このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4150)
国際情勢 (153)
政治 (1404)
防衛 (1960)
外交 (10)
芸能 (134)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 560083
今日のアクセス: 204
昨日のアクセス: 312
RSS
カレンダー
<<2020年01月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
スマホの自撮りすら悪用される現代、軍隊や諜報活動ですらも困難に直面!!ゴルゴ13は最早夢物語!!
[防衛]
2020年1月21日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


突然ですが、あなたは自撮りを趣味にしていますか??
インスタグラムやツイッター、フェイスブックや動画サイト等で、自撮りしていますか??

スマホや携帯での自撮りすら用心するに越したことは無いのが、今の社会です!!

例えば、かなりネットで話題になった事件として、昨年の2019年に、あるアイドルの自撮り写真等を元に、グーグルサイト等を駆使して非公開の住所や住んでいるマンションの部屋を特定してストーカー行為をした男が逮捕される事件が発生しました。

犯人はその執着心の高さからか、諜報機関顔負けの画像解析や立体画像地図等を駆使した事まで行っていたとか。
正に、その執念や技術を仕事や他の分野で生かせば良いのにねえ、と思わずにはいられません。

そのような今のIoT社会ですから、被害を被っているのは一般社会や一般市民だけではなりません。

笑うに笑えない事ですが、実は、軍隊や諜報機関等の「政府機関」も困っているのです!!

1月19日08時13分にロイターが「コラム:兵士に「スマホ禁止令」、進化する軍事情報戦の脅威」の題でPeter Apps氏が次のように論評しました。

『[ロンドン 14日 ロイター] - イランとの対立が深まるなか、米陸軍第82空挺師団第1旅団戦闘団は中東に向けて出発した。このとき、司令官は簡潔な命令を1つ下した。スマートフォンや個人用情報デバイスを米国に置いていくように──。

政府当局が、この種の機器に付きまとう軍事的な脆弱性に神経を尖らせている明白な兆候だ。スマホや個人用情報デバイスは、一般市民と同様、兵士にとっても疑いもなく日常的な存在になっている。しかし、米国政府は、潜在的な敵国が、その脆弱性を突いて、追跡や悪用、さらには標的選定に用いるのではないかと心配している。

<スパイ活動も筒抜けに>
こうした懸念は決して目新しいものではないが、イスラム国やタリバーン、アルカイーダといった国家以外の組織が米国の主要な敵と見なされていた時期には、さほど深刻に捉えられていなかった。だが、米国がいま警戒しているのは、イランだけでなく、ロシアや中国など他の国家であり、テロ組織に比べ、自国の存亡を左右するはるかに大きな存在がもたらす脅威だ。

「スマホ持参禁止」は、さらにずっと大きなトレンドも反映している。全般的に、コミュニケーション革命(及びそれによって生成される膨大なデータ)によって、偵察活動は以前よりはるかに容易になっている。人工知能の成長によって、このトレンドはさらに強化される可能性が高い。

また、米国家安全保障局(NSA)の仕事を請け負っていたエドワード・スノーデン氏の事件が象徴するように、膨大な情報の大量漏洩もいまや簡単に起き、スパイ活動やその関連分野において数十年も蓄積されてきた職人技も色あせつつある。米中央情報局(CIA)などの諜報機関では虚偽の身分を複数使い分ける手法を続けることが、ほぼ不可能になってしまったとの報道もある。

「スパイという職業の基盤が崩壊してしまった」と、CIAの元職員デュエイン・ノーマン氏はヤフーの記事のなかで語っている。この記事では、諸外国の政府が、電話や銀行口座の履歴、顔認識、容易に入手できるDNAテストの結果などを通じて、米情報機関職員の正体を、虚実共々、これまでよりはるかに正確に追跡できるようになっている様子を紹介している。
「(諜報コミュニティにおける)議論は、気候変動がテーマの場合と同じようになっている。つまり、それを否定する者は単に現実を見ていない、ということだ」と同氏は言う。

<限られる選択肢>
また軍の司令官にとっても、選択肢は狭まりつつある。ロシアとウクライナとの紛争において、ロシア側勢力は、敵対勢力が携帯電話や無線を使用するや否や、すぐに相手の位置を特定するという驚くべき手腕を披露した。

米国で発行されている軍事専門紙「ミリタリー・タイムズ」によれば、米海兵隊はすでに、中東に戦闘任務で派遣される隊員が個人用デバイスを携行することを禁じているという。海軍は規則の再検討を進めており、陸軍はそうした判断は(第82空挺師団のように)司令官の裁量に委ねられているとしている。

デバイス所持を禁止すれば、兵士らが家族と会話する能力が奪われるだけでなく、通信・組織にも悪影響が生じる。しかし、米国防総省は今月、職員に対して中国企業が運営するアプリケーション「TikTok」(ティックトック)の使用をやめるよう要請した。また、「WhatsApp」(ワッツアップ)など類似のプラットホームもいくつかのブラックリストに追加された。

「不注意な会話」や不必要な無線、その他の発信の削減というのは、最近生じた課題ではない。遠く第1次世界大戦まで遡っても、英軍の指揮官は、前線の塹壕で使用される野戦電話システムがドイツの通信兵に盗聴されていることに気づき、最重要の機密情報については、野戦電話ではなく手渡しや口頭で伝達するよう、できる限りの努力を重ねた。
海軍の艦艇、軍用機、そして特に潜水艦は、特に敵の領域の近くでは、相手に特定されやすい情報をできるだけ隠すよう、長年にわたって最善を尽くしてきた。だが近年は、本来であれば高い意識を期待される者も含めて、過失が増えている。

(中略)

スマホ経由で組織されることの多い抗議行動や暴動が急増している中国やイランといった独裁国家では、電子機器(ひいては国民一般)にアクセスし追跡できるようになることが優先課題とされている。中国政府は、新疆ウイグル自治区を筆頭に、国内全域を人類史上で最も高度な監視国家に変貌させようとしている。

中国国内ではすでに、国家当局がデータ及びデバイスにかなりの程度、場合によってはほぼ完全にアクセスできるようになっている。人工知能と機械学習がより高速・明敏になっていけば、そのアクセス範囲は劇的に拡大するだろう。

西側諸国にとって問題なのは、彼らの潜在敵国が、こうしたテクノロジーをどの程度効果的に国外の情報収集に転用できるか、という点だろう。「ベルリンの壁」崩壊以降、米国とその同盟諸国は、どんなデバイスや通信手段であれ、望むままに利用できる状況に慣れ親しんできた。だが、その時代は急速に終焉に向かっている。』

つまり、スマホ等はインターネットや人工知能等の発達と共に、全て位置情報や個人情報を不特定多数に拡散するツールの一部になった、という事になります。
筆者も含めて、現代社会を生きる全ての人がその脅威と問題に直面しているのです!!

ロシアや中国等がスマホや携帯電話等を利用した軍事活動やスパイ活動、情報窃盗活動等は広く知られていますが、一方で、彼らも相当な「情報流出」という失態もしていることも事実です。

やはり、どんな手段を構築しても、所詮は人間対人間の知恵比べですので、どこかには穴や欠陥、ミス等が潜んでいます。
そして技術進歩は日進年歩です。
情報セキョリティー強化をしても、いつかは必ず破られる事を前提に考えなければなりません。

一方で、一般生活で良い面もあります。
かの有名な「ゴルゴ13」「007シリーズ」のように、身分や名前を偽装して潜入する事は、政府等の直接の支援が無い限り、極めて困難になりつつあるのです。
更に、潜入に成功したとしても、長期間の生活等もかなり困難です。
アジアやアフリカの奥地でもスマホや携帯電話、インターネットが接続する時代なのですから。

当然の如く、現在は身分証明等の手続等、資金洗浄対策等が強化されており、銀行口座開設ですらも厳しい管理がなされています。
与信調査等も厳しくなっているのは今や、日本を含めた主要国では公然どころか当然の事です。
IoTの発達は、ある意味では、犯罪の抑止、不法活動等の抑止にも繋がっているのです。
日本が「マイナンバーカード」制度を普及させている面には、このような安全管理対策の側面もあるのです。


スマホの自撮りすら悪用される現代、軍隊や諜報活動ですらも困難に直面!!
ゴルゴ13は最早夢物語!!



2018年4月6日、当時の河野外相(中央)を訪問した、「ゴルゴ13」の作者、さいとうたかを氏(左)と、ゴルゴ13の声をあてた館ひろし氏(右)
出典:外務省HP



追伸:

世界情勢の激変で、内外であらゆる業種・業界で激変が起き続けています。
今までの常識や業界・業種の因習や考え方ではとても通用出来ない時代になりました。
そのような中で、変化のチャンスを物に出来るか否かは、あなたの現在と未来の行く末すら左右します。

本ブログの記事等に関する内容などへのご意見、ご希望等をコメント欄などに書き込んで頂ければ幸いです。

有用で有効な情報等を随時お届けします!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



スマホの自撮りすら悪用される現代、軍隊や諜報活動ですらも困難に直面!!
ゴルゴ13は最早夢物語!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/439358
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
02/25 00:00 新型肺炎対応で「ダイヤモンド・プリンセス号」の地位と中国に対する入国制限の問題は奥深い!!
02/25 00:00 新型コロナウイルスによる新型肺炎を感染拡大させた元凶は問題点を指摘せず騒いだ極左反日反米勢力だ!!
02/24 00:00 【実情報告】新型コロナウイルスによる新型肺炎は感染阻止や治療可能!!文春砲や朝日砲は最早害悪だ!!
02/24 00:00 日本の防衛は将来戦闘機やいずも型のF−35B搭載等で高度な体制に、中韓の新型戦闘機等は評価外!!
02/23 02:23 【実態暴露】日本の新型コロナウイルスによる新型肺炎対策は高度で精細!!対応有事体制を築け!!
02/23 00:00 過去の経験や失敗に学ぶ日本の姿勢は新型肺炎でも発揮!!学ばない中国や南北朝鮮とは雲泥の差!!
02/22 00:00 神戸大学の岩田健太郎教授の身勝手な動画配信は中韓両国の新型肺炎の悪政の感染拡大と同一!!
02/21 00:00 立憲民主党など極左反日反米政党は東出昌大と唐田えりかの不倫騒動レベル!!国家国民を無視!!
02/20 00:00 国会を混乱させる極左反日野党共は新型コロナウイルスと同じ!!選挙で糾弾の消毒・解党・落選だ!!
02/19 00:00 新型コロナウイルスによる新型肺炎流行は中国や南北朝鮮の悪しき思想や政治社会の象徴だ!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved