このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3944)
国際情勢 (145)
政治 (1342)
防衛 (1835)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 493386
今日のアクセス: 155
昨日のアクセス: 349
RSS
カレンダー
<<2019年04月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
米軍の象徴とも言えるF35Aの墜落事故対策はタイガー・ウッズ選手の復活劇とは違い過ぎる!!
[防衛]
2019年4月17日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


冒頭で唐突な質問で恐縮ですが、現在の米国の「売り」と言えば、何でしょうか??

「世界の経済を文字通り牛耳った」以前の米国では、兵器から自動車、家電、そしてあめ玉まで「メイド ・イン・USA」でしたが、ベトナム戦争の頃から日本や欧州等の追い上げもあり、次第に製造業を中心に凋落が続き、現在のトランプ大統領が法人税の減税措置を講じていますが、ここ30年程は米国の設備投資は減税にもかかわらずお世辞でも増加傾向にはありません。

マスコミは大々的に報道はしていますが、若干の「外国等からの設備投資」が増えているだけであり、米国の「売り」は兵器産業とエンターテイメントのみ、と言える状況です。
その兵器産業とエンターテイメントですら、日本のアニメが世界を席巻しているように、日本、中国、ロシア等の「追い上げ」に次第に苦境に立たされています。

ですから、F35A戦闘機の青森沖での墜落事故は、正に米軍や米国の象徴であった「ステルス戦闘機」「統合戦闘機」の墜落そのものであり、非常に影響が大きな事故なのです!!

4月15日18時00分にFNN.jpプライムオンラインがmsnにて、「ステルス機なのにレーダーに映る!?」 F-35A墜落をめぐる3つの疑問」の題で次のように伝えました。

『最新鋭ステルス機墜落事故の3つの疑問
航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機、F-35Aが青森県沖の太平洋上で墜落してから、4月16日で1週間を迎える。
事故は、9日午後7時半ごろ、航空自衛隊三沢基地所属のF-35A戦闘機1機が三沢基地の東、約135キロの太平洋上を飛行していた際、機影がレーダーから消え、無線連絡も途絶えたものだ。現場周辺の海域で、左右の尾翼の一部が見つかったことから、防衛省は10日、この戦闘機が墜落したと断定した。

(中略)

事故機は、9日午後6時59分、夜間の対戦闘機戦闘訓練のため、ほかの3機と共に三沢基地を離陸。訓練空域には10分ほどで到達した。パイロットの細見彰里3等空佐(41)は、総飛行時間が約3200時間のベテランで、F-35Aの飛行時間は約60時間。訓練では「編隊長」として、ほかの3機を指揮する立場だった。

4機は2機ずつに分かれて攻撃と防御の訓練をはじめたところ、午後7時26分、攻撃側だった細見3佐が「ノック・イット・オフ(Knock it off = 訓練中止)」と無線で伝え、1分後の午後7時27分に機影がレーダーから消えた。

戦闘機のパイロットは、緊急時に座席ごと射出される「緊急脱出」を行うが、今回の事故では、そうした形跡がなく、脱出後にパイロットの位置を示す「ビーコン」と呼ばれる発信機からの救難信号も確認されていない。

(中略)

F-35は、高度な情報収集能力を持つ「空飛ぶセンサー」ともいわれ、その情報をリアルタイムで共有できる「データリンク」を備えている。元防衛相の中谷元衆院議員は9日、BSフジの番組で「世界の安全保障に大きな影響を与える事故だ」と指摘した上で、「世界最高の機密が詰まった戦闘機で、ひとつの断片でも各国が狙っている」と危機感をあらわにした。

中谷氏は「ステルス性能や中国、ロシアが開発している極超音速滑空体(ミサイル)を発射直後に叩くための性能を開発中で(西側)各国に影響を与える」ため、「アメリカも血眼になって探している」と強調。また、自衛隊制服組トップの山崎幸二統合幕僚長は、11日の記者会見で「周辺国の艦艇等の動きは、常に監視している」とけん制した。これまでに現場海域では、特異な動きは確認されていないという。

(以下略)』

この様な物々しい警戒態勢の中で、F35Aの捜索は続いています。

一方、4月12日に岩屋防衛大臣の記者会見で、F35Aの根本的な問題について次のような指摘がありました。

『(抜粋)
Q:F−35を巡っては、アメリカ政府検査院の報告書で、966件の技術的問題があると指摘していますが、日本政府としてその問題をリストなどで把握されていますでしょうか。

A:その件については、2016年の米国防総省運用試験・評価局の年次報告におきまして、F−35A、B、Cそれぞれ3つのタイプがありますが、全ての型式全体で、276件の未解決の課題があると指摘されまして、ご指摘があったように、2018年の米国会計検査院の報告書においては、全体で966件の課題があると指摘されたことは承知しております。

当然、我々としては、導入する航空機、導入している航空機ですから、防衛省として、米国政府に確認を行っておりますが、F―35の能力に関わりますので、具体的な内容については、米国との関係もあるため、お答えは差し控えさせていただきます。航空自衛隊のF−35Aについては、すでに所要の点検を実施しておりまして、現時点で、米国政府が公表している課題はないと承知をしておりますので、運行をしていたところでございます。しかし、今般の事故を受けまして、事故調査委員会で調査をしっかりやりたいと思います。』

筆者の見解ですが、どう見てもこの966件の課題が全てクリアされ、かつ対策が日本政府や防衛省に全て情報開示されているとは思えません。
航空機は肝心な部分はブラックボックスそのものであり、製造技術を含めてノウハウの塊なのですから。

4月14日にzakzak by 夕刊フジが「ボーイング機墜落事故…地に落ちた米連邦航空局の信頼」の題で「大前研一 大前研一のニュース時評」の特集項目にて、次のような興味深い指摘がありましたので、ご紹介します。

『米国ボーイング社のデニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は4日、新型機「737MAX8」が昨年10月にインドネシア、今年3月にエチオピアで起こした墜落事故について、「機体の失速を防ぐための自動的に機首を下げる装置が、不正確な情報で起動した」と明らかにし、制御システムに誤作動が起きたことを認めた。

 事故当初から、私は1994年に名古屋空港で発生し、264人が死去した中華航空のエアバスA300の事故に非常に似ていると指摘した。いずれも、パイロットが浮上させようとしたら、自動制御システムが働いて逆に機首を下げてしまった。人間と機械がケンカを始めたわけだ。

 今回の場合、左右の位置センサーが機体の角度に関して誤ったシグナルを送って、機首を下げるプログラムが起動した。それに対し、パイロットは懸命に再浮上しようとしたが、ますます機械は反対に向かった。それが墜落につながった。
 自動化はパイロットを助けるためのものだが、人間とコンピューターの判断が違うと、こういうことも起こってくる。

 原子力開発に関わっていたこともあって、私は航空機の事故とその原因をほとんど覚えている。原子炉の事故も100例以上あるが、それも全部頭に入れていないといけない。それでも東京電力福島第一原子力発電所は津波の前に起きた地震で外部電源が喪失していたために発動すべき非常用電源が水没して炉心溶融が起きた。どんな事故も、多くは人間と機械のケンカだ。

 明らかにコンピューターにプログラムされていることが間違っているとなったときには、人間の判断でオーバーライド(優先)しなくてはいけない。訓練を受けたパイロットならば、自動制御がなくても運航できるはずだ。おかしくなってきたら、余計なことをせずにパイロットの手動操縦に任せることだ。

 逆の場合もある。79年に起きた米ペンシルベニア州のスリーマイル島の原発事故は、給水ポンプの故障などに運転員がパニックになって、非常用炉心冷却装置が自動で止まるのに手動に替えるなどの誤操作が重なって冷却材喪失事故に発展し、炉心溶融(メルトダウン)を起こした。こちらは人間の行動が間違っていた。今後、自動運転車の世の中になったとき、この問題はパニック状態の人間が何をするか、という点において非常に示唆に富む。

 ボーイング社については、2013年にボーイング787のバッテリーが焦げる出火事故があった。米ボストン空港で駐機中の日航機と、香川県上空を飛行中の全日空機で起きた。大事に至らなかったのは、ラッキーだっただけだ。
 あの火災の原因について、ボーイングからは納得のいく説明がいまだにない。そういう点では不誠実な会社だと思う。今回も当初、ボーイング社は「安全性を確信している」と言い張った。安全設計に対する基本的な哲学が抜けていたのだ。

 また、米連邦航空局(FAA)もトランプ大統領も、すぐには運航を停止させなかった。政治的理由で大きな判断ミスをしたFAAに対する信頼も地に堕ちたといえる。

 ■ビジネス・ブレークスルー(スカパー!557チャンネル)の番組「大前研一ライブ」から抜粋。』

一方で、奇しくも4月14日、あのタイガー・ウッズが14年ぶりに優勝しました。
4月15日に同メディアが「タイガー・ウッズ奇跡の復活! 14年ぶりマスターズV! 「また第一線で優勝できるとは…」」の題で次のように伝えました。

『■男子ゴルフ メジャー第1戦マスターズ最終日 (14日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72)

 タイガー・ロア(虎の雄たけび)がオーガスタの森に響き渡った。2打差の2位で出たタイガー・ウッズ(43)=米国=が6バーディー、4ボギーの70で回り、通算13アンダーで2005年以来14年ぶりに5度目のグリーンジャケットに袖を通した。一時は5人が首位に並ぶ大接戦。メジャー勝利は2008年の全米オープン以来11年ぶり15回目で、逆転勝利は初めて。不倫騒動で名声が地に墜ち、2年前には腰痛で歩くこともままならず「引退すべきだ」とまでいわれた男の奇跡の復活劇に世界中が狂喜した。

 大混戦を抜け出し2位に2打差をつけて迎えた最終18番。約20センチのウイニングパットを沈めると、パトロンから大歓声があがった。ウッズは右手を強く握りしめてガッツポーズ。さらにパターを持ったまま両手を高く天に突きだした。

(中略)

「引退を考えたこともあった」という。かつてのように力で他をねじ伏せるゴルフではない。「飛距離も必要だが、それ以上に攻め方の知識が重要」と円熟味を増した。
 ツイッターではニクラウスが「ファンタスティック。大きな称賛を贈りたい」。トランプ米大統領は「本物のグレートチャンピオン」。スポンサーのナイキ社は「クレージーな夢の追求を絶対にやめないで」。マスコミとの対応も柔らかくなったと評判だ。

 再び幕を開けたウッズ伝説。どんな物語をゴルフ史に刻むのだろうか。』

タイガー・ウッズの挫折と苦悩からの大逆転劇は素晴らしい、の一言です!!
このような大逆転劇を、F35Aの墜落事故という不幸な事故から具現化するには、タブーを排除した徹底的な事故原因の究明と、既に決定している日本の国産戦闘機開発の加速と早期実用化が不可欠です!!


米軍の象徴とも言えるF35Aの墜落事故対策はタイガー・ウッズ選手の復活劇とは違い過ぎる!!

タブーを排除した徹底的な事故原因の究明と、既に決定している日本の国産戦闘機開発の加速と早期実用化が不可欠です!!



F35Aステルス戦闘機
出典:防衛省・航空自衛隊HP



タイガー・ウッズのマスターズVを報じる、4月16日付けの夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ報道部


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



米軍の象徴とも言えるF35Aの墜落事故対策はタイガー・ウッズ選手の復活劇とは違い過ぎる!!

タブーを排除した徹底的な事故原因の究明と、既に決定している日本の国産戦闘機開発の加速と早期実用化が不可欠です!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/425718
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/20 00:00 イランより遙かに身の程すら理解出来ない下朝鮮・ヘル朝鮮化した韓国の文在寅大統領に付ける薬なし!!
09/19 00:00 イエメン反政府勢力のサウジ石油施設攻撃で日米両国が対イランと対北朝鮮で踏み込んだ動き!!
09/18 00:00 台風15号被害で太陽光発電の問題点や不要不急の外出の不要等が露骨に出てきた!!
09/17 00:00 ボルトン補佐官の辞職で米国トランプ大統領は益々安倍首相べったり、韓国文在寅大統領はヘル朝鮮化!!
09/17 00:00 台風15号の被害復旧に東日本大震災の反省が不十分!!河野太郎防衛大臣の活躍に期待!!
09/16 00:00 9.11米国同時多発テロ後のアフガニスタン戦争が未だに終結すらしていない実情とは??
09/16 00:00 詐欺国家や嘘つき国家で悪名高い下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国のような嘘や捏造情報には事実発信強化を!!
09/15 00:00 北朝鮮以下の「お猿のサル廻し」レベルにまで堕ちた下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国は経済もボロボロ化!!
09/14 00:00 第4次安倍第2次改造内閣は特亜3国の中でも韓国だけが嫌がることだけでも大成功!!
09/13 00:00 第4次安倍第2次改造内閣が発足、明らかに特亜3国である対中朝韓強硬内閣である!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved