このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4151)
国際情勢 (153)
政治 (1404)
防衛 (1961)
外交 (10)
芸能 (134)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 560322
今日のアクセス: 155
昨日のアクセス: 288
RSS
カレンダー
<<2020年02月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
習近平国家主席を筆頭とする中国指導部が招いた新型肺炎の感染拡散は中国に大きな激動をもたらす!!
[防衛]
2020年2月14日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


まさか、まさか、あの捕手出身の名監督として幅広く知られた野村克也氏が亡くなられ、そしてその生前の顔写真が、中国の最高指導者である習近平国家主席と並んで夕刊フジの記事の目玉に記載されるとは、野村克也氏の功績がいかに素晴らしかった事であるかを、改めて感じさせます。

その一方で、習近平国家主席を筆頭とする中国指導部が招いた、新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡散は、改めていわゆる「チャイナリスク」と言われる中国の危険性、脅威性をまざまざと見せつけました。

2月12日にzakzak by 夕刊フジが「新型肺炎“無策”で…習政権に人民解放軍が暴発寸前か 反習派の牙城「北部戦区」動く!? 識者「習氏の『個人崇拝』は崩れつつある」」の題で「中国発「新型肺炎」」の特集項目にて、次のように中国の悪政と社会の動揺を伝えました。

『新型コロナウイルスの感染拡大が、中国共産党の一党独裁支配を揺るがす可能性が出てきた。12日朝時点で、中国本土での感染者は4万4000人を超え、死者は計1110人となった。世界保健機関(WHO)は、新型肺炎を「COVID(コビッド)−19」と名付けた。事実上、中国国内は「パンデミック(感染爆発)」状態といえ、最前線に立つ、人民解放軍の医療部隊も疲弊しつつある。「政権は銃口から生まれる」(毛沢東)という国柄だけに、「死のウイルス」が解放軍内にまで広がれば、初動対応に失敗した習近平政権への怒りが爆発しかねない。もともと、習政権に不満を抱えていた最精強の「北部戦区」などの動きが注目されている。

 「依然として非常に厳しい」「大規模な措置が必要だ」
 習国家主席は10日、北京市内の医療施設などを視察し、新型コロナウイルスをめぐる状況について、こう語った。中国国営中央テレビ(CCTV)が伝えた。

 今回の感染拡大以降、習氏は公の場にほぼ姿を現しておらず、「最高権力者の身に何かが起きているのでは」との憶測も流れた。日本でも、福島原発事故後、一時行方不明となった大物政治家がいたが、マスクに白衣姿で登場したことで、新型肺炎を心底警戒していることをうかがわせた。
 ネット上では、「どうして、(新型ウイルスが発生した湖北省)武漢市に行かない?」といった批判も見られるという。

 その武漢市では、突貫工事で「火神山医院」と「雷神山医院」が建設され、人民解放軍の医療部隊が運用している。病床が足りず、体育館などに簡易ベッドを大量に設置して、感染者らを集中収容する方針が出されたが、これは解放軍の「野戦病院」の手法だ。
 人民解放軍は、国の軍隊ではなく中国共産党の軍隊である。「党が鉄砲を指揮する」というのが、中国のシビリアン・コントロール(文民統制)であり、軍を指揮する「最高実力者」は党中央軍事委員会主席である。

 一方で、人民解放軍は歴史的成り立ちから、軍中央の支配が届きにくい半ば独立した軍閥の集まりとされる。習氏に忠誠を誓う軍閥と、習氏と距離を置く軍閥がある。背景に、利権と政争が複雑に絡み合う。
 習氏は2012年、党総書記と党中央軍事委員会主席に選出された後、「軍の腐敗撲滅」や「統合作戦能力の向上」などを掲げて、軍改革を進めてきた。「7大軍区」から「5大戦区」に再編し、軍人を30万人削減した。狙いの1つは、軍閥と一体化した反習派の軍区の解体といわれる。

 『チャイナチ(CHINAZI) 崩れゆく独裁国家 中国』(徳間書店)など、中国関連の著書が多い評論家の宮崎正弘氏は「習政権となって、解放軍は弱体化させられ、機能を奪われている。不満がかなり鬱積しているはずだ。『隙さえあれば何かやってやろう』というのが軍の特性といえる。習氏が最も恐れるのは、人数が多く、軍事的にも充実している『北部戦区』だろう」と語った。

 北部戦区は16年2月、人民解放軍で最精強とされた旧瀋陽軍区と、旧北京軍区の内モンゴル自治区、旧済南軍区の山東省を統合して誕生した。ロシアと朝鮮半島に接するため、軍事費が優遇され、最新兵器が集積されてきた。司令部は瀋陽市に置かれている。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)政権と近く、北朝鮮利権の見返りに、武器やエネルギー、食糧などを極秘支援しているとの見方もある。反習派の牙城とされる。
 北朝鮮は1月下旬、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中国人観光客の入国を無期限で禁止した。盟友関係にある北部戦区から連絡でもあったのか。

 新型肺炎の感染拡大で、中国国内では武漢市をはじめ、「70都市以上」「4億人」が封鎖・隔離されているという報道がある。封鎖都市の中には、北部戦区の管轄区域である山東省臨沂市(人口約1140万人)や、黒竜江省ハルビン市(同約960万人)も含まれている。
 習政権の初期対応の遅れが、中国全土から世界各国に「死のウイルス」をバラまく結果となっている。軍人にも被害者が続出する出る事態となれば、解放軍、特に北部戦区はどう動くか。

 中国情勢に詳しい評論家の石平氏は「新型肺炎の感染拡大阻止に解放軍が駆り出されているが、軍人は集団生活をしているため、集団感染してもおかしくはない。『解放軍内で感染拡大』という事態に陥れば、軍人も自分たちを守るために命令に背いたり、独自の道を進む可能性もあるだろう。習氏の『個人崇拝』は崩れつつある。最悪の場合、中国全土で暴動が起き、共産党体制が揺らぎかねない」と推察している。』

記事も触れていましたが、中国軍は、あくまでも国家国民の軍隊ではなく、「中国共産党の軍隊」です。
近代国家の「軍隊」ではない「人民解放軍」であるにも関わらず、以前に発生した天津市の港湾の爆発惨事では出動を拒んだケースもありました。
元々、軍閥が跋扈している国情もあり、統制が取れていない面は以前から指摘されています。

今回の新型肺炎の感染拡大は、正に中国の政治や経済だけではなく、社会の重大な問題である言論の自由や報道・情報拡散等の自由がない統制社会が生んだ悪因悪果の因果応報の結果だと言えましょう。

同日19時25分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「新型肺炎の死者との「最期の別れ」許されず 告別式禁止で直接火葬」の題で「新型肺炎」の特集項目にて、次のように悲惨な中国の現状を伝えました。

『【北京=西見由章】新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な中国で、死亡した患者の葬儀・告別式が禁止された。感染予防が理由だが、遺族は斎場での“最期の別れ”も許されず、その悲しみに追い打ちをかける事態となっている。

 「お母さん、お母さん」。母親の遺体を載せて湖北省武漢の新華病院を出るマイクロバスを、若い女性が慟哭(どうこく)しながら追いかけていた。動画を配信した中国メディアによると、母親は新型肺炎に感染しており、告別式を行うことができないまま火葬される。同メディアは「やむを得ないが遺族にとっては残酷だ」と解説した。
 別の武漢市の女性は父親を亡くした直後に「肺炎による死者は病院の霊安室にも入れず、斎場で直接火葬される。次に会うのは遺骨になってからだ」とSNSに書き込んだ。

 中国国家衛生健康委員会などは今月1日に出した通知で、新型肺炎の患者の遺体は疑い例も含めて現地で火葬に付すことを要求。火葬場に隣接する斎場で通常行われる告別式なども禁止した。新型コロナウイルスは飛沫(ひまつ)感染のほか、身体や物を経由した接触感染が主な感染ルートとされているためだ。

 武漢市の新型肺炎の死者は12日午前0時時点で820人に上り、24時間で72人が死亡した。患者の遺体を受け入れる火葬場や火葬炉が指定されていることもあり、斎場による遺体の運送・火葬は各施設が対応できる限界を超えている。

 中国紙・新京報によると、1月下旬に自宅で死亡した高齢患者の遺族は、斎場の車両不足を理由に遺体の引き取りを断られ、葬儀サービス会社に1万2千元(約19万円)を支払って遺体を運んだ。感染のリスクを理由に高額な料金を請求されたという。

 一方、中国誌・財経(電子版)は、新型肺炎の疑いが強いものの病床不足を理由に入院を断られ、感染者数にも疑い例にも計上されない患者が多くいるとの医師の証言を掲載。こうした患者が死去した場合は公式の感染者数や死者数に計上されないままで、「感染の全貌を示すことができていない」と論じた。』

この引用記事で、やはり中国からの公式情報は新型肺炎一つですらも信用出来ない事が改めて浮き彫りになります!!
許すまじ、嘘捏造隠蔽の中国政府!!
許すまじ、習近平国家主席!!


習近平国家主席を筆頭とする中国指導部が招いた新型肺炎の感染拡散は中国に大きな激動をもたらす!!

この厳しい現実を直視せよ!!



2月12日発行(2月13日付け)の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ報道部 ツイッター

中国の習近平国家首席(右上)と並んだ、故野村克也氏(左上)の顔写真が、中国と日本との立場と国力を示す良い対比になっていますね。


追伸:

世界情勢の激変で、内外であらゆる業種・業界で激変が起き続けています。
今までの常識や業界・業種の因習や考え方ではとても通用出来ない時代になりました。
そのような中で、変化のチャンスを物に出来るか否かは、あなたの現在と未来の行く末すら左右します。

本ブログの記事等に関する内容などへのご意見、ご希望等をコメント欄などに書き込んで頂ければ幸いです。

皆様に有用で有効な情報等を随時お届けします!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



習近平国家主席を筆頭とする中国指導部が招いた新型肺炎の感染拡散は中国に大きな激動をもたらす!!

この厳しい現実を直視せよ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/440466
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
02/26 00:00 特亜3国の中国や南北朝鮮の最も悪しき部分が新型肺炎の感染拡大で露呈!!この戦いに勝利せよ!!
02/25 00:00 新型肺炎対応で「ダイヤモンド・プリンセス号」の地位と中国に対する入国制限の問題は奥深い!!
02/25 00:00 新型コロナウイルスによる新型肺炎を感染拡大させた元凶は問題点を指摘せず騒いだ極左反日反米勢力だ!!
02/24 00:00 【実情報告】新型コロナウイルスによる新型肺炎は感染阻止や治療可能!!文春砲や朝日砲は最早害悪だ!!
02/24 00:00 日本の防衛は将来戦闘機やいずも型のF−35B搭載等で高度な体制に、中韓の新型戦闘機等は評価外!!
02/23 02:23 【実態暴露】日本の新型コロナウイルスによる新型肺炎対策は高度で精細!!対応有事体制を築け!!
02/23 00:00 過去の経験や失敗に学ぶ日本の姿勢は新型肺炎でも発揮!!学ばない中国や南北朝鮮とは雲泥の差!!
02/22 00:00 神戸大学の岩田健太郎教授の身勝手な動画配信は中韓両国の新型肺炎の悪政の感染拡大と同一!!
02/21 00:00 立憲民主党など極左反日反米政党は東出昌大と唐田えりかの不倫騒動レベル!!国家国民を無視!!
02/20 00:00 国会を混乱させる極左反日野党共は新型コロナウイルスと同じ!!選挙で糾弾の消毒・解党・落選だ!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved