ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3793)
国際情勢 (138)
政治 (1291)
防衛 (1743)
外交 (9)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 455610
今日のアクセス: 265
昨日のアクセス: 279
RSS
カレンダー
<<2018年03月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年3月19日 0時0分
米国トランプ大統領が署名し成立した台湾旅券法や矢継ぎ早の閣僚等の変更は新国家戦略の一環だ!!
米国のトランプ大統領が、米朝首脳会談の決定前後から、次々と大きな人事異動などを強行し、3月16日には要人の台湾訪問を可能にする台湾旅券法も署名し、成立しました。

これら一連の動きは、新国家戦略の一環なのです!!
それは、どのようなものなのか??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月19日 0時0分
南北朝鮮首脳会談や米朝首脳会談・日朝首脳会談の準備検討が進んでも日米両国は警戒強化!!
国際政治の舞台では、今、南北朝鮮首脳会談や米朝首脳会談・日朝首脳会談の準備検討が進んでいます。
しかしながら、防衛・軍事の世界では北朝鮮に対する圧力強化がむしろ進んでいます。

3月18日08時35分に日テレNEWS24が「共同訓練中 「カール・ビンソン」乗艦リポ」の題で次のように伝えました。

『アメリカは北朝鮮との首脳会談に応じる一方、圧力路線を崩していない。たびたび朝鮮半島近海に展開したアメリカ軍の原子力空母「カール・ビンソン」を取材した。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月18日 0時0分
北朝鮮を米朝会談に追い込んだ真の勝者は日米両国!!中国と韓国は敗者でありロシアは日米側だ!!
北朝鮮の金正恩党委員長が、南朝鮮たる韓国の文在寅大統領が日韓首脳会談を希望しなかったにも関わらず平昌五輪の開会式直前に安倍首相が参加表明したために開催しなければならなかった時と同様に、北朝鮮の米朝首脳会談の呼び掛けに米国のトランプ大統領の二つ返事で首脳会談をしなければならなくなったのだから、「歴史は繰り返す」のことわざを知らないとしか思えません。

3月17日にzakzak by 夕刊フジが「日米同盟に追い込まれた北朝鮮 米朝首脳会談で韓国切りも 藤井厳喜氏が緊急リポート」の題で次のように伝えました。

『ドナルド・トランプ米大統領は、レックス・ティラーソン国務長官を解任し、後任にマイク・ポンペオCIA(中央情報局)長官を充てる人事を決めた。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との米朝首脳会談に向けた態勢強化とみられる。トランプ氏の決断をどう見るか。訪米中の国際政治学者、藤井厳喜氏が緊急リポートした。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月17日 0時0分
米国トランプ大統領が国務長官の更迭だけでなくロシアや南北朝鮮に厳しい姿勢で臨む真意とは??
米国のトランプ大統領は、一昨年2016年の大統領選挙時の「異例の言動や選挙活動」だけではなく、当選後も大統領就任直前まで「公式の記者会見を開催しなかった」など、異色中の異色の政治家です。

その一方で、大統領選挙で当選直後に日本の安倍首相と面会するなど、精力的な「人脈作り」は正に上手の人でもあります。

そして今、側近などをまたまた、「次々と更迭」しています。
それだけではなく、ロシアや南北朝鮮に厳しい外交姿勢で臨んでいます。
その真意とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年3月17日 0時0分
神経剤「ノビチョク」によると見られる英国でのロシア人元情報員暗殺未遂事件は大きな波乱要因だ!!
神経剤、いわゆる神経ガスによる暗殺では、昨年2月のVXガスによる、北朝鮮の金正恩党委員長の異母兄弟の兄である金正男氏がマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された事件が有名です。

そして、英国で3月4日に発生した「正体不明の事件」が、大きな軍事的、政治的な大事件に発展しました。

3月13日09時51分に産経ニュースが「元ロシアスパイ襲撃 毒物は旧ソ連開発の軍用神経剤「ノビチョク」と特定 メイ英首相がロシア関与を「非常に高い可能性」」の題で次のように伝えました。

『【ロンドン=岡部伸】英南部ソールズベリーでロシア連邦軍参謀本部情報総局のセルゲイ・スクリパリ元大佐(66)が重体で発見された事件で、メイ英首相は12日、下院で演説し、襲撃に使用された毒物は旧ソ連が開発した軍用神経剤「ノビチョク」と特定し、「非常に高い可能性」でロシアが関与していたとの見解を明らかにした。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
05/19 00:00 教育再生実行会議にて文系と理系の垣根を無くす等の画期的な提言教育は国家国民の為の重要な政策!!
05/18 00:00 北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国で「自由朝鮮」の支持が拡がる、全ての極左反日反米勢力打倒を!!
05/17 00:00 米中貿易戦争に景気減速と国際緊張激化、日米首脳会談前後に安倍首相は解散と衆参同日選挙を決断か!?
05/16 00:00 北朝鮮の動向はイラン情勢に直結!!日本は日米同盟関係の更なる深化と自主防衛力の確立を急げ!!
05/15 00:00 中国や南北朝鮮に共通する経済音痴と腐敗政治は不幸を呼ぶ!!日米両国が率先して厳しい制裁を!!
05/14 00:00 自己中心的で周囲すら見えない中国や南北朝鮮の特亜3国に対して真面な交渉すら出来ない!!
05/13 00:00 日本と台湾が安保対話でも急接近し「トラック1・5」という半官半民形式にしたいとの台湾の希望とは??
05/13 00:00 今後の激動する世界情勢で下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国と文在寅大統領は確実に没落だ!!
05/12 00:00 無責任な西朝鮮たる中国の習近平国家主席と下朝鮮・ヘル朝鮮たる文在寅大統領は国家を破滅させる!!
05/11 00:00 日米同盟に寄与する豪印やASEAN諸国に対して韓国は無能で中国北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮!!
最近のコメント
日米首脳会談等で活躍する安倍首相と露朝会談でのプーチン大統領の立場は同等!!更なる活躍を!!(愛信)
壁新聞すら侮辱罪とする下朝鮮・ヘル朝鮮の独裁者文在寅に幸福実現党が韓国大使館前で抗議活動!!(愛信)
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved