ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3601)
国際情勢 (134)
政治 (1209)
防衛 (1647)
外交 (7)
芸能 (128)
スポーツ (31)
技術 (47)
社会問題 (184)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 420498
今日のアクセス: 58
昨日のアクセス: 200
RSS
カレンダー
<<2017年03月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2017年3月1日 0時0分
米国のトランプ大統領が国防費を大幅増額する本当の意図は日米の世界戦略の大転換だ
米国のトランプ大統領は大統領選挙中から度々発言してきた、国防力の強化を実現すべく、国防費の大幅増額をする方針を2月27日に発表しました。
実は、米国のトランプ大統領が国防費を大幅増額する本当の意図は日米の世界戦略の大転換なのです。
それは何故か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年3月1日 0時0分
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告
 
今年も3月に入り、杉などの花粉症の季節になってきましたが、皆様は如何お過ごしでしょうか。
3月と言えば季節の変わり目で全てが慌ただしい季節ですが、国内外情勢も慌ただしく、激しく動いています。

人類にとって人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるのは事実ですが、特に現代社会では身心面の病気への対応が重要性を増してきています。
それだけ、人類の健康や安全に対する脅威が増してきているのです。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (1)] [トラックバック (0)]



2017年2月28日 0時0分
政治的立場を理解出来ないハリウッドのスターや芸能関係者がトランプ大統領を批判出来ない!!
今年も既に2ヶ月が経過しているにも関わらず、日本の民進党や共産党、社民党の如く、米国でも世の中が大きく変化していることを全く理解出来ずにいる、民主党やその支持者である政治的立場を理解出来ないハリウッドのスターや芸能関係者が訳の分からない言動をしています。

2月27日14時53分に産経ニュースが「【米アカデミー賞】「ツイートのネタになる」トランプ大統領に批判連発」の題で次のように伝えました。
『ここでのスピーチはトランプ米大統領のツイートのネタになるだろう−。米ハリウッドで26日開かれたアカデミー賞授賞式。全米の注目を集める最大の映画の祭典はトランプ氏批判の場となり、司会者の男性は受賞者らのスピーチにトランプ氏がツイッターで反応すると「予言」し、笑いを誘った。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年2月27日 12時54分
米国トランプ政権が金正男氏殺害事件で北朝鮮に対する強硬姿勢に転じる意義は大きい
先日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された、北朝鮮の金正恩委員長の異母兄弟の兄、金正男氏の殺人事件で北朝鮮が非難や批判を受ける中、米国トランプ大統領がオバマ前大統領の北朝鮮政策から大きな転換をすることになりました。

2月27日06時50分に産経ニュースが「【トランプ政権】金正男氏殺害受け北朝鮮を「テロ支援国家」再指定検討 北の貨物船からロケット弾3万発押収も」の題で次のように伝えました。
『北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件を受け、トランプ米政権が、米独自の金融制裁などの対象とする「テロ支援国家」に北朝鮮を再指定する検討を始めたことが25日、分かった。猛毒の神経剤VXが使われた今回の事件についての情報収集や分析を進めている。米政府関係者や外交筋が明らかにした。トランプ政権は強硬姿勢で北朝鮮への圧力を増す構えだ。(サンケイスポーツ)
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年2月26日 0時0分
米国のトランプ大統領が真実のニュースメディアに対して戦う姿勢を高く評価する!!
米国のトランプ大統領が、大統領選挙中からの因縁の対決とも言えるCNNなどの反トランプ報道をするマスコミ、ニュースメディアに対して更に戦う姿勢を示しました。
2月25日08時11分に産経ニュースが「【トランプ政権】メディア攻撃激化! 「偽ニュースと戦っている」「情報源明かせ」 政権批判メディア締め出し CNNやNYTも」の題で次のように伝えました。
『【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は24日、ワシントン郊外で開かれている保守派による全米最大級の年次イベント「保守政治行動会議」(CPAC)で演説した。トランプ氏は「私は偽ニュース(を流すメディア)と戦っている。彼らは国民の敵だ」との持論を展開。ホワイトハウスは同日、テレビカメラが入らない報道官懇談から政権に批判的な報道機関を締め出し、政権が「報道統制」に向け動き始めたとの批判が噴出している。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/18 00:00 中国と南北朝鮮の特亜三国は日本や世界にとっても敵性国家!!徹底的な糾弾と制裁をせよ!!
12/17 00:00 日本が新しい防衛大綱で自主防衛力強化を打ち出したそもそもの理由は日米安保の欠陥にある!!
12/17 00:00 朝日新聞以上の極左反日反米の偏向マスコミ神奈川新聞の男性局長がパワハラやセクハラで解雇!!
12/16 00:00 英国のEU離脱でEUは弱体化、英国のTPP加盟で日英同盟が復活する!!その裏には軍事同盟あり!!
12/16 00:00 米中貿易戦争はファーウェイ事件にて諜報戦や技術戦で中国が敗北!!中国を南北朝鮮と共に排撃!!
12/15 00:00 小惑星「リュウグウ」に到着したはやぶさ2から投下された小ロボットが「イブ−」「アウル」と命名!!
12/14 00:00 新防衛大綱は日本の自主防衛確立に向けた第一歩、防衛力強化と有事などを想定した議論を急げ!!
12/13 00:00 今後の日本は防衛安全保障を含めたあらゆる分野での航空宇宙進出や研究開発強化は欠かせない!!
12/12 00:00 北朝鮮以下のヘル朝鮮に成り下がった韓国への見せしめに英国をTPPに加盟させよ!!
12/11 00:00 ファーウェイ&ZTEの徹底排除は日産自動車のルノーサムスン受託生産中止と共に厳しい制裁だ!!
最近のコメント
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(ななし)
平昌オリンピックは韓国だけで開催して下さい それが嫌なら返上と朴槿恵大統領辞任!!(水戸黄門の屁)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved