このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4430)
国際情勢 (154)
政治 (1484)
防衛 (2151)
外交 (10)
芸能 (140)
スポーツ (39)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (28)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 662415
今日のアクセス: 309
昨日のアクセス: 432
RSS
カレンダー
<<2020年05月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
新型コロナウイルスによる感染拡大を日本では押さえ込みに成功!!しかし第2波第3波に警戒を!!
[防衛]
2020年5月25日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


吉報です。

既に解除が進んでいた、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎感染拡大による緊急事態宣言が、5月25日にも全面的に解除される見通しになりました。

5月23日18時53分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「【新型コロナ】西村担当相「先進国の主要都市でこれだけ減った所はない」」の題で「新型コロナ」の特集項目にて、次のように伝えました。

『西村康稔経済再生担当相は23日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の発令を継続している5都道県の感染状況について「東京は今日は(新規感染者数が)2人で、先進国の主要都市でこれだけ減ってきている所はないのではないか。他の地域もかなり低い。病床も確保され、余裕が出てきている」と述べた。

 その上で「このウイルスはどこに潜んでいるか分からない。リスクを常に頭に置いて、感染拡大の防止策をやってもらいたい」と警戒を呼び掛けた。』

西村康稔経済再生担当相の言われる通り、米国NY等世界の主要都市では新型コロナウイルスの感染拡大が依然として続いています。
それに比べれば、日本の状況は正に優等生、高い成果を挙げている事は間違いありません。

新型コロナウイルス対策について、同日、自民党参議院議員の佐藤正久氏は自身のツイッターで次のように述べています。

『【第2波を防ぎながら経済を動かすかが国の大事な責務】
収束してもウィルスが消えたわけではない。有効な治療薬やワクチンがない為、各国が国境を意識し制限をかける中、人や物が自由に動く自由貿易社会に戻るには数年必要な可能性も。資源がなく自由貿易や観光に頼る日本にとっては新たな戦略が必要

【コロナ 西村担当相「先進国の主要都市でこれだけ減った所はない」】
欧米の都市封鎖のように権力による国民の行動制限ではなく、日本は国民の自主的行動変容に期待して自粛に基づき感染拡大防止した「日本モデル」。今度は、業界格差、地域格差是正、経済立て直しが国の責務

日本政府は、国民の愚直なまでの自粛協力、医療関係者等の並々ならぬ献身の結果、今がある事。また自粛の結果、失業や廃業した方等苦しんでいる多くの国民がいる事を深刻に受け止め、思い切った経済・支援対策が必要。withコロナでテレワークできるのも大企業が中心、休業協力金も自治体間で大きな格差

【ワクチン開発だけで国際的な人の往来は戻らない】
開発したワクチンを如何に世界の多くの国に届け、接種の為の啓発活動も課題。また、完璧でなくとも何らかの陰性証明書がないとビザの発給や搭乗も困難。また、入国者の検査隔離、トラッキング体制も課題。日本の場合、特に検査検疫体制が大きな課題』

佐藤正久氏のご指摘の通り、まだまだ、多くの課題がある新型コルナウイルス対策。
それでも、私達は何が何でも、前を向いて進むしかありません!!


新型コロナウイルスによる感染拡大を日本では押さえ込みに成功!!
しかし第2波第3波に警戒を!!



新型コルナウイルスで多数の感染者が出て横浜港に寄港した「ダイヤモンド・プリンセス」号の難しい症例等に関して伝える、3月30日発行の夕刊フジ紙面
出典:こちら夕刊フジ編集局 ツイッター



感染防止のポイント
出典:厚生労働省HP


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



新型コロナウイルスによる感染拡大を日本では押さえ込みに成功!!
しかし第2波第3波に警戒を!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/444945
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/20 00:00 米国大統領選挙でバイデン候補は前副大統領時代から次男と汚職等に手を染める、次もトランプ大統領!!
10/19 00:00 政府の奥の手、一律給付金や持続化給付金などの給金の本当の目的を知らない輩ほど詐欺をするのだ!!
10/19 00:00 故中曽根康弘総理の内閣自民党合同葬儀で改めて浮き彫りになった当時の偉大な政治は現在も必要だ!!
10/18 00:00 給付金詐欺や過激犯罪YouTuberらの行為は即、産業スパイ等の反国家反社会組織行為と同じ!!
10/17 00:00 ミサイル防衛やミサイル阻止能力の拡充は害虫や害獣駆除の論理でやれば良いのです!!簡単明瞭!!
10/16 00:00 本当の知識人は自分を有識者とか天才とは言わない!!文在寅大統領=BTS=極左反日反米の輩達!!
10/15 00:00 日本への脅威は外交・軍事のみならず産業スパイやサイバー戦・SNS情報戦まで何でもあり得る!!
10/14 00:00 【タイムリミット】日米両国の特亜3国筆頭の中国への怒りが臨界点!!中国へ加担する勢力は切り捨て!!
10/13 00:00 なじみのラーメン店が次々と消えていく背景を観察すればコロナ禍の対策が見えてくる!!
10/12 00:00 これからのインフルエンザの季節、新型コロナウイルス感染対策を徹底するにはトランプ大統領を参考に!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved