ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4342)
国際情勢 (154)
政治 (1453)
防衛 (2099)
外交 (10)
芸能 (137)
スポーツ (38)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 630436
今日のアクセス: 232
昨日のアクセス: 480
RSS
カレンダー
<<2018年03月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年3月11日 0時0分
米朝首脳会談で「南北朝鮮が揃って政治も経済も転落失墜する」作戦を日米両国が狙う!!
遅くとも5月末までには開催されると見られる、初の米朝首脳会談。
既に多くの報道がなされていますが、その多くは「何時」「何処で」「何をする」のか??の情報だけが飛び交っています。

外交交渉ですから、現時点では開催地など交渉中の事柄も多いでしょう。

しかし、「戦略的」なものは微動だにせず変更すらもしていません。

米朝首脳会談で「南北朝鮮が揃って政治も経済も転落失墜する」作戦を日米両国が狙う!!
その狙いとは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月11日 0時0分
東日本大震災からの復興は未だに道半ばです!!安倍首相には更なる復興への政策推進を!!
3月11日は、あの東日本大震災の発生から丸7年になる日です。
筆者も東北に住む者の一人として、あの震災を体験し、その後の混乱や救援活動などをした経験や、その後の復興を見てきました。

残念ながら、東北の中心都市である仙台市ですらも地下鉄の新たなる開通や中心街の活性化は目を見張るものがありますが、仙台市全体としては100%復興した、とまでは言い難い面があります。
それでも筆者の見解では、仙台市で復興は90%以上は進んでいます。

3月10日11時52分に産経ニュースが「【東日本大震災7年】安倍晋三首相が福島訪問 「世界の方々に復興した姿を」」の題で次のように伝えました。

『安倍晋三首相は10日、東日本大震災から11日で7年となるのを前に福島県を訪れ、復興状況を確認した。首相が被災地を訪問するのは昨年12月の岩手県以来、37回目となる。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月10日 0時0分
米朝会談が実現しても朝鮮半島の非核化は困難、日本は自主防衛力強化や中朝への独自対処能力強化を!!
3月9日朝9時に発表された、今年5月中に「米朝首脳会談」を実現するために、世界が大きく動き出しました。
会談そのものは、何もしないよりは実施をした方が良いでしょう。

しかしながら、1回や2回の米朝首脳会談で、朝鮮半島の非核化やミサイル開発の中止、核や長距離ミサイル等の破棄が決まるとか、実施されるなどの甘い期待は禁物です。
ましてや、世界最悪の「人権蹂躙国家」の北朝鮮が、拉致被害者の帰国とか、教化と称する強制収容労働、拷問、軍人や役人による国民への虐待や不正がはびこる国家が、すぐに真面な国家に治ることもあり得ません!!

北朝鮮が国際的な圧力に屈したことに変わりは無いからです!!
米朝会談が実現しても朝鮮半島の非核化は困難です!!
そして日本は自主防衛力強化や中朝への独自対処能力強化をしなければなりません!!
その理由とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月10日 0時0分
米朝首脳会談の実現と関連する各国の動きが表面化、日本は米露との連携を強化せよ!!
3月9日9時に発表された米朝首脳会談を5月までに実現させる旨の発表に、「世界は大きく動いて」います。

しかし、現時点では核やミサイルの放棄や査察実施など、「現実的な北朝鮮の変化や国策変更」すら無いので、浮かれる事は絶対に出来ません!!

[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月9日 9時55分
米国のトランプ大統領が北朝鮮の金正恩党委員長の要請を受諾し初の米朝首脳会談が5月までに実現!!
緊急速報です!!
3月9日午前9時、速報が世界を駆け巡りました。
米国のトランプ大統領が北朝鮮の金正恩党委員長の要請を受諾し初の米朝首脳会談が5月までに実現するかが注目されます。

同日9時24分に産経ニュースが「【北朝鮮情勢】金正恩氏が会談要請 トランプ氏受諾「5月までに」」の題で次のように伝えました。

『【ワシントン=黒瀬悦成、加納宏幸】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と会談した韓国の鄭義溶・大統領府国家安保室長は8日、米ホワイトハウスで記者団を前に声明を読み上げ、金氏がトランプ大統領との会談を要請したと発表した。トランプ氏は要請を受諾し、「5月までに会談する」と応じたとしている。声明はまた、北朝鮮が「非核化」の意向を表明し、今後は核実験と弾道ミサイル発射を「自制する」と約束したとしている。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
08/04 00:00 中国の軍事的圧力が高まる中で、日本は毅然とした対応とスペースX搭乗のような宇宙開発にも注力を!!
08/03 00:00 地上型イージス・アショア計画中止で浮上する代替案は新型イージス艦増勢や反撃能力向上が最適の訳
08/03 00:00 李登輝元総統の逝去で葬儀に誰が参加するかが日本と世界の将来を占う試金石に!!毅然とした対応を!!
08/02 00:00 李登輝元総統逝去で日台間は首脳同士の連携強化、韓国文在寅政権は北朝鮮へストックホルム症候群!!
08/01 00:00 【合掌】台湾の民主化や日本にも大きな功績を遺された李登輝元総統がご逝去されました。
07/31 00:00 中国も韓国も極左反日反米で大暴走!!これら狂いに狂った国家には厳しい制裁と糾弾を!!
07/30 00:00 新型コロナウイルスで騒ぐ暇があれば民主党政権時の治山治水の無策や韓国等の捏造歴史観を批判せよ!!
07/29 00:00 SDGsに則り中国や南北朝鮮には徹底したソーシャルディスタンスと自主防衛力強化で対応せよ!!
07/28 00:00 特亜3国の中国・南北朝鮮の極左反日反米政策は破綻と破滅に追い込む極悪悪政である事を知れ!!
07/27 00:00 【独自】日本がイージス・アショア計画を中止して米国がグアムに配備する方針に世界戦略あり!!
最近のコメント
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved