ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3796)
国際情勢 (139)
政治 (1292)
防衛 (1744)
外交 (9)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 455990
今日のアクセス: 161
昨日のアクセス: 212
RSS
カレンダー
<<2018年01月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年1月11日 0時0分
米国が日米共同開発した迎撃ミサイルSM−3block僑舛鯑本に売却への意図とは??
米国政府が1月9日、日米共同開発した迎撃ミサイルSM−3block僑舛鯑本に売却への意思を示しました。
日米共同開発した迎撃ミサイルである以上、当然と言えば当然なのですが、この意図とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月11日 0時0分
日韓関係は日朝関係の北朝鮮と同様に極悪で愚かなる言動と国際感覚無視の行動で破綻した!!
南北朝鮮は、南北共に国際感覚を完全に失った模様です。
北朝鮮は元々そのようなものは持っていませんが、「OECD加盟国」の先進国と評価されている韓国は、最早、北朝鮮同様の国家に堕ちた、と筆者のもならず、日本政府や日本国民の絶対多数が判断しているのです!!

その最後の一押しをしたのが、極左反日反米の文在寅大統領が率いる韓国政府による2015年12月の「日韓合意」の偏向邪視による変更要求でした!!

1月9日14時33分に産経ニュースが「韓国が10億円負担 慰安婦合意の日本拠出分 再交渉は求めず」の題で次のように伝えました。

『【ソウル=名村隆寛】韓国の康京和外相は9日、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意の検証結果を受けた韓国政府の方針を発表した。日本側に合意の再交渉は要求しないとする一方、合意に基づき日本政府が拠出した10億円を凍結し、その扱いを日本側と今後、協議すると表明した。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月10日 0時0分
平昌五輪に北朝鮮が参加することを表明したが注意すべきは北朝鮮が抱えるBC兵器や不衛生さの理由
既にまともな報道を見聞されている読者の皆様はご存じかと存じますが、北朝鮮は国際社会からの度重なる制裁や要求すら無視し、核開発やミサイル開発を行っている極悪暴走国家です!!

そして、こともあろうに、平昌五輪の直前の1月9日に、参加表明するなどという極左反日反米の従北媚中の亡国売国奴、韓国の文在寅大統領が「エラそうにニタニタ笑いして」小躍りして「自分の外交成果だ」と言い切っているでしょう。

しかし、北朝鮮には核やミサイル以外の脅威もあるのです!!
昨年の木造船漂着などの騒ぎで、防護服を着た捜査員達をTVで拝聴された方も多いかと存じます。
これらは、北朝鮮が抱えるBC兵器や不衛生さへの警戒なのです!!
その深い闇とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月10日 0時0分
昨年の日本カヌースプリント日本選手権に出場した鈴木康大選手がライバルの飲み物に禁止薬物混入!!
来月2月に開催される平昌五輪については、筆者を含めて世界の多くの方が冷めた目で厳しく南北朝鮮の「愚かなる準備」や「綺麗事を並べた根拠の無い報道」を見聞しているかと存じます。

しかしながら、2020年東京五輪に向けての公式種目ともなっている、カヌーのオリンピック候補の選手が、ライバルの飲み物に禁止薬物混入事件を起こしたというのは、絶対に見逃せません!!
実に恐ろしい出来事です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:社会問題] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年1月9日 0時0分
自民党の和田政宗参議院議員と日本維新の会の足立康史衆議院議員が国防問題とモリカケを指摘!!
筆者もブログ等で度々指摘していますが、今、日本で喫緊の課題は国防問題とモリカケ、いわゆる森友・加計問題で露呈した「FAKE NEWS」を垂れ流す極左反日の亡国売国奴である朝日新聞を筆頭とする偏向マスコミの糾弾や謝罪廃業です!!
最早、一刻の猶予もありません!!

2018年1月5日にzakzak by 夕刊フジが「自民・和田氏と維新・足立氏が新春爆弾対談 「巡航ミサイル導入の議論を」「9条改正は避けて通れない」(上)」の題で次のように自民党の和田政宗参議院議員と日本維新の会の足立康史衆議院議員との対談を伝えました。

『2018年は、北朝鮮情勢や憲法改正論議が、一気に進展する可能性がある。元NHKアナウンサーである自民党の和田政宗参院議員と、元経産官僚で「国会の爆弾男」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員が、「国を守る」立場から激論を交わした。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
05/21 00:00 トランプ大統領の来日で強化する日米両国同盟関係とは逆に韓国は戦略物資違法輸出で敵国認定だ!!
05/20 00:00 日米両国は日朝・米朝首脳会談の準備に余念が無い中、ヘル朝鮮・韓国で文在寅大統領が独裁者と批判!!
05/20 00:00 天安門事件での虐殺から30周年の中国は米中貿易戦争激化でその怨念の復讐を受け続けるだろう!!
05/19 00:00 教育再生実行会議にて文系と理系の垣根を無くす等の画期的な提言教育は国家国民の為の重要な政策!!
05/18 00:00 北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国で「自由朝鮮」の支持が拡がる、全ての極左反日反米勢力打倒を!!
05/17 00:00 米中貿易戦争に景気減速と国際緊張激化、日米首脳会談前後に安倍首相は解散と衆参同日選挙を決断か!?
05/16 00:00 北朝鮮の動向はイラン情勢に直結!!日本は日米同盟関係の更なる深化と自主防衛力の確立を急げ!!
05/15 00:00 中国や南北朝鮮に共通する経済音痴と腐敗政治は不幸を呼ぶ!!日米両国が率先して厳しい制裁を!!
05/14 00:00 自己中心的で周囲すら見えない中国や南北朝鮮の特亜3国に対して真面な交渉すら出来ない!!
05/13 00:00 日本と台湾が安保対話でも急接近し「トラック1・5」という半官半民形式にしたいとの台湾の希望とは??
最近のコメント
日米首脳会談等で活躍する安倍首相と露朝会談でのプーチン大統領の立場は同等!!更なる活躍を!!(愛信)
壁新聞すら侮辱罪とする下朝鮮・ヘル朝鮮の独裁者文在寅に幸福実現党が韓国大使館前で抗議活動!!(愛信)
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved