このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4102)
国際情勢 (152)
政治 (1388)
防衛 (1929)
外交 (10)
芸能 (134)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 548071
今日のアクセス: 166
昨日のアクセス: 518
RSS
カレンダー
<<2019年12月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演!!
[政治]
2019年12月10日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


今年のノーベル化学賞受賞が決まった旭化成の名誉フェローである吉野彰氏。
その気さくな人柄が今回の受賞を引き寄せたのでしょうか。

それを裏付けるかのように、ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演は異例とも言える内容だったようです。

12月8日20時49分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「リチウムイオン電池「持続可能社会の中心技術に」 吉野さんノーベル記念講演」の題で「ノーベル賞」の特集項目にて、次のように伝えました。

『【ストックホルム=桑村大】ノーベル化学賞を受賞する吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)が8日午前(日本時間8日夜)、ストックホルム大の講堂で受賞記念講演を行い、受賞理由のリチウムイオン電池が「持続可能な社会を実現するための中心的役割を果たすはずだ」と強調した。

 吉野さんは「リチウムイオン電池の開発経緯とこれから」と題して講演。紺色のスーツ姿で壇上に立つと、「受賞は大変光栄だ」と述べた上で、「電池開発に携わる多くの研究者に喜んでもらった」と語った。

 続いて、9歳のときに小学校の先生の勧めで英科学者マイケル・ファラデーの著作「ロウソクの科学」を読んで化学に興味を持ったエピソードなどを披露。人生で最も良かった4つの決断として、京都大で化学を学んだこと、旭化成に入社したこと、妻の久美子さんと結婚したこと、リチウムイオン電池の研究を始めたことを上げた。

 また、リチウムイオン電池の開発は、いずれもノーベル化学賞を受けた福井謙一氏や白川英樹氏らの研究の流れをくむものだったと説明し、「リチウムイオン電池は多くのノーベル賞受賞者に支えられて誕生した幸せ者だ」と紹介して会場の笑いを誘った。

 さらに、リチウムイオン電池が自動車などに応用される将来像も動画で紹介。電池の研究開発が、電子機器を自由に持ち運ぶ「モバイルIT社会」を実現しただけでなく、人工知能(AI)などの新しい技術とリチウムイオン電池を組み合わせることで、持続可能な社会が近い将来実現できると力説した。

 約30分の講演を終えると、ストックホルム大の講堂を埋めた聴衆から割れんばかりの拍手が送られた。

 10日の授賞式を前に行う記念講演は「ノーベルレクチャー」と呼ばれるノーベルウイークの主要行事。英語で行われる講演に向けて準備を進めていた吉野さんは「自分にとってのメインイベントで、環境問題解決への道筋を示すようなメッセージを世界に送りたい」と抱負を語っていた。』

実に楽しい、そして個性的な講演であったようですね。
そして、リチウムイオン電池は日本が最先端を走る分野なのです。

11月11日に首相官邸HPが「総合科学技術・イノベーション会議」で次のように公開しました。

『令和元年11月11日、安倍総理は、総理大臣官邸で第46回総合科学技術・イノベーション会議を開催しました。
 会議では、基礎研究と若手研究者支援について議論が行われました。
 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「本日は、ノーベル化学賞の受賞が決定した吉野名誉フェローに御参加いただきまして、改めて心からお喜びを申し上げたいと思います。

 先生の研究は、世界中の人々の暮らしを一変させ、大変な豊かさをもたらしたものであり、同じ日本人として大変な誇りであります。本日は、先生から我が国の研究力強化に向けて、具体的なお話を伺いました。

 吉野先生は、正に、民間企業において、すばらしい研究成果を挙げられたわけですが、大学・国研に加え、産業界も含めたオールジャパンでの研究人材の分厚さが日本の強みです。この強みを更に伸ばしていくためには、若手からトップ研究者に至るまで意欲ある研究者に魅力ある研究環境を提供していくことが極めて重要です。取り分け、我が国がこれからも未来にわたって世界トップレベルの研究力を持ち続けるためには、若手研究者への支援強化が何よりも重要です。若者が将来に夢や希望を持って、研究者の道へと飛び込んでいけるよう、大学・国研における若手研究者の研究環境を抜本的に改善する必要があります。

 これまでの競争的資金の在り方を見直し、安定した環境の下、それぞれの若手研究者が自由な発想で挑戦的な研究に打ち込めるよう、ポストの確保、キャリアパスの確立、重点的な資金配分など、全般にわたる改革を進めてください。

 第一線の研究者が広い世界の中で、最も良好な研究環境を求めていく時代にあって、国内外からトップ研究者を我が国に集めるためには、これまでのような大学・国研における待遇等の横並び意識は完全に脱却する必要があります。実績を積んだ研究者の皆さんには、積極的に外部資金を獲得するよう促すことと併せ、これを活用することで給与水準を自主的に引上げ、世界水準の待遇を提供できるよう、環境整備を進めてください。

 産業界における研究水準の向上に向けて、大学・国研と民間企業の共同研究、オープンイノベーションの一層の活性化、大学発ベンチャー企業支援など、我が国の産業競争力強化の観点から、総合的な取組を進めてください。

 以上の点について、竹本大臣を中心に萩生田大臣、梶山大臣など、関係大臣が一丸となって現在検討中の研究力強化、若手研究者支援総合パッケージに具体的かつ大胆な政策を盛り込んでください。」』

正に、この会議にて、吉野彰氏が提出した資料には、「リチウムイオン電池の原点と基礎研究の重要性」の項目の中に次のような指摘があります。

1981: 福井謙一氏「フロンティア電子論」 学
19年間     ↓
2000: 白川英樹氏「 導電性ポリアセチレン」学
19年間     ↓
2019: 吉野彰氏「リチウムイオン電池」   産』

つまり、学問の世界で立ち上がった理論を実用化してノーベル賞を受賞するまで、38年間かかった、という事です。

これだけ基礎研究が大切な事にも関わらず、この会議でも指摘されているように博士が企業等で使いにくいとか、就職先が予備校くらいとか、世の中はおかしい事だらけです!!


ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演!!

これは日本や世界全体に改革を迫る象徴というべきものなのです!!



11月11日、首相官邸で第46回総合科学技術・イノベーション会議を開催し、発言する安倍首相(右端)
左から2番目はノーベル化学賞の受賞が決定した吉野彰・旭化成名誉フェロー

出典:首相官邸HP


追伸:

世界情勢から内外のあらゆる業種・業界で激変が起きています。
そのような中で、チャンスを物に出来るか否かは、あなたの現在と未来の行く末すら左右します。

本ブログはあなたの生活ですら効果を挙げる”武器”になる記事を掲載し続けます!!


本記事に関する内容などへのご意見、ご希望等をコメント欄などに書き込んで頂ければ幸いです。


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



ノーベル化学賞を受賞する吉野彰氏がストックホルム大学でリチウムイオン電池の受賞記念講演!!

これは日本や世界全体に改革を迫る象徴というべきものなのです!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/437762
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/19 00:00 日米安全保障条約改定署名から60年、そして変化し発展し続ける日米同盟の新たなる課題とは??
01/19 00:00 東京五輪すら捏造誹謗中傷する韓国と朝日新聞を筆頭とする極左反日偏向メディア等から日本を守ろう!!
01/18 00:00 中国で発生した新型肺炎に韓国の反日教育の嘘デタラメは隠せない!!事実に基づいた政治や防衛策を!!
01/17 00:00 見ざる言わざる聞かざる嘘つき詐欺隠蔽捏造裏切りの塊こそ、中国や南北朝鮮等の極左反日反米国家勢力!!
01/16 00:00 破滅型人間はダメなのと同様に特亜3国と言われる中国や南北朝鮮の破滅型国家もダメ!!
01/15 00:00 島田紳助氏と中森明菜さんの2人を観ていると今の社会は本物志向なのです!!芸能界も刷新を!!
01/14 00:00 イラン国内でウクライナの旅客機をイラン革命防衛隊が撃墜した大失態は何故発生したのか??
01/14 00:00 安倍首相や蔡英文総統を中傷する輩は特亜3国の中国や南北朝鮮の詐欺国家・嘘つき国家と同じだ!!
01/13 20:15 世論調査結果を評価すれば新成人の皆様を含めて国家戦略や先読み洞察力が必須と分かる!!
01/13 00:00 日本の防衛省・自衛隊が新兵器開発や既存兵器の統合化を急ぐ理由が本当に凄い!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved