾相談役など歴任。著書・共著に『神道が世界を救う』(勉誠出版)、『新・東京裁判論』(産経新聞出版)など多数。』

正に、正論そのものです!!

筆者が補足しますと、旧ソ連の崩壊は既に1980年頃から「経済成長がマイナスへ」と転落した頃から始まっていました。
旧ソ連軍のアフガニスタン侵攻の頃からです。

中国は、経済成長が6%を越えているとは言われていましたが、10年前の2008年当時でも実質3%程度の経済成長で、現在は「経済成長がマイナスへ」と転落していると、筆者は推測しています。
あまりにも中国の経済成長などの数字は「信用性が乏しい」ので、中国からの公式的な発表など、とても信じられないのです!!

それ故に、日本の「経済成長」や、「新防衛大綱」等の発表に震え上がっているのが、中国の本音なのでしょう。

同日、同メディアが「いずも空母化、F35B導入…防衛大綱に中韓が震撼、猛反発」の題で次のように中国や韓国を批判しています。

『日本政府が、厳しさを増す安全保障環境に対応するため、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」などを閣議決定したことに、中国と韓国が内政干渉まがいの言いがかりをつけてきた。だが、中国の習近平政権こそ軍事的覇権を強めており、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、「核・ミサイル」を手放さない北朝鮮に盲従し、地域を不安定にしている。日本が「国民と国家を守る」と決意したことに脅えているのか。

「中国の正常な国防建設と軍事活動に対し、あれこれ言い、事実ではない批判を行って、中国の脅威を扇動している」
 中国外務省の華春瑩報道官は18日の記者会見でこう述べ、同日に日本政府が閣議決定した防衛大綱に「強烈な不満と反対」の意を表明した。
 さらに、華氏は、海上自衛隊護衛艦「いずも」型の事実上の空母化について、「日本は専守防衛の政策を堅守し、軍事・安保分野で慎重に行動しなければならない」と注文を付けた。

 中国こそ、空母や潜水艦を続々と建造し、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海や南シナ海の支配に乗り出しておきながら、チャンチャラおかしい。

 韓国の「反日」にもあきれる。

聯合ニュースによると、韓国外務省の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は同日、「わが政府は日本の防衛・安全保障政策が平和憲法の基本理念の下、域内の平和や安定に寄与する方向で透明に行われなければならないという立場」といい、懸念をにじませた。

 域内の平和や安定を言うなら、「完全な非核化」に踏み切らない北朝鮮への傾斜を強めている自国はどうなのか。超党派の日韓議員連盟の訪韓に合わせて、不法占拠している島根県・竹島周辺海域で防衛訓練を行ったことも問題だ。

 中韓両国と歩調を合わせるように、日本国内でも左派政党や一部メディアが騒ぎ始めている。実に分かりやすい構図だ。』

「中韓両国と歩調を合わせるように、日本国内でも左派政党や一部メディアが騒ぎ始めている。実に分かりやすい構図」ですね。
同感、正に同感!!


共産主義と独裁政治を捨てられない「西朝鮮」の中国は旧ソ連と同じ運命を辿るのは歴史の必然だ!!

中韓両国と歩調を合わせる輩は政党だろうとマスコミだろうと全て、共産主義と独裁政治を捨てられない「西朝鮮」の中国や、北朝鮮以下の「下朝鮮」「ヘル朝鮮」の韓国の回し者だ!!



12月19日の夕刊フジ電子版の見出し
出典:同編集部ツイッター

年末に相応しい(!?)スカッとする記事が多いですねえ〜(棒読み)。


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



共産主義と独裁政治を捨てられない「西朝鮮」の中国は旧ソ連と同じ運命を辿るのは歴史の必然だ!!

中韓両国と歩調を合わせる輩は政党だろうとマスコミだろうと全て、共産主義と独裁政治を捨てられない「西朝鮮」の中国や、北朝鮮以下の「下朝鮮」「ヘル朝鮮」の韓国の回し者だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/420159
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
11/21 00:00 沢尻エリカMDMA逮捕でNHK騒乱、鳩山元首相も付和雷同妄言で批判!!酒井法子を見倣え!!
11/20 00:00 MDMA所持で逮捕された女優の沢尻エリカが長年の使用を謝罪、あなたの周囲や隣国にも中毒者!!
11/19 00:00 韓国の極悪外交で自爆のGSOMIA破棄!!日本も米国等との関係で教訓とせよ!!
11/18 00:00 韓国の文在寅大統領のGSOMIA破棄は日韓スワップ協定破棄以上の破壊力で韓国が沈没!!
11/18 00:00 女優の沢尻エリカが合成麻薬MDMA所持で逮捕!!この逮捕劇の背景には芸能界などの深い闇がある!!
11/17 00:00 桜を見る会で騒ぐ反日野党の極悪度はあり得ないウクライナ疑獄追求の米民主党や反日特亜3国と同じ!!
11/16 00:00 良心とは「備えあれば憂い無し」「人の振り見て我が振り直せ」、ルール無視韓国の日韓歓談公開等は極悪心!!
11/15 00:00 池袋母子死亡事故から特亜3国中国や韓国GSOMIA破棄対処までルールを守らない輩には制裁を!!
11/14 00:00 米国トランプ大統領が対韓強硬策!!日本は新アジア秩序形成の為にも自主防衛強化確立を!!
11/13 00:00 極左リベラルの本性は世界の破壊!!中国や南北朝鮮などの極左独裁や同様の勢力にも非韓三原則を!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved